きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 10

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





「あの…沢田さん。」

今、ボンゴレンジャー達は新たな指令に従って目的地を目指していた
ボンゴレンジャー達は、と言うと少し語弊がある
それというのも、どういうつもりなのか敵であったはずの骸が同行しているからだ
綱吉たちにしてみれば、ボンゴレネイビーの媒体である骸が同行してくれるのは良い事だ
しかし、ついさっきまで相対していた相手だと思うと
不安を拭い去るのは困難なように思えるのもまた事実

指令とは、ボンゴレンジャー第二部隊との接触なのだが
目的地を目指す機内は、なんとも言えぬ不思議な空気が流れていた
その一つの原因は言わずもがな、骸の存在だが
もう一つ、ボンゴレンジャー達が浮かない空気を出す原因があった

そんな空気を読んでか読まずか、ランボが綱吉に声をかける

「何?ランボ。」
「…第二部隊って…はじめて聞いたんですが、沢田さんは知ってたんですか?」
「俺も詳しくは知らないよ。居るっていうのは聞いた事があったけど、本当に居るとは思わなかった。」

この不思議な空気の理由である、もう一つの理由が第二部隊の存在だった
普通、ヒーロー戦隊に第二部隊とかってあり?と心の中で思うのも無理はない
雲雀などはココ最近聞かされていない新事実が多かったせいか
ムスっとした顔でそんなランボと綱吉の会話に加わる

「最近、君は秘密が多いよね。」
「いや、秘密って言うか事実かどうかわからない事だったので…。」
「コイツの事も、第二部隊の事も、僕たちは何にも聞かされてない。」

そう言いながら、骸を嫌そうに指差した雲雀
そんな雲雀に骸が喜び勇んだ声で言った

「あっ!指差しましたね!人に指を指すのは風紀違反なんじゃなかったですか?」
「僕はいいんだよ。」

その嬉々とした指摘には言われた雲雀じゃなくとも少々イラっとする
雲雀は言わずもがなでイライラを隠すことなく骸を睨みつけ、そう言った

「なんですかそれ、どんな独裁風紀ですか。」
「僕が正義だよ。何か文句あるの?」

あまりにもハッキリとしたその言葉に思わず骸が押し黙る
ただでさえ良くなかった雰囲気がどんどん悪くなっている感覚に
綱吉は頭を抱えたくなった

「ツナ、もう到着するぜ?」
「あ、うん。…皆、着陸にはいるよ。」

機体が着陸するために傾きだした
機体は音も無くボンゴレンジャー第二部隊本部アジトへ吸い込まれていく


ボンゴレンジャー第二部隊アジトにつき、機体から降り立つと
そこには5人の男達が待ち構えていた
5人とも同じような黒い服を身に纏っている
先頭に立つ男はこれまた真っ黒なマントをたなびかせ仁王立ちする
その姿は一見、ヒーローと言うよりは悪者めいていた

その先頭で仁王立ちしていた男は、ボンゴレンジャー達を一瞥して
フンとバカにしたように鼻をならすとそのまま立ち去ろうとする
そこにもう一人、奥から姿を現した

「おじさん。」

その現れた人を一目見て、綱吉がそう呼びかけると
綱吉とその人を少し見比べるようにして、立ち去ろうとしていた男が歩を止める

「来たか、チビッコ。」
「…もうチビじゃありません。」

少しむくれてそう言い返す綱吉に黒装束の男達の中から
チビじゃん…と笑いを含んだ声が聞こえるが、その人はその声には何も言わず綱吉の側までやってきた
だいぶ背の高いその男は表情を変える事無く、くしゃりと綱吉の頭を撫でてよく来たとだけ言った

「何…?また君の血縁者?」
「雲雀さん。…はい、この人はボンゴレンジャー別働隊司令官、セコーンドさんです。」
「あぁ、そういえば司令室でそんな名前言ってたね。」
「はい。なので、たぶんあの人たちがボンゴレンジャー第二部隊だと思います。」
「アレでヒーロー?」

思わずそう言った雲雀
セコーンドは綱吉の頭に手を乗せたまま、雲雀の方を向く

「変身前だからな。お前たちも変身前はただの人だろう?」

その言葉に、あれは揃いの衣装のようだが戦闘スーツではないらしい事がわかる
確かに、綱吉たちとて変身前はただのそこらの学生にしか見えないのも事実だ
変身すればヒーローらしい姿になるのだろうか?と綱吉は目の前の5人をしげしげと見つめた





__________
こんばんわ。
スミマセン、おひさしぶりです。
ボンゴレンジャー後半戦に突入です。
ここから後半戦かと思うと…間に合うんだろうか…?という不安が(汗)

うはー…原稿三昧の波にまたもや飲まれてます。
書くのはスゲー楽しいんですけどね(笑)
片方をやってると他がおろそかになってしまうので、申し訳ないです。


追記にコメ&拍手のお返事あります。
ものっっっっっすごくお待たせしてしまって本当にスミマセンでしたぁ!!(土下座)







テレビ東京系アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラクターソングアルバム THE VARIA SONGテレビ東京系アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラクターソングアルバム THE VARIA SONG
(2008/12/17)
TVサントラルッスーリア(湯澤幸一郎)

商品詳細を見る


◆コメント&拍手お返事◆

□マナしゃん□
ブログのお引越しおめでとうございます(今更ですが…)
たびたび絡んでくれて本当にありがとうです!!
あまり絡みに行けず…ごめんなさい。
またお暇な際には絡んでやってくださいませ。

□いちごサン□
お返事が恐ろしく遅れてしまって、本当に本当にスミマセンでしたぁ~!!
覚えてます!覚えてますともっ!!
むしろ私を覚えてますか?な状況に床に額擦り付けて謝りたい一心です(汗)
不定期かつのろまな更新で本当にスミマセン。
ツッ君への愛はフォーエバーです☆

□Oサン□
うふふ…お返事いらないかなぁ~?とは思ったのですが、一応(笑)
ネコネコの話の指摘はありがとうございました~♪
ザ☆カンチガイ!よくやらかします。
また気になったら教えてくださいね。
というか、オフライン…お互いがんばりまっしょ~い☆

□アジアさん□
拍手、ありがとうございました!!
ドン亀な更新速度で本当にすみません。
お返事も遅れに遅れてしまって…(汗)
ジャンルMIXを受け入れてくださった事に感動☆そして興奮(キモイ)!!
独りよがりじゃなかった!私ギルと一緒じゃなかった!!と安心しました。
イヌイヌ話はまたネタが思いついたら続編書きます(笑)
エリザベートのネタが一応あるのですが…
ちょっとエリザが可哀想なのでどうしようか悩んでます(女の子キャラを可哀想に書くのに抵抗が…)。
フェリツナ!!有りだと思います☆ロマツナもv(←自重!!)
ジャンルMIXを応援されたら、私は自重しませんよ~v


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/274-6bb7fb0d

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。