きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 1

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





クフ
クフフ
クフ
クフフ
クフフフフフフ

「出たなっ!ショッカームックーロ軍団っ!!」
「極限に出動だ~!!」

ボンゴレンジャーのアジトにあるスクリーンがショッカーの出現を映し出す
それをはじめに見つけた獄寺はすでに戦闘態勢で出口へ飛び出す
それに続くように走り出しながら笹川がアジト中に響くような大声で出動を告げる
アジト内には敵出現のアラームが鳴り響いた

戦闘機の整備室で整備の手伝いをしていた綱吉もそのアラームを聞き戦闘準備に入る
丁度そこに入ってきた雲雀とぶつかりそうになった綱吉
たたらを踏んで後ずさるようになりながらも雲雀に声をかける

「あ、雲雀さん。出動要請です。」
「嫌だよ。僕は今パトロールから戻ったところだよ?」
「あ…ご苦労様です…じゃなくて、ショッカーが出現したので。」
「ヤだよ、あいつ等キモイしね。それに、君が行けば十分でしょ?」
「キモイのは認めますけど…一応俺たちヒーローなんですよ?」

アジト内にはいまだアラームが鳴り響く
気の焦る綱吉とは反対に雲雀は近場のベンチに腰を落ち着けてしまった

「ちょっ…落ち着かないでくださいよ~。」
「僕は行かないよ。」
「全員そろわないヒーローって何ですか…。」
「僕達らしいじゃない。」

そう言われるとそんな気もしてくるあたりがボンゴレンジャーを表している
何でこんなに纏まり無いんだろう…と思いながら綱吉はため息をついた
それでもどうにか雲雀を一緒に出動させる手はないかと考えていると
後ろから声をかけられる

「ツナ、行こうぜ。」
「山本…、雲雀さんが行かないって言うんだよ…。」
「ん~…まぁ、いいんじゃね?来たくなったら後から来るだろ。」

そう言って雲雀を一瞥して少し笑う
そのまま綱吉の手を引いてアジトを後にした


クフフ
クフ
クフッ

「ちっ、数いりゃいいってもんじゃねーぜ!!フレイムアローっ!!」
「極限にウザいなっ!」

山本と走って現地に向うと獄寺と笹川はすでに戦闘を開始していた
獄寺の放った攻撃でショッカーの一部が殲滅され
近くにいた他のショッカーの衣服が焦げる

「クフ…焦げた。」
「クフフ、焦げた。」

少し焦げた自分の衣服を確認した何匹かのショッカーは
やる気を削がれたように何処かへ帰っていく
ショッカームックーロの弱点は潔癖
少しでも自分基準でパーフェクトでなくなると帰ってしまうのだ

「ボス!!ボスのお手を煩わせるまでもありませんっ!!俺に任せてください!!」
「獄寺君、無駄な殺生はしなくてもいいよ。山本、いける?」
「任せとけって。」

そう言って山本は綱吉の頭にポンと手を置くとピューイと指笛を吹く
どこからともなく現れたツバメがショーッカーの足元を低空飛行すると
ショッカーたちの頭上にだけ暗雲が立ち込め雨が降り出した

「クフ、雨だ。」
「クフフ…濡れた。」

雨に濡れたショッカーたちは我先にと全員帰っていく
弱点がわかっている以上、一匹一匹殲滅するよりも
こうした方が戦いを早く終わらせる事ができるのはわかっていた

ショッカーをいくら倒したところで戦いは終わらない
元凶である大元をどうにかしない事には堂々巡りなのだ
ショッカーたちの立ち去った場所にホログラムのような透けた映像が映し出される

『クフフ…このくらいじゃ終わりませんよ、ボンゴレンジャー。』
「テメー!!正々堂々と勝負しやがれっ!!」
「高みの見物とは、極限にけしからんなっ!」

そのホログラムに血の気の多い二人が噛み付く
ホログラムの敵、骸は怪しげな笑いを洩らすだけだ

『ボンゴレオレンジ、綱吉くん。君と会いまみえるのが楽しみですよ。クフフフ…』

そう言ってホログラムは消えた
ボンゴレンジャーは今日も平和を守った

しかし、戦いは始まったばかり…
まずは敵のアジトを突き止めない事にはどうにもならない
宿敵、骸を倒す事はできるのかっ!?



+++ +++ +++

何回目かのテレビ放送
ボンゴレンジャーの後姿をバックに提供を流して終わりを告げる
リボーンは今日も休日の早朝から
こうして事務所のタレント達の番組のチェックに余念がない

「フン、まだ序盤だが、なかなか板についてきたナ。」
「このシナリオって誰が書いてるの?纏まりないヒーロー戦隊っていいのかよ?」

丁度、朝からレッスンが入っていた綱吉がそう呟く
ボンゴレ事務所の最近人気急上昇中アイドルグループ「average fill」
そのリーダー(ボス)である沢田綱吉は最近俳優としても名を上げてきている
ボンゴレンジャーのボンゴレオレンジを演じているのが綱吉だ

この『マフィア戦隊ボンゴレンジャー』はボンゴレ事務所の手掛ける戦隊モノ
ボンゴレ事務所のタレントが総出演と言っていいほどの出演率を誇る
綱吉が気にしていたシナリオは実はリボーンの書いたものだったりする


事のはじまりは何ヶ月か前
事務所の定例会議で決まった伝説の特撮を撮ろうと言う
とある人物の一言からはじまった…らしい

その後、呼ばれたボンゴレ事務所のタレント達には
すでに配役もシナリオも出来た段階での決定事項として伝えられたのだった
綱吉は今でもその時リボーンが言った言葉を覚えている

『オメーら、全員ヒーローになれ。』

初めて事務所にわけがわからず連れて来られた時
リボーンは綱吉に同じような口調でアイドルになれと言ったのを思い出す
あの時の自分では想像もつかないだろう
今の綱吉はこの業界での仕事に誇りを持って取り組んでいるのだから
人生、本当に何があるかわからない

「よし、ツナ。休憩は終わりだゾ。」
「…はいはい。」

お前がボンゴレンジャー見るために中断したんだろ~と
思っても言わないのが得策なのはすでにわかっていたので
呆れた声になりながらも返事をして立ち上がる

ボンゴレンジャーの撮影は基本スタントなしで撮影が行われているので
最近のレッスンは肉体的に厳しいものばかりだが
俳優として歩き出した綱吉にとってアクションからも学ぶ事は多い

そうして今日も綱吉は『伝説』への道を一歩進んでいくのだった





__________
オフで発行しているアイドルシリーズ『Legend of VONGOLA』の番外編です。
ランボを出し忘れたのが悔やまれますが…
ボンゴレンジャーネタはまだまださわりの段階なので
これから、ランボだけじゃなく色んなキャラが出てくる予定です♪
ヤバイ楽しいです☆
もともと、はじめはムックーロショッカーから出来たこの話。
いつも表紙を描いてくださる伊純ちゃんがペイっと描いた落書きから
ものすごい発展したんだよ…ネタが(笑)
ヴァリアーもミルフィオーレも出てくる予定ですよ。
うん、とりあえず楽しいです。私が。

因みに…今のところは
ボンゴレオレンジ→綱吉
ボンゴレレッド→獄寺
ボンゴレブルー→山本
ボンゴレイエロー→笹川
ボンゴレグリーン→ランボ
ボンゴレパープル→雲雀

欠員状態のボンゴレネイビーを探す事と
平和を守る事がボンゴレンジャーの使命です。
そして、ボンゴレンジャー第二部隊も居ます。







家庭教師ヒットマンREBORN!DS マフィア大集合ボンゴレフェスティバル(特典無し)家庭教師ヒットマンREBORN!DS マフィア大集合ボンゴレフェスティバル(特典無し)
(2008/12/04)
Nintendo DS

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/259-202a9106

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。