きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twinkle Star(コロツナ←リボ)

「よっと、これで終わりっと。」

アジト内の誰もが気軽に集まれるように設けた応接室に大きな笹飾りが揺れる
本当は外の星空の下に飾りたかったけど今年も生憎の雨模様
一番初めに七夕飾りをココに飾った時はランボやバジルが
クリスマスみたいだと大喜びしたっけと思い出して綱吉は少し笑った

皆に書いてもらった短冊や七夕飾りが空調の風にゆらゆら揺れている
その短冊にフと目をやる

「今年は痛い事がありませんように」とはランボの字だ
昔、家で飾った時には「世界征服!!」とか書いてたくせに
落ち着いたと言えば聞こえはいいが
ヘタレに育ったなぁと思わずにはいられない
10年バズーカのおかげで、こうなる事はわかっていたが
やはり、あのランボが…と不思議に感じるのも仕方ない

もう一つ、他の短冊に目をやると
「害虫駆除」とリボーンの字で書かれていた
何か違う…と思ったのと同時に
アジトの中にどんな害虫と呼ばれるようなものが出たのかと悪寒が走った

「なんだツナ、こんなトコに居たのか。」

まさかゴキ…?と綱吉が部屋の隅を窺ったところで部屋の扉が開いた
入ってきたのは当のリボーン本人だった

「今、七夕の飾りつけ終わったとこだよ。」
「毎年よくやるな。」

リボーンは呆れた顔で笹飾りと綱吉を見る
綱吉が正式に9代目からボンゴレのトップの座を継いだのとほぼ時を同じくして
アルコバレーノ達の呪いは効力を失い始めた
永遠に続く絆と違い呪いとは綻びやすいもの
アルコバレーノ達は赤ん坊の姿を保つ事が出来なくなっていった
徐々に本来の姿へと戻ろうとするかのように身体が成長していく
とはいえ、普通の人としての成長速度と比べれば明らかに違うソレは異様でもあった

綱吉が正式にボスの座を継いでから早5年
リボーンは20代前半ほどの青年の姿になっていた

「っていうか、リボーンだろ?コレ。」

先ほど目にした短冊を指差して綱吉がそう言う
リボーンはニヤリと口端に笑みを刻んでそれがどうしたとだけ答えた

「短冊には願い事を書くって教えただろ~…ってそれよりも、害虫…って何?…まさか見たの?」
「見たゾ。…たぶん、今夜あたりオメーの部屋に現れんじゃねーか?」
「何ソレっ!!何処に出るかまでわかんのっ?」

ゴキ嫌いなのに、嫌な事聞いちゃったよ…と綱吉はうな垂れる
普通、そんなものが何処に何時出るかなどわかるわけが無い
しかし、リボーンならわかってもおかしくない…と
リボーンと出会ってからこれまでの色々を振り返ると、そう思ってしまうのだ

「何なら俺が一緒に寝てやろうか?」
「ヤだよ、お前が同じ部屋で寝てたら寝返りうっただけで殺されそうになるもん。」
「それでも睡眠とれるだけいいだろ?」
「寝ちゃえばゴキなんて気になんないよ。お前のが面倒だよ。」

自分達の会話の要点がかみ合っていないのはわかっていたリボーンだが
その綱吉の言葉を聞いてニヤと笑ってからクルリと身体を反転させて扉に向う

「んな事言ってねーで、さっさと仕事に戻れ。まぁ、夜中まで終わんなくても俺は一向に構わねーがな。」
「そりゃお前はな…。」

綱吉は立ち去るリボーンを見送ってから一つため息をついて執務室に戻るのだった



結局、執務室に戻った綱吉を待っていたのは山と積まれた書類だった
コレは明らかにリボーンの嫌がらせだ…とは思うものの
自分の仕事であることに変わりは無い
合間合間に部屋の四隅を気にかけていたのは始めのうちだけで
きりの無い書類の処理作業に綱吉はリボーンの短冊の事などすっかり忘れていた

あらかたの処理をなんとか済ませ自室に戻ったのは
日付が変わるまでに1時間もないくらいの時間帯だった
一日の疲れをそのまま出すように深くため息をつきながら自室に入ると
暗闇の中で何かが蠢く気配がした
ヒィと扉を閉めそうになったところで蠢くその気配が声を出した

「遅いぞコラ。」
「え…コロネロ?」

手探りで部屋の電気のスイッチを押してその声の主の姿をやっと捉える
コロネロも呪いの力の軽減によって徐々に成長し、10代後半ほどの見た目に成長している
綱吉がそんなコロネロを直に見たのは役1年ぶり
前回見た時はまだ少年らしい姿だったのだが1年も経つので
その青年と呼べる風貌のコロネロの姿に綱吉は少々驚いたように瞳を瞠る

「お前こそ、遅いよ。もう今日が終わっちゃうだろ。」
「いや…もっと早く来れる予定だったんだけどな…妨害にあってな。」
「なんだよ、それ。」
「なんでもない。」

綱吉が、綱吉のベッドに腰かけているコロネロに近づくと
コロネロは綱吉をそっと抱き締める

「願い事、書いた?」
「ツナが仕事してる間に書いて吊るしてきた。ついでにあのヤローのは破いて捨てといた。」
「…?」

誰のことを言ってるんだろう?と一瞬首をかしげた綱吉だが
すぐにこれまでの流れを思い出し
それがあの『害虫駆除』と書かれたリボーンの短冊の事だと思い至る
害虫って…ゴキじゃなくてコロネロの事…?と
今更ながらに意図がわかった綱吉はアイツはも~…と呆れてみせる

「コロネロ、お誕生日おめでと。」
「…おう。」

とりあえず、日付が変わる前に今日一番言いたかった言葉を
ニッコリと笑顔で綱吉は言う

今年も生憎の雨模様…
そんな日だって二人で居られるなら心は晴れやかになる
願わくば、空の上でも恋人同士が出会えていますように…





__________
ちょいとアウトな時間帯ですが…コロネロ、ハピバ!!
なんとなくふわぁ~と浮かんだネタを折角なので書いてみました。
相手がコロネロだと、リボーンは絶対に邪魔すると思うんだ…
しかし、やはりコロツナは難しいですね~
語尾にコラをつけるのが意外と難しくて
文字書きとしてはコロネロらしさを表現するのが大変です。
いや、書きなれてないのが問題なのか…?
虹ツナはやっぱ大人バージョンかなぁ~と思うのですが
今回は勝手に設定作って書いてみました。







家庭教師ヒットマンREBORN! 17 (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 17 (ジャンプコミックス)
(2007/11/02)
天野 明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/270-e3f0c0bb

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。