きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 11

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





第二部隊と合流して案内された部屋で第二部隊の隊員と向き合って座る。
綱吉の目の前に座った何処からどう見ても悪者くさい男が第二部隊のボスらしい。

「紹介が遅れたな。彼らがボンゴレンジャーだ」

そう言いながら綱吉達を指し示したセコーンドの言葉に
ボンゴレンジャー第二部隊の面々が揃って目の前の少年達を見る。
皆、眼光鋭く、同じ正義の味方だとは到底思えないような殺気すら感じる。
綱吉はなんだコレ…と歓迎されていないムードに少々首をすくめる。

「そして、こっちが第二部隊だ」

そう言って紹介されたものの、重い空気に誰一人口を開かなかった。
そんな彼等にセコーンドは一つため息をついてみせた。

「お前たち、以前は一度会ってみたいと言ってたじゃないか」
「意味がちげー」
「同じだろ?お前たちのはただの逆恨みだ」

そんなセコーンドとザンザスの会話に綱吉は耳を傾けながら
逆恨みされるような何があるんだろう…?と首をかしげる。
そんな時、綱吉の隣に座っていた獄寺が吐き捨てるように言う。

「何が気にいらねーのか知らねーが、俺たちは敵の情報を貰えりゃそれでいい」
「シシシ…ガキが粋がっちゃって。でもま、変身しなくていいなら王子はそれでもいいけど」
「あらぁ~ベルはいいじゃない!私なんて曖昧すぎてよくわかんないのよ?」
「ヴォイ…あんま変身の話すんなぁ」
「スクアーロもいいじゃない!普段皆無な爽やかさがプラスされるんだから~」

そんな第二部隊の面々の話を聞いていると、ドン!と音がする。
音がした方へ視線をめぐらせると、ザンザスが睨むように第二部隊の面々を見ていた。
さっきの音はどうやらザンザスが机の下で足を打ちつけた音らしい。
第二部隊の誰もが嫌がる変身とはどんなものなのか…
確かに、よくあるヒーロー戦隊の格好は、スタイリッシュというわけでもなく
街に出るとコスプレ状態なので綱吉たちとて好んでしたいものでもないが
ココまで嫌がるほどのものでもないと思うのだが…。

「おい、ジジイ。それよりも、なんでコイツ等が正規メンバーで俺達が第二部隊なんだ?」

あからさまな会話の方向転換ではあったが
掘り下げて聞くのも怖い気がして、綱吉はセコーンドの答えを待った。
そのザンザスの言葉には、先ほどまで変身の話をしていた他のメンバーも口を出す。

「そうだぜぇ…どう見てもコイツ等ガキじゃねーか、明らかに後輩だろぉ?」

セコーンドは静かに言った。

「お前たち、自分達がヒーローに見えると思っているのか?」

その言葉には誰も反論もフォローもできなかった。
誰もがその言葉でボンゴレンジャーのこの体制の理由を察した。
その時、館内にアラームが鳴り響く。

「敵か!極限に出動だな!」
「お兄さん、ちょっと落ち着いてください。…オジサン…」
「あぁ、まだヤツ等の動き出す気配はない。雑魚だろうが出動してもらえるか?ボンゴレンジャー」

すぐにでも飛び出して行きそうな笹川を制して綱吉はセコーンドに指示をあおぐ。
いくら自分たちが正規メンバーとは言え、ココは第二部隊のアジトだ。
勝手に出動するのは憚られた。

「ツナ!行こうぜ」
「ボス、俺にお任せください!」

第二部隊司令官のGOサインも出た事で、俄然やる気を見せるボンゴレンジャーたち。
そんな若い彼等と違って、第二部隊の面々はゆったりと座ったまま彼等の動向を見守る。
出動してくれるんなら、俺等はいいだろ…という思いが垣間見える。
が、司令官は静かに第二部隊の面々に向き直ると言った。

「お前たちもだ。変身準備!」
「…そいつ等だけで十分だろ?」
「雑魚だって言ってたじゃん…俺等は今後に備えるって事でよくね?」

ウダウダと出動を拒む第二部隊の面々にセコーンドは一言静かに言った。

「出動準備」
「…ッチ…テメー等は先に行け」

そのセコーンドの指令にザンザスは舌打ちして、綱吉に先に行くように言った。
綱吉以外の他のメンバーはすでにハッチに向って行ってしまった為
綱吉も少し第二部隊とセコーンドを気にする素振りを見せながらもその後を追う。


『次回!阿鼻叫喚!?第二部隊変身!!』





__________
はい、急ピッチでボンゴレンジャー進めますよ~。
文化の日は祝日なのでお休みなんですが…私は休日出勤でしたぁ(疲)
なんやかんやでダブルパンチで忙しくなってきた感じです。

はい、ついにボンゴレンジャー第二部隊です。
ウフフ…楽しいv
ココからがもう一つの私が楽しみにしてた所です(笑)

色々書きたいものもあるし、リクも書きたいんですが…
とりあえず、年末年始終わるまでは原稿三昧です。







家庭教師ヒットマンREBORN!公式キャラソンSINGLE大全集(2)家庭教師ヒットマンREBORN!公式キャラソンSINGLE大全集(2)
(2009/10/21)
TVサントラクローム髑髏

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/276-17058d2b

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。