きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だって男の子だもん

それぞれ修行を終えて女の子達の作った夕食を楽しみにダイニングに集う
今日の夕食はシチューのようだ
地下菜園でとれたニンジンにジャガイモ、タマネギにブロッコリー
ホコホコと湯気を立てるシチューは本当においしそう

皆でそろって「いただきます」と手を合わせ夕食がはじまった

和やかなムードでの夕食は過酷な訓練のご褒美としては素晴らしいもの
未だ不安はそれぞれ抱えていても
皆の顔には笑顔がうかぶ

「俺、おかわり。」

さっそく食べきった山本が席を立ちつつそう言ってシチューの残る鍋に向う
フとその姿を目で追って綱吉はアレ?と首をかしげた

「山本、背のびた?」
「ん?ん~…かな?自分じゃわかんねーけど、成長期だしな。」

ニカっと笑いながらまた席に着く山本をジッと見る綱吉
やっぱ伸びてるよね…?と少し羨ましそうにする
そんな綱吉を見て、獄寺が明るい声で言う

「コイツが伸びてるんなら、10代目もきっと伸びてますよ!」
「それはどうかしらね?」
「なんだよ、姉貴。」

獄寺の為にゴーグル装着で食卓に座るビアンキ
獄寺のその言葉に綱吉の手元を見ながらそう言う
そのビアンキの言葉に続けるようにリボーンが同じく綱吉の手元を見て言う

「好き嫌いするようじゃ身長は伸びねーゾ。」
「…っう…。」
「ツナ、ニンジンも残さず食べなさい。」
「トマトも残すんじゃねーゾ。」
「うぅ…わかったよ。」

二人に言われ、しぶしぶと今までつついていたニンジンをスプーンに乗せる
苦手な食べ物を食べるってのは意外と勇気のいるもので
スプーンに乗せたニンジンをジッと見つめて固まってしまう
それでも、皆に見守られるような感覚は後には引けない空気があった

綱吉は意を決したように、えいっと口の中にニンジンを放り込む
もぐもぐと何回か噛んで味わう前には飲み込むと言う
本当に無理やりな食べ方ではあったものの
見事にニンジンを食べる事に成功した

「10代目、素晴らしいです!」
「ははっ、そんなに不味くないだろ?」

ほぼまる飲みした綱吉にしてみれば、美味いか不味いかなどわかるわけもなく
とりあえずハハハと笑ってごまかす

和やかに夕食を終え、それぞれ部屋に戻っていく
廊下を歩きながら山本が喋るのに相槌を打ちながら
やっぱり見上げる角度が変わったような気がする…
と綱吉はまた羨ましそうに山本を見上げる
そんな綱吉の視線に気づいた山本は、綱吉の肩を抱きつつ言う

「ツナも成長期なんだし、じきに伸びると思うぜ?」
「うん…。」

それでも山本よりはおっきくならない気がする…と尚も羨ましそうな綱吉
ココに来てから、食事も生活習慣も同じなのに山本だけ背が伸びるのはなんで?と内心思う

「なんかさ、特別にしてる事とかあるの?」
「ん~?特に何もしてないぜ?まぁ、人それぞれだからさ。」
「そっかぁ~…。」

残念そうな綱吉の声音に山本は少し考えて
二ッと笑ってから、思わせぶりにアレかも…と言う

「何?何かあるの?」

思わず山本に詰め寄るように聞く綱吉
一緒に歩いていた獄寺も内心興味津々だったりする
綱吉よりは身長があるとは言え、山本の長身を羨ましく思うのは獄寺も一緒だ

「スゲーのがあるんだけど、試してみるか?」
「うんっ!」
「…10代目の行かれる所に右腕の俺が行かないわけにはいかねーぜ。」


リビングで待っててくれと言う山本の言葉に
綱吉と獄寺は大人しくリビングのソファに座り待つ
山本は部屋からなにやら持ってきてリビングに設置されたスクリーンにそれをセットする

「何それ?」
「ほいっ。」

そう言って投げて寄越された箱には『剣帝への道』と書かれていた
綱吉は何だか嫌な予感を覚える
『剣帝』…と言うとあの人物しか思い出せない
綱吉はとっさにリモコンに手を伸ばし、音量を小さくした

『ヴォオオオイ!!』

パッと画面が映し出されたかと思うと、案の定の大声が流れ出す
結構小さくしたと思った音量だったがそれでも尚、耳から頭を揺さぶるような声に
思わず綱吉は耳に手をあてた

「ロン毛ヤローじゃねーか。」
「…何?コレ…。」
「ん~っと、スクアーロからのメッセージ?」

その通りだろうが、この映像と身長に何の関係があると言うのか…
スクアーロの大声で縮みはしても伸びる事はなさそうな気がする

スクリーンに映し出されるのはスクアーロが格闘する様子
危ない…っとか、痛そ~っとか思いながら目を瞑りたくなるのを堪え画面に視線をそそぐ綱吉
しばらくその映像を黙って見ていた三人
はじめに口を開いたのは獄寺だった

「こんなもんで背が高くなってたまるかっ!!」

その通りだけど…と綱吉はスクアーロがその決闘の相手を倒すのを見届けた
山本は内容を知っていたところから察するに、すでに見たと思われる映像だろうに
真剣な眼差しでその決闘を見守る

相手が倒れ、スクアーロも戦闘態勢を解く
ルッスーリアのキャイキャイした声が何勝目かを告げている
あのスクアーロが負けるわけはないと頭でわかってはいても
真剣勝負のその映像は緊迫した空気をつたえてきていた
綱吉は握っていた拳を緩め、安堵の息を吐く

『…是が非でも勝てぇ!!!』
「んなことテメーに言われるまでもねーんだよっ。」

そういつもの大声でスクリーンのこちら側にそう言うスクアーロ
獄寺はそうスクリーンに言ったが
そのスクアーロの言葉は、今のこの状況で綱吉たちの心に届く一言だった

そう、是が非でも勝たなくてはいけない戦いがある
それを綱吉はもう知っていた
それはこの状況だからではなく、スクアーロやザンザスと戦った時に思い知った事だ

しかし、獄寺は別としても山本はどうだろう?
ヴァリアーと戦ったあの雨の守護者の一戦も真剣勝負だったのは確かだが
頭でわかるのと心から理解するのとでは意味が違う

山本を巻き込んだのは綱吉だ
そこに後悔もすれば後ろめたさも感じている
だけど、この未来へ飛ばされた今の状況では山本にも協力して貰わなくてはならない

フッと綱吉はスクアーロの意図に気が付いてすべてに納得した

真剣勝負は力と力の戦いの他に心と心の戦いにも制さなくてはならない
絶対に負けられないモノの底力、それは強い武器になるだろう

そう、今、綱吉たちは是が非でも勝たなくてはならない戦いの真っ只中にいるのだ

人は心と身体を連動させて成長するもの
山本の成長は確かに、この映像のおかげなのかもしれない、と
綱吉はスクリーンに映るスクアーロを見つめた

「俺がツナたちと違う何かをしてるってんなら、コレしか思いつかなくてさ~。」
「こんなもんが身長と関係あるわけねーだろっ!この野球バカ!!」

無駄な時間を10代目に過ごさせるんじゃねーと尚も山本に食って掛かる獄寺
そんな獄寺を笑って宥めながら山本は綱吉を見る
綱吉はまっすぐに山本を見て、頷いた

「うん。関係なくはないかもね。ありがとう、山本。」

綱吉もまたスクアーロの言葉に決意を新たにする
『剣帝への道』も過去へ帰るための道も同じなのだ
道が一つしかなく、勝つことでしかその道を開けないのなら
是が非でも、勝つしかない

他に道があるのなら、どんなことをしても探しただろう
でも、どちらにしろ、向って行かない事には他の道を見つける事すら不可能だ

今までずっと、山本には心の中でゴメンと謝り続けていた綱吉
巻き込んでゴメン
こんな事させてゴメン
だけど、今、心から言える言葉ができた

「頑張ろうね。」

その綱吉の言葉に勢い良く返事を返す獄寺と、笑顔を見せる山本
守りたい仲間が居る
だからこそ、スクアーロの言葉はストンと心に入ってきた


そう、是が非でも勝つんだ…





__________
なんか山本って背伸びてるよね~?と言うお友達との会話から
ギャグ的な話を書くつもりで書いてたのに…
なんだ、このシリアス…
山ツナっぽい?と思いつつもカプ無しとします。
題名にギャグの名残が…なんか内容と合ってないですが、まぁいいか

最近、スパコミ原稿と他のブログで書いてるオリジナルにかまけててスミマセン
オフ原稿もコッチも頑張ろう。
オリジナルはちょっとお休みしよう…うん。
他方に手出すのは私の悪い癖…わかってるんですけどねぇ(苦笑)







家庭教師ヒットマンREBORN!未来編【2】 [DVD]家庭教師ヒットマンREBORN!未来編【2】 [DVD]
(2008/10/31)
ニーコ國分優香里

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/258-ae74678d

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。