きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kitty 前編 (準ミハ)


※過去作品『ラケナリア』の続きです。






『もしもし?』
「あ、和さん?…あの…西浦の投手のフルネームって知ってますか?」
『え?なんで?』
「あ、いや…なんとなく…なんですけど。」
『たしか、三橋廉じゃなかったか?』
「ミハシ、レン…あ、ありがとうございました。」
『お前、ちょっと変だぞ?どうした?』
「何でも…いや、また今度話します。」

負けた試合の相手投手の名前を今更になって気にするなんて
和さんに変だと思われただろうなと思いながらすでに通話の切れた携帯を閉じる
名前も知らなかったのかと思われたかもしれない…
でも、取るに足らない相手だと決め付けてかかった試合は
あの時、思い描いた軌道を大きくはずれた結果で終わった
アイツの名前じゃなく
脳裏に焼きついているのはあの帽子のつばから見据える瞳
まっすぐ、俺じゃなくミットを見つめるあの瞳

今思えば、アイツは俺たちとじゃなく
自分と戦っていたんだと思えた
そう、投手ってのはそういうもんだ
チームの為にマウンドで己と戦う
投手がよそ事考えないでいられるのは強みだろう
だから、俺も和さんと組んだこの月日は余計に自分に自信がもてた
アイツも、きっと…

「ンナ~」
「ん?メシはまだだぞ?」

甘えた声で俺の足に額を摺り寄せる子猫
先日、利央と迅から子猫を拾ったと連絡があり
ウチで飼うことになった
温かくて柔らかいその小さな子猫を抱き上げる
ゴロゴロと咽を鳴らしてご機嫌のようだ

「レン。」

そう声に出して呼んでみて恥ずかしくなり
自分の額を子猫の額に押し付けた



+++ +++ +++


「はっ…はっ……公園っ。」

体力づくりにと始めたランニング
今日は少し気分が良くて、遠くまで来た
知らない土地はなんだかワクワクする
今度、田島くんも誘ってみようと思いながら目に付いた公園に入る

片隅の水道から水を飲み、木陰に腰を下ろす
まだ夏の暑さは引かないけれど気持ちのいい日だ
いつもよりたくさん走ったからか
午前中の部活の疲れかわからないが、三橋は木陰でウトウトとする

もう日も傾きはじめ、少し休んだら帰らないとと思いながらも
少しだけ…と目を閉じる
たまに通る風がきもちいい
そのまま、三橋は少し眠ってしまった



+++ +++ +++

「そろそろ、メシやんないとな。」

先ほどまで纏わり付いていた子猫の温もりは今は近くにはない
家に連れ帰ってからは外に出してないし、外に出ないようにしてる
家の中のどこかには居るはずなのだが…
まだ子猫の習性なんてわかるわけもなく
何処にいるのかと家中を探し回る

「…ココでもないのか。変なトコ挟まってたりしないだろうな…。」

居間のソファの下を覗きこみ居ないのを確認する
何処だろうと思いをめぐらせながらフと窓が開いてるのが目に入る
嫌な予感に胸を支配され、準太は勢い良く家を飛び出した

何処を探すかなんてあてはない
塀の上や木の上、垣根の下や車の下を見ながら走る
事故なんて事はないよな…とどんどん悪い方へと思考が傾く

「何処だよ…レンっ。」

ついさっき付けた名前に子猫が反応するとも思えなかったが
呼ばずにはいられなかった

結局、そのまま始めに子猫が見つかった公園まで来てしまった
遊具がそれほど沢山ある公園じゃないしベンチもそんなにはない
見た限り子猫の姿は確認できない
確か、猫は過ごしやすい場所を知ってるって聞いた事があると思い出し
まだ日差しのキツイこの季節なら木陰かと思い至る

陰になっている場所を探し、公園を突っ切ると
公園の隅の木陰に人が倒れているのが見えた
しかも、その腹の上には…自分の子猫

「レンっ!!」

思わず、大きな声で子猫を呼ぶ
良かった…事故じゃなくて、見つけられて…
そう思いながら近づこうと歩き出すと

「ぅ…わ、はいっ!?」
「ニャッ…!!」
「…へ?」

倒れていた人がいきなり返事をしてビクッと起き上がった
その腹の上にいた子猫も同じようにビクッと飛び上がる
その人は見知った顔…
子猫と同じ名前のアイツ…

準太の口からは気の抜けた声が出た
起き上がった三橋は寝ぼけた顔で準太を見て首をかしげた

顔から火が出るほどってこういう時に使うんだ…と準太は思う
まさか、子猫と本人が一緒に居るなんて思いもしない
走って来たからとか猫が心配だったからとか
そんなのでは説明のつかないほどの動悸と発汗

(ヤバイ…呼んじまった…どうしよう。)
「…ネコ…だ。」
「ンナ~…。」

そんな準太の心の葛藤など全く知らない三橋は
自分の身体に乗った子猫を撫でた
同じく人の心など理解しようもない子猫も三橋に撫でられ甘えた声で鳴くのだった





__________
どこが準ミハなのか!と私は問いたい!!(オマエが問うのかよ…)
しかも、続いちゃうんですよ~コレが…
いや…だって書いてたら長くなちゃったんだもんっ
後編ではもっと準ミハぽくなる予定です

11月はリク消化月間とかぬかしておきながら放置でスミマセン
そして、そろそろホンキでオフ原稿も取り掛からんと…
無駄にガッツリ本出す予定だし…







おおきく振りかぶって Vol.8 【完全生産限定版】おおきく振りかぶって Vol.8 【完全生産限定版】
(2008/01/23)
代永翼中村悠一

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/238-a7649d3c

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。