きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 20

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





それはとてつもない緊張感がスタジオ全体を包むような気持ちにさせるほど緊迫したシーンだった。
ココから先、台本は真っ白。
セリフだけじゃなく、何も書かれていない台本など
ココに居る出演者の誰も経験した事が無い。
物語を演じる者が最後の物語を創り終わらせろという、脚本家の言葉。
無茶苦茶だと憤って投げ出してもおかしくなかった。
それでも、誰一人欠けることなくカメラの前で演じているのは
あの時の綱吉の表情が、伝説はこうして出来るのかもしれない・・・と思わせたから。


+++ +++ +++

目の前で繰りなされる兄と弟の音の無い兄弟喧嘩に、痺れをきらした雲雀が綱吉に声をかける。

「どうするの・・・?綱吉」
「・・・」

その雲雀の言葉にもピクリとも反応を見せない綱吉は
フゥ太から視線を逸らすことなく、もう一度、弟の名前を呼んだ。

「フゥ太」

やはり、怒りも何も声には含まれず、ただその名を繰り返す。
フゥ太も綱吉から目を逸らすことなく見つめ返し続けていたが
二回目の呼びかけに小さくその拳を握り締めるのがわかった。
きっと、フゥ太も初めてだったのだろう
兄が何の感情も無く自分を呼んだ事で、脳に言葉が通じていなかった・・・そんな反応だった。

「・・・ツナ兄、なんでって聞かないの?」

綱吉に縋るような声でフゥ太はそう綱吉に聞く。
裏切られたのは綱吉なのだが、フゥ太のその声はまったく逆なのではないかと錯覚させる。
激昂するわけでもなく、諭すわけでもなく、ただそこに居る綱吉は
ともすれば、とっくにフゥ太を見限ってしまっているようにも感じられた。
中睦まじかった彼等を知っているボンゴレンジャーたちも、動揺してしまっている。
今となっては好意だったのか定かではないが、綱吉に執着していたフゥ太も動揺しないはずがない。

「それもそうだね。・・・なんで?」

綱吉のその返答は、聞けと言われたから聞いたというような適当なものだった。
その綱吉の言葉にキュと唇を引き結んでフゥ太は綱吉を見る。
フゥ太の顔にはそんな対応を期待していたわけじゃないと書いてあるように見えた。

「だって・・・」

そう呟いたきり、黙ってしまったフゥ太にボンゴレンジャーたちの視線が集まる。
その後の言葉を待つように、誰も口を開くことなく、その場に佇むが
そんな中、綱吉は一歩フゥ太に歩み寄る。

「いつか・・・フゥ太が自分で自分の道を決めて、俺から離れて行くってわかってた」

だからフゥ太が決めたことなら納得する覚悟をすると、その瞳は語っていた。
しかし、その奥にはそれでもそっち側につくなら容赦してやれない・・・と寂しい色もある。
フゥ太はそんな綱吉の瞳を見て、首を振った。

「違う・・・僕はツナ兄と離れたくないよ。・・・だから」
「だから?・・・だからでこんな事になってるの?」

少しだけ語気を強くして、綱吉がそう聞き返すのへ返答したのはフゥ太ではなかった。
フゥ太の両隣に控えていた二人のうちの一人、正一と呼ばれていたメガネの男がスと綱吉に歩み寄る。
その男の動きにあわせて、獄寺が一瞬武器に手をかけたが、綱吉はそれを片手で制した。

「よかったら僕が説明するよ。このままだと君たちの兄弟喧嘩が続くだけだと思うし・・・」

その言葉に、やっと綱吉の視線がフゥ太から離れた。
しかし、何をどう説明するかなど考えていなかった正一は綱吉のまっすぐな視線にしどろもどろと言葉を濁す。
的を射ない正一の説明は、ちっとも核心にたどりつくようなものではなく
フゥ太の言葉をなぞるようなものだった。
そんな正一の説明に痺れを切らしたのはザンザスだった。

「・・・まったく説明になってねぇ。・・・ガキ、テメーがテメーの言葉で説明しろ」

そんなザンザスにピクッと反応を示したフゥ太は一瞬、話し出そうとして口を噤む。
とりあえず傍観していたγは顎を撫でるように手をやる。

(これじゃあ・・・擦り付け合いだな・・・いくら天才子役と言っても、物語を動かせってのは酷すぎる。確かに・・・展開としてはこの子が何か起こさないと進まないが・・・)

まったく・・・鬼畜だな・・・と滅茶苦茶なボンゴレ事務所のタレント総括を恨んでもどうしようもない。
ここはなんとかするしかない・・・とγが一歩踏み出そうとしたところで、綱吉が口を開いた。

「フゥ太・・・俺とまだ一緒に居たいと思ってるなら、今までどうりでよかっただろ?」
「・・・今までどうり・・・」
「そうだよ。今までどおりなら、俺はフゥ太を守れるし、もう少し一緒にいられる」

綱吉のその言葉に、フゥ太はキっと睨むように瞳の力を強くした。

「もう少し・・・じゃ嫌なんだ。それに、僕はツナ兄に守ってもらいたいわけじゃないよ。・・・いつだって、僕だけ蚊帳の外だ・・・ツナ兄、僕、もう全部知ってるんだよ?」

フゥ太のその言葉に、今度は綱吉が瞳を大きく開く。
そして少し考えるように瞳を彷徨わせて、決心したようにフゥ太に視線を戻した。

「・・・フゥ太・・・血が繋がって無くても、フゥ太は俺の大切な弟だよ・・・」
「・・・え・・・?」

フゥ太が目に見えて動揺しているのを目の当たりにして、綱吉はしまったと言うような苦々しい表情をした。
これじゃなかったのか・・・とその顔には書いてあり
その表情でその言葉が冗談などではなく、真実なのだとその場の全員にわかってしまった。

「ボス・・・それは、どういう事ですか・・・」
「ツナ・・・」
「ゴメン・・・。フゥ太、フゥ太が知ってる事って何?」

ボンゴレンジャーたちも今までの綱吉とフゥ太の仲の良さを知っているからか動揺を隠せない。
綱吉に説明を求めるような視線が集まる。
しかし、綱吉はその疑問には答えず、逆にフゥ太に訪ねる。
フゥ太は彷徨わせていた瞳を少し泣きそうな顔で綱吉に戻す。
そのフゥ太の表情にキュと胸をつかまれたような顔をした綱吉だが、グッと踏みとどまって返事を待つ。

「ツナ兄が・・・ただのヒーローじゃないって・・・」

フゥ太の言葉にボンゴレンジャーがハッとしたようにフゥ太を見る。
そう、ボンゴレンジャーにはヒーローではない別の顔がある。
それは正義の戦士とはかけ離れたもの。
それを綱吉の弟であるフゥ太が知ってしまうのは仕方の無い事だったかもしれない。

「・・・そう。・・・でも、それならわかるでしょ?俺をヒーローで居させてくれないかな」

綱吉がフゥ太と一緒に居られるのはもう少しだと言ったのも、ここに理由がある。
ヒーローであればその弟という肩書きに傷は無い。
しかし・・・もう一つの顔である方ではその弟という肩書きは出来れば背負わせたくない。
綱吉と人括りに考えられてしまうのはフゥ太にとっていい事ではないと綱吉が思っているから
だから、ヒーローで居られなくなったら、フゥ太と決別しなくてはと綱吉は思っていた。

とんとんとストーリーが作り上げられていく現場に少し感心したようにγは綱吉とフゥ太を見る。
伝説を担う者と称された男と天才子役には、さすがというべきか・・・
ここまでストーリーの方向性が見えてくれば介入の仕方も様々だ。
γは今度こそ一歩踏み出した。

「だからだ」

そのγの言葉に綱吉がγに視線を移す。
それに伴ってボンゴレンジャーたちもγに視線を移した。

「今、お前たち側についてるその男が敵でなくなった以上、ボンゴレンジャーに敵は居なくなる。それではマズイだろう?お前にとってもな、ボンゴレオレンジ」
「・・・その理屈で納得してもいいけど・・・それで貴方たちに何のメリットがある?何でフゥ太に力をかしてる?」

骸を指差して、そう言ったγの言葉になるほど・・・と納得してみせたボンゴレンジャーたちと違って
綱吉はγをジッと見つめて聞き返す。
そんな綱吉の視線にたじろぐでもなく、γはフっと笑った。

「気づいてるんだろ?ボンゴレオレンジ・・・いや、ボンゴレの次期ボス沢田綱吉。俺たちもお前たちと同じだ。ただヒーローに仇なすものってわけじゃない」
「・・・つまり、俺たちがヒーロー業に専念してればお前たちに都合がいいわけか・・・」
「そういうことだ」

ニヤと笑って見せるγに少々の怒りを覚えるが、それをグッと堪えて綱吉はフゥ太に向き直る。
これでは、フゥ太が利用されていると言う事になる。
どうにかフゥ太を助けたいが・・・どうしたら、フゥ太に解って貰えるだろう。
考えるようにフゥ太の顔を見ていた綱吉の肩を雲雀が叩いた。

「ねぇ、綱吉。弟離れできてないの、君の方じゃないの?」
「・・・そ、うですかね・・・やっぱり・・・」
「あの子とずっと居られないのわかってたなら、今、覚悟決めなよ」
「でも・・・フゥ太は利用されてるんです。ほうっておけないじゃないですか」
「それもあの子の人生だよ。あの子が自分で決めた事の決着は、あの子が自分でつけないと」

雲雀の言う事ももっともで、頷きそうになる。
しかし、綱吉はまだ自分に出来る事があるなら、フゥ太にしてやりたいと思ってた。
そんな二人にザンザスがその場を離れることなく声を出した。

「好都合だな。こっちはヒーローとしてヤツ等潰していいってことだろ?何を迷う必要がある?」

それはまさに正論で、綱吉もココに来るまで好都合だとそう思っていた。
ココに来て、フゥ太と対峙するまでは・・・。
相手がフゥ太だから・・・ではザンザスにどやされそうだが、それでも弟を傷つける決心なんてつけれるわけがない。

「ねぇ、フゥ太・・・どうして?」

初めて綱吉は心の底からフゥ太に理由を問う。
それは先ほどの適当な問いではなく、真剣な問いだった。

「ツナ兄がボンゴレンジャーで居られるようにだよ」
「フゥ太はボンゴレンジャーがこの世にあった方がいいって思ってるんだね」
「・・・何、言ってるの?ボンゴレンジャーが居るからみんな平和で居られるんでしょ?守ってくれるヒーローなんだから」

それはこの世の心理で誰もが認めた正しい見解。
ヒーローが居ればこの世の平和は守られる。
しかし、綱吉はそう思っていなかった。

「ボンゴレンジャーは平和の証なんかじゃないよ。ボンゴレンジャーというヒーローが居なくちゃいけない世界なんて平和なんかじゃないんだ」

本当の平和は・・・ヒーローなんて必要の無い世界。
ヒーローが必要な世界とは、悪がはびこる世界。
綱吉が目指すのは、ボンゴレンジャーが必要ない世界。
それはこの場の誰も思い描かなかった平和の姿だった。

「そうか・・・ボンゴレンジャーが居なくなるとコッチは困るんだがな・・・」
「別にボンゴレンジャーとしての任務がなくなったからと言って、あっちに専念するわけじゃない」
「だったら俺たちのした事は見当違いってわけか・・・」

その綱吉の理想を聞いたγがため息をついた。
それは、はじめからボンゴレンジャーに照準を合わせた時点で間違っていた事に
ようやく気づいたといった様子だった。
そんな事にはとっくに気づいていたらしいユニは、ただ納得したように頷いた。

「それに・・・ボンゴレンジャーが全く無くなる事はありえないよ」
「敵が居なくなったら任務がなくなるんじゃないのか?」
「今までだって任務がない時なんて普通にあったよ。骸が出てきた頃から任務続きだったけど・・・」
「何ですか・・・僕のせいですか?」

その骸の問いにボンゴレンジャーたちは揃って頷いた。
とりあえず、取り繕うように咳払いした綱吉は、フゥ太にもう一度向き直る。

「フゥ太・・・君がココに居たいならそれを止める権利は俺には無い。俺はココに君と一緒には居られない。フゥ太がどうしたいのかは、フゥ太が決めて?」

俺たちは先に帰ってるから・・・と言い残して綱吉はその部屋を立ち去った。
その綱吉を追うようにボンゴレンジャーたちもその場を引いていく。
最後に残ったザンザスは、フゥ太に言った。

「結局最後は自分しか頼れねぇ。負担かけるだけなら戻ってくるな。・・・ただ、お前はアイツの側に居るだけで支える事ができる唯一の存在だ。お前がしたい事が何か、よく考えろ」

そうして去っていったボンゴレンジャーたちを見送るように
その場に残った者は全員、入り口をしばらく眺めていた。
しばらくして、フゥとγがため息をつくと、正一がガシガシと頭を掻き、ユニはフゥ太に一歩近づいた。

「ボンゴレオレンジが言ったように、私達が貴方を利用しようとしたのは真実です。貴方が辞めるならそれを止める権利は私達にもありません」
「・・・そうだね、ユニの言う通りだ。僕達じゃ彼にはまだ敵いそうもない」
「だな、ウチは不覚にもボンゴレオレンジがカッコよく見えた」
「ボンゴレンジャーが必要な世界は平和じゃない・・・とか悟った事言われちゃ~な・・・ヒーローってのは言う事もカッコイイもんだ」

すべてから手を離された感覚に、フゥ太は一瞬怖くなって、拳を握る。
誰かに縋りたいと思う自分じゃ、綱吉の元には帰れない。
ただ一緒に居られるだけを始めに嫌がったのは自分なのだから。

立ち去って行く背中を一人見送って何かを考えるようにフゥ太は瞳を閉じた。




「・・・ボス、弟さん帰って来ますかね・・・」
「それは・・・わからないよ」

第二部隊のアジトで何をするでもなく座るボンゴレンジャーたち。
そこに着替えを済ませた第二部隊の面々が姿を現す。

「帰って来るだろ。初めからあのガキのしたい事は一つきりだったからな」

ザンザスのその言葉は慰めなのか励ましなのか良くわからなかったが、綱吉は小さく頷いた。
今までフゥ太と生きてきた年月は、血なんか全く関係ない絆。
きっとフゥ太ならわかってくれる。

そんな時、部屋の扉がバンと思い切り開いた。
吹き飛ばされるようにたたらを踏んで部屋に入ってきたのはフゥ太だった。

「このガキ、そこで入りにくそうにしてたから連れて来たぜぇ」

連れてきたというか突っ込んだが正しい・・・とは思ったが、そんなスクアーロには何も言わないでおく。
むしろ、まごついてたであろうフゥ太を連れ込んでくれたことに感謝する。
つんのめって入室したフゥ太の側にすぐさま行った綱吉はぎゅうとフゥ太を抱き締めた。

「おかえり。フゥ太」
「・・・うん。ただいま、ツナ兄」

そんな二人を静かに見つめていたセコーンドはゆっくり二人に近づくと
ポンポンと二人の頭を撫でる。

「しばらくはボンゴレンジャーは活動休止にできるな。ゆっくりしろ」

そのセコーンドの言葉にフゥ太はセコーンドを見上げた。
その瞳は少しだけ不安そうな色をしていた。

「心配するな・・・って言うのも変だが・・・ボンゴレンジャーは無くならない。戦わなくてはならない敵が居なくなる事がないからな」

綱吉の目指す平和は、机上の空想に過ぎない。
この世から悪が無くなる事は無い。
それを一番よく知っているのは、他ならぬボンゴレンジャーなのだから・・・。





__________
もぉう・・・終わんないかと思った。
え?長くね?コレ・・・
二回に分けてもよかったんですが・・・めんどうでさ・・・
こんな感じでボンゴレンジャーは最終回です。
放映後話しとかも書きたいかなぁ~とは思ったのですが・・・
オフのページ数に余裕があれば入れときます。
なかったら、脱稿後にコチラで書こうかな。







家庭教師ヒットマンREBORN! 20 (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 20 (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
天野 明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/288-2c841acf

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。