FC2ブログ

きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化せよ!②(リボヘタMIX)

※ちょっぴり下ネタ注意です。





ボンゴレと敵対組織の抗争は激しさを増す
それに伴ってフラッシュも激しさを増していた

「イクスバーナー!!…あぁ、私はもう幸せすぎますっ!!」
「なんですか!?アレ、ロケットパンチですかっ!?」
「イクスバーナーですよ、シーランド君。」

綱吉が放つ攻撃の度に興奮した悲鳴のような歓声が上がる
敵方にもヴァリアーにもどことなくやりにくそうな空気が流れていた


「10代目っ!!お待たせしましたっ。」

緊迫状態とも違う微妙な空気を裂くようにボンゴレのボス綱吉の
大空の守護者たちが到着を告げる
抗争の中に走り込んだ勢いのまま匣に手をかけた所で
守護者たちはその場の異様な空気に動きを止めた

「なんスか…コレ。…10代目?」
「ツナ、なんかヒーローみたいだな。」

その感想はすでにヴァリアー、敵方共に思っていた事そのものズバリだった
まず、抗争中にギャラリーがいるのがありえないのだから

その時、呆ける守護者たちが戦闘に姿勢を変える前に
気持ちを強く持っていた敵方の攻撃が入る
すんでの所で全員飛びのき負傷者はいないながらも
その場は戦場の空気を取り戻した

その頃には歓声を上げ続けていた日本とシーランドにも若干の落ち着きが戻っていた
言い表すならば、ヒーロー番組の見せ場を見逃すまいといった姿勢だ

「ココからですね!!」
「そうです、シーランド君。仲間が揃いました。ココからが架橋です!!」
「やっぱり合体するですかっ!?」
「ヒーローモノと言えば合体ですね。よく心得てますね、シーランド君。」

…合体と言われても…と守護者たちは目を見交わす
別に彼等の期待に答える必要はさらさらないのだが
ココまで期待を持った目で見つめられると困ってしまうものだ

「よし!合体だ、タコヘッド!!」
「無茶言うな芝生頭っ。」

笹川の言葉に他の守護者もハイパーモードを解いた綱吉もヴァリアーも
その上、敵もそりゃ無理だろと心の中で思った

「あの、お兄さんも獄寺君も無理して合体しなくても…。」
「案ずるな沢田。我流の腹にネコを入れて合体だ!!ネコもデカくなれて一石二鳥ではないか!!」
「…っち、しょーがねーな。瓜!!」

えぇ~…合体しちゃうの…?と綱吉は唖然と見守る
山本はそう言う事な!と言って燕を匣から出した
その山本が合体の相方を求めるように雲雀を伺う

「僕は群れるのは嫌いだよ。」

そう言って匣からハリネズミを出すと雲雀の周りを飛んでいたヒバードに放り投げる
ヒバードの背にハリネズミが乗った…

「仕方ねーな…じゃースクアーロにでも頼んでくるわ。」
「いや、合体しなくていいから…ってかヒバード可哀想っ!!ヨロヨロしてますよ、雲雀さんっ。」

雲雀に断られた山本はスクアーロを探して走り出す
鮫と燕はどうやって合体する気なのか…気になる
自分と同じくらいの大きさのハリネズミを乗せたヒバードはフラフラと雲雀の周りを飛ぶ

その光景を見て、大喜びなのは日本とシーランドのみだ
ロマーノは呆れたようにポカンとその光景を見つめ
フェリシアーノはいまだ白旗を握り締めている

「合体ですよ!!スゲーですっ!!」
「合体と言うより…コレはジョグレス進化ですねっ!!」
「デジ○ンですかっ!!」

「おい、綱吉。お前の馬鹿な守護者共をどうにかしろ。」
「ザンザス…これ収集つくと思う?」

あまりの展開に敵は馬鹿にしてるのかとワナワナと震えだした
コレは結構ヤバイ…こんなことしている場合ではない
一部に緊迫した空気が流れる

その時
風に乗って声が聞こえた

クフフ…

「む…骸?」
「お久しぶりです、ボンゴレとその愉快な仲間達。」

否定したくとも否定できない愉快な状況に綱吉は唇を噛む
実体化した骸は肩にフクロウ…もといムクロウ…いやフクロウでいいのか?を乗せ
綱吉の横に立つ

「お前、どうしたんだよ!?」
「この姿ですか?幻覚ですよ。もちろん触れることもできますが…。」

そう言って骸は綱吉の頬に触れ手のひらに触れた
そのまま手の甲にキスを落とす
いや、お前もそんな事してる場合じゃないから…と言おうと綱吉が口を開こうとする前に
骸に遮られることになった

「綱吉くん。僕達もジョグレス進化しましょう。」
「…お前、何しに出てきたんだよ…。」
「綱吉くんとジョグレスしに。」
「帰れ。」
「つれないですねぇ。」

面白そうに目を眇めて綱吉を見ながら骸はそうつぶやく
そんな骸の登場に敵は出方を謀っているようだ
チラと敵を見てみれば一撃で一網打尽にしようというのか
戦力を集中させ始めているのがわかる
逆を言えば、すなわち此方にもヤツ等を一網打尽にできる機会でもある

「僕とジョグレスしてくれますよね?綱吉くん。」
「俺、動物の匣持って来てないから無理。」
「大丈夫ですよ、僕と貴方がジョグレスすればいいんです。」

「見てくださいです!!ロケットパンチのサ○ヤ人の人もジョグレス進化しそうですよ!!」
「綱吉くんのジョグレス進化…これはきっとレア映像ですよ!!」

そんな綱吉と骸を目ざとく見つけ歓声が上がるのが聞こえる
いや、しないし…と綱吉が勘弁してくれという思いを目に宿して下を向くと
いきなり骸の肩に担がれた
所謂、肩車の格好だ

何してんの、お前…と言おうとした口が虚しく音を出さずに開閉される
肩車の格好から中腰になった骸の膝に立たされ、股から頭を抜かれた
所謂、組体操のサボテンの格好だ…

「スゲーです!!見てくださいアレ!!ジョグレスしてるですっ!!」
「まさか…そうきましたか。やりますね。」

何がやりますね。なのか…綱吉はピルピルと足が震えるキツイ体勢の中
ザンザスに助けを求めるように視線を投げる
ザンザスはその綱吉の視線を受け、見なかった事にするように視線を外した

「ご安心を、ボンゴレ。今夜はベッドでしっかりジョグレスさせて頂きますので。」
「…お前、本当に馬鹿だろ?…っつーか下ろしてよ。」
「夜の約束をしてくれるまで下ろしません。」

お前もその体勢キツイだろ?と思うのだが呆れ果てて声が出ない
ソコにフラフラとヒバードonハリネズミが視界を横切る
アレ?俺、こんなトコで何してるんだろう…綱吉がそんな現実逃避をしてしまうのも無理は無い

「ダメ。夜は綱吉は僕とジョグレスするんだよ。」
「雲雀さん…コイツのアホな話に乗らないで下さい。」
「いいえ、綱吉くんは僕とジョグレスするんです。」

雲雀と骸がいがみ合いを続ける中
綱吉はザンザスの放つ空気の変化に気が付いて敵を見る
あちらは無理も無いが、完全に此方が戦闘態勢を解いたと思ったのか
最終攻撃に全戦力を終結し終えるのが見えた
一つ所に集まって一気に一撃で終えようと、そういう魂胆だろう

ザンザスはチラリと綱吉を見る
綱吉はそんなザンザスに目配せを返し
骸の膝の上で体勢を捻り集中した敵方に照準を合わせる

コンタクトには出力が表示をはじめた

骸が気づいたときにはもう遅く
ド派手なイクスバーナーを放った綱吉
その前方に居た敵は一網打尽になり
骸の幻覚は柔の炎に浄化され跡形も無く消えた

「やっぱ、あの人が一番スゲーです!!」
「敵をやっつけて、その上、邪念を吹き飛ばすなんて、これぞ一石二鳥ですね。」
「ところで日本。夜のジョグレスって何ですか?」

シーランドのこぼしたその疑問に、日本はニコリと微笑んで答える

「大人の秘密ですよ。シーランド君にはまだ早いです。」
「ズリーですよ!!シー君もう子供じゃねーです。」
「シーランド君が将来、本当にジョグレスしたい人が出来た時に知ればいい事ですよ。」
「じゃあ、日本がシー君とジョグレスしてくれればいいですよ!!」
「私ですか!?…私はもうお爺さんなので、ジョグレスはちょっと…。」


その後、ボンゴレは匣兵器を合体させる…といった噂が広がった
それに伴い匣兵器の新たな未来を開くべく研究をする者が現れる…かもしれない





__________
はい、完結です。
え?お前アホだろうって?
うん、知ってる☆(ニッコリ)
ジョグレス、ジョグレス言ってますが、デ○モンネタです。
大好きだったんだよ、デジアド。あの頃のアタシはノーマルだった…(遠い目)

※↓ちょっぴ本誌ネタバレ注意↓※

そうだろうなと思ってましたが、ザンザスはライオンでしたね。
いや、ライオンとも違うんだけど…トラとライオン。あわせてライガー。
ドラリオンみたいな感じですね。(ドラリオンはドラゴンとライオンをあわせたやつ。)
ツナの匣兵器がライオンならいいのになぁ~と思ってたんだけど
ザンザスで出てきたから違うのかな~?
やっぱ大空は百獣の王ですよね。
白いライオンて、レオじゃんか~っ!!って興奮しました。
ジャングル大帝大好きなんだ。
っつーかライオンが好きなんだ。ナルニアのアスランも大好きだし!!
そんなわけで、ボス割増でカッコよいよ~!!







家庭教師ヒットマンREBORN!公式キャラクターブックVon gola77 (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN!公式キャラクターブックVon gola77 (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
天野 明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/251-41c4db32

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。