きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

misunderstanding(アサ菊)

ワイワイと騒ぐ声を後ろに聞きながら菊は縁側で月を眺めていた。
少しお酒を過ごしてしまい火照ってしまったのを醒まそうと縁側に出た。
そうしたところ、思いの外美しく光放つ月を見つけたのだ。

菊の誕生日を祝うという事で始まったパーティは時間が過ぎるうちにただの大騒ぎとなっていた。
そうなる事はわかりきっていたので特に気にも留めず騒ぎたいようにさせておく。
幸い菊の家は庭が広いため、そうとうでなければご近所から苦情はないだろう。

ふぅと息を吐き出して月を見上げる。
まんまるでもなければ痩せてもいない中途半端な月。
その光は淡くこの地上を照らしている。

「あ~アル寝ちゃってるよ~?」

後ろでフェリシアーノのそんな声が聞こえた。
どれ、寝床の準備でもしてきましょうか・・・と立ち上がろうと縁側に手をついた。
手をついた縁側は冷たくて固いはずなのだが菊の手に伝わる感触は温かく柔らかいもの。
え・・・?と横を見やると少々胡乱な目つきでアーサーが膝を抱えていた。

「・・・あの?」
「俺はずっとココに居たのに、お前全然気づかないんだもんな」
「え・・・そうだったんですか・・・すみません」

菊がそう返すと、ムスっと拗ねたように視線を逸らしながらも菊の手をぎゅうと握る。
菊としては布団を敷きに行こうと思っていたところだったため
困惑しながらも、やんわりと手を離そうと試みた。

「あの・・・アルフレッドさんが寝てしまったみたいですので、布団を・・・」
「あんなヤツこたつで十分だ。・・・ここに居ろよ」
「でも・・・風邪をひいてしまいます・・・」
「風邪ひいてるくらいがおとなしくて丁度いい」

プイといまだそっぽを向いて、拗ねているアーサーに菊は困ったな・・・と気づかれないようにため息を吐く。
これは・・・アルフレッドもそうだがアーサーも酔っているな・・・と菊は判断し少し強硬手段に出る。

「アルフレッドさんが風邪をひいたら、私も貴方も大変ですよ?」
「・・・まぁ・・・確かにそうだけど。アイツの方を優先するなんて気に入らない」
「アーサーさん・・・酔ってますね・・・?」
「酔ってねーよ」

お酒に酔っている人ほど酔っていないと言い張るものだ。
アルフレッドの事はあちらでどうにかしてくれていれば菊は此方の酔っ払いに専念できるのだが・・・。
如何せん世の中そう上手くはいかないものだ。
あれほどお酒はダメですよと言い含めたのにも関わらずお酒を飲んで寝てしまったアルフレッド。
どうやら日頃の鬱憤か、はたまたただのじゃれ合いか寝てしまったアルフレッドはいいように遊ばれている。

「寝てれば可愛い顔してるのに・・・起きてるとうるさいし面倒くさいし、お兄さん面倒見切れないんだよね・・・ん~落書きとかしちゃう?」
「おもしろそ~兄ちゃん、落書きしちゃお~」
「やめてやれ、フィー。フランシスも・・・」
「だぁ~ってこのクソ可愛くないので遊べる機会ってそうそうないぜ?」
「お前にしては、なかなか良い事言うアルな!我も書く!」
「フフっ・・・じゃあ、僕はカメラの準備でもしておこうかな。恥ずかしい写真・・・今後何かに使えるかもしれないしね」
「いいねいいね~。じゃあ脱がして腹にも描いちゃおっか?」
「ヴェ~!プニプニのキャンパスだ~おもしろ~い」

ダメだ・・・全員酔ってる・・・。
菊は後ろから聞こえてくる楽しそうな策略に頭を抱えたくなった。
かろうじてルートヴィッヒが正気を保っているようだが周りが全員酔っ払いではどうしようもない。
しばし考えて菊は諦めた。

(フランシスさんとフェリシアーノ君なら芸術的な落書きをしてくださるでしょう・・・)

なんだか的外れな納得の仕方でアルフレッドの救出を断念した菊もまた少々酒にのまれているようだ。
とりあえず、後ろの騒ぎを切り捨てた菊は一つ息をして、いまだそっぽを向くアーサーに視線をめぐらせる。
どうしましょうね・・・と思案顔をしてからアーサーが握る手をギュっと握り返した。
菊の手に握り返され、ビクっと肩を震わせたもののアーサーの顔は動かない。

「アーサーさん・・・?」
「・・・俺は怒ってるんだからな」

そんなアーサーの返答に、拗ねているの間違いでしょう・・・?と思いながら菊は苦笑を洩らす。

「では、どうしたら許してくださいますか?」
「俺のことを・・・好きだって言ったら、許してもいい・・・」
「・・・そんな恥ずかしいこと言えません」

そのアーサーの言葉に、これは完全に酔ってるな・・・と再確認してしまう。
普段のアーサーなら言って欲しいと思っていても自分から催促などするような事はしない。
菊としても、いくら酔いが手伝ってもなかなか口にできる言葉ではなかったので拒否の言葉を返す。

「こ・・・恋人同士なんだから・・・そのくらい、いいだろっ」
「・・・私には言わせようとするくせに、貴方は言わないおつもりでしょう?」
「そっ・・・そんな恥ずかしい事言えるかっ」
「ほら、私だって恥ずかしいですよ」

はたから見ればただのバカップル問答なのだが・・・
酒にうかされた二人がそれに気づくのは難しかった。
菊はとりあえず、アーサーの機嫌を窺うのを諦めて手を握り合ったまま、また月を見上げる。
淡い月の光は、心まで優しくしていくようで心地いい。
フとアーサーを窺うと、菊と同じように月を見上げていた。

「(あぁ・・・今宵は)・・・月がきれいですね」

そう呟くように零した菊の言葉に、アーサーはハッとした表情で菊に振り返る。
その顔は真っ赤に染まっていた。
異常なまでのその反応に菊が少し引いていると
アーサーは菊と繋いだ手と反対側に携えていたグラスを一気にあおった。

「・・・俺もだ」

グラスに半分ほど残っていたウィスキーを一気に流し込み勢いをつけて
アーサーが返したその返答はなんともかみ合わない返事。
思わず、何がでしょうか?と聞き返そうとアーサーに向き直った菊。
その視界いっぱいに見えたのは迫り来るアーサーの整った顔立ちだった。
いきなりの事になんの対処も出来ず重なる唇・・・。

「・・・んっ・・・」

漏れ出るような吐息もろとも貪るような口付けも、意味不明な先ほどの応答も
酒の入った頭では許容範囲をゆうに越してしまって対処することは難しく
菊は必死に縋りつくようにしながら息をするだけで精一杯になってしまう。
ぐるぐると目が回るように脳がショートしてしまっている。

「・・・あのさ~・・・俺たちも居るの忘れてないよね~?」

いつまでも続くかに思われたソレにストップをかけたのはフランシスの呆れた声だった。
フランシスはガバっと身体を離して赤い顔で俯くアーサーにニヨっとイタズラな笑みを見せる。
そしてそのままの表情でいまだ混乱している様子の菊へと視線をめぐらせた。
そんなフランシスの後ろでフェリシアーノがアーサーってばケダモノ・・・
と呟いたがルートヴィッヒに首根っこをつかまれるようにして部屋に連れ戻された。

「もしかして、菊ちゃんも酔ってる?」
「ひゃっ・・・い、いえ・・・えっと・・・お見苦しい所を・・・」
「う~ん・・・何?コイツまた酒で理性なくしちゃった?」
「・・・さっきまでは普通でしたが・・・そうなのでしょうか・・・?」

菊が状況を理解していない様子なのを察したフランシスがどうやらおかしいぞ・・・と二人を交互に見る。
二人がお付き合いをしているのはアーサーから耳がタコになるくらい聞かされて知っているが
どうやら恋人同士の睦みあいとは違うようだった。
また・・・酒の勢いだけで無理やりか・・・?と疑ってアーサーを見ると
アーサーはそんなフランシスを睨んで言う。

「違うっ!」
「じゃあ、なんなのよ・・・。菊ちゃん混乱してるみたいだけど?」
「あ・・・あんな事言われたら、OKだと思うだろっ!」
「菊ちゃん、何言ったのよ?」
「え・・・?アーサーさんも月を見上げていらっしゃったので、きれいですね、と・・・」

その菊の言葉に菊とフランシスは揃って首をかしげた。
それがどうしてこうなった・・・?と疑問符を浮かべているとアーサーが口を開く。

「月がきれいだって言ったから、俺もそうだって言ったんだ」
「え・・・うん、ごめん。お兄さん文脈がわかんないんだけど?」
「あ・・・愛してるって、意味だろ!?」
「「・・・・・・・・・」」

えぇえええ?何時の時代の話ぃぃぃい??
そう叫ばなかった二人はさすが年長者と言うところだろう。
菊は一つ咳払いしてアーサーに向き直る。

「アーサーさん・・・現在では私達のところでその訳は用いませんよ・・・」
「そ・・・そうなのか・・・?」
「はい。それにその訳は、何と言いますか・・・比喩的なものであって、言うなれば二次元的なと言いますか・・・普段使うものではありません」
「じゃ・・・っ、じゃあ・・・迷惑だったか?」
「あ・・・えっと・・・。・・・迷惑ではないですが・・・あの、時と場合をですね・・・」
「じゃあ、嫌じゃなかったんだな?」
「は・・・はい・・・。嫌では・・・なかったですが・・・驚いて・・・」
「じゃあ、もう一回してもいいよな?」
「は・・・?・・・だから、時と場合を・・・」
「俺の事、嫌いじゃないなら・・・いいよな?」

完全に酒によって飛んだ表情はギラギラと強い瞳に捉えられるかのようだった。
フランシスに助けを求めるように視線をめぐらせば
君子危うきに近寄らずとでも言うようにすでに逃げるところだった。
それでも視線で助けてください・・・と見つめるとフランシスは室内から障子に手をかけて言う。

「うん、ごめんね。ココ閉めとくから!」

パタンと障子が閉められアーサーと二人取り残された。
ひえぇえええ・・・と後ずさる菊の腕をガシっと引き止めるようにアーサーが掴む。
それでも逃げようともがくと、一瞬アーサーが悲しそうな表情をした。
あ・・・とさすがにこんなに逃げては申し訳ない・・・と菊が逃げるのを躊躇うと
ニヤと悪い笑みを浮かべたアーサーに腕でなく身体ごと捕まってしまった。

迫り来る極悪な笑みを刻むアーサーの顔・・・。
もうダメだ・・・と菊が覚悟を決めて受け入れ態勢に入る。
唇が触れ合った瞬間に障子ごしにフランシスの声がした。

「菊ちゃん、貞操の危機になったら叫んでね~。お兄さんさすがに助けに行くから」





__________
はい、誕生日おめでと小咄のその後。アサ菊でした。
題名は勘違いという意味です。
はい、そのまんまですね。
アーサーが切羽詰るあまり都合のいいように勘違いしたんですね。
ツン→→デレすっ飛ばして→→ケダモノみたいなアーサーですみません。
お酒の席ですもの、仕方ないですね。
縁側でお前ら何やってんだ・・・っていうツッコミは私がしときました。
ゆるしてやってください。
お酒のせいですよ、全部。・・・ね!

なんだか久々にチューシーンを書いたなぁと・・・
マジでココ最近なかったからねぇ・・・清いなぁ、私。
・・・そんな疑いの目で見ないでくださいよ・・・清くないですよ、わかってますよ。
実際、これもはじめR指定になりそうだったなんて・・・言わなきゃわかんないですよね☆







ヘタリア アニメ絵コンテ集〈3〉ヘタリア アニメ絵コンテ集〈3〉
(2010/01/31)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/298-0d1043c6

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。