きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAL 2

親父の時もボンゴレという組織はいきなり現れたと言う


+++ +++ +++


「家光くんだね?」

そう言って俺の前に現れたのは
当時すでにボスとして就任していた9代目だった
流暢な日本語で話しかけられたが
明らかに外国人なその9代目の風貌に俺は黙って9代目を見ることしかできなかった

「家光くん、私のところで働かないかい?」
「…はあ?」

今思えば、失礼な若者だっただろうに
9代目は優しい表情を崩すことなく俺を見ていた
とは言っても、胡散臭い事に変わりはない
答えを出せないまま、9代目を伺い見ると
優しい笑みを刻む瞳の奥に強い意志があった
本気で言ってるんだって思った瞬間に俺は頷いていた

初めからマフィアだなんだと言う説明があったわけじゃない
俺に与えられた始めの仕事は9代目の身の回りの世話だった
それと同時に戦闘訓練をさせられたのにも
SPとして必要なのか?くらいにしか思っていなかった

少し経ってから知らされた事実には正直驚いたが
もともと、自分の血がマフィアから派生しているとなれば度胸も据わる
それに、その頃には9代目を尊敬し始めていたから尚更だ

「家光くん。君にお願いしたい仕事がある。」

その仕事の依頼があったのは俺が20歳になった頃だった

「日本に戻って、この子の護衛として就いて貰いたい。」
「日本人の女の子…ですか?」
「そうだよ。…似すぎるのも困りものだね。」

そう小さく洩らす9代目の言葉に、差し出された写真を見る
その写真では、何に『似て』困るのかわからなかった



「はじめまして。お嬢様。」
「…あら?おじじ様じゃないのね。」

日本で奈々と初めて会った時には、9代目に似ていると思った
奈々の出生については日本に渡る前に聞かされていたし
困るのは9代目に似てるからかと納得した

「おじじ様に会えると思って楽しみにしてたのに…残念ね。」
「お嬢様、9代目はしばらく日本に来られません。」
「…知っているわ。」

俺が日本に護衛として向わされたのには理由があった
9代目の奥さんが若くして亡くなったのが全ての始まりだった
9代目には子供が居なかったし、奥さん以外の人と再婚する気が無かったんだ

跡継ぎとして名前のあがる者は何人か居たが
ボンゴレのボスってのはそう簡単になれるもんじゃない
ボンゴレの大空たる資質
それは誰もが持って産まれる事ができるものじゃない

ボンゴレは9代目の前のボスは女性だったし
男じゃなければボスになれないわけじゃない

つまり、奈々にその白羽の矢が立っていた
それはボンゴレのボスになりたい他の候補にとって
一番やっかいな有力候補であり
一番簡単に始末できる相手

9代目は奈々をマフィアの世界に巻き込みたくなかったんだと思う
護衛として俺をつけ、打開策を練ると言っていた

「私、確かに血を引いているのは認めますけど、炎なんて出ないのよ?」
「はい。それでもお嬢様からは大空を感じます。」
「そんな事言われたって、普通の女の子なんだから、そんなものに興味持てません。」
「9代目は、お嬢様にはお嬢様のしたい事をして欲しいと…。」
「そう、おじじ様はいつもそう言ってくれる。」

そう言って俯いていた奈々は、スッと俺を見上げて言った

「でも、どうしても必要な事なら、私は嫌だなんていいません。」

強い瞳で見られた
あの時、俺にとって奈々は特別になったんだろうな
マフィアのお家騒動に巻き込まれた可哀想な女の子だと思ってた
それは大間違いだった
奈々はボンゴレの血を継ぐ者だった


+++ +++ +++

「まぁ、奈々が俺に惚れてくれるとは思わなかったんだけどな~…ってツナ?」

自分達の馴れ初めを子供に話すのは気恥ずかしい
そう思い頭を掻きながら綱吉を見れば
ダイニングテーブルに突っ伏してスースーと寝息を立てている

「寝ちゃったのか…。まだまだ子供だな~。」

酒のせいか少し赤みのある頬は成人した男だと言うのに柔らかさが残る
奈々もいくつになっても若々しい風貌だ
そんな所まで奈々に似るか…と愛しく感じる

フと似すぎるのも困りものだと言った9代目の言葉が浮かんだ
そう、似すぎるのは本当に困ったもんだ
奈々はあの時、回避できたが
同じ事が綱吉に起こるとは…

あの時、奈々も自分で未来を決めた
そして、綱吉もまた自分で決めた未来だ

「結局、俺が出来る事ってのは少ねーなぁ。」
「あら?ツナこんな所で寝ちゃったの?」
「ん~酒が入ったからな。」

椅子に座ったまま寝る我が子を見つけた奈々は
そっと綱吉の肩からブランケットをかける

「幸せそうな寝顔…。コレだけでいいわ、私。」
「…そうだな。」





__________
ラブラブ親子話の続きです。
家光に「お嬢様」と言わせたかっただけの話です(笑)
一応、脳内設定では家光20歳、奈々16歳って感じです。
もう一回くらい続きます。







家庭教師ヒットマンREBORN! マイクロファイバーミニタオル 未来編 ツナ&ボンゴレI世家庭教師ヒットマンREBORN! マイクロファイバーミニタオル 未来編 ツナ&ボンゴレI世
(2009/01/22)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/256-4f976d2a

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。