きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思春期特有の病①(銀魂ヘタリアMIX)

※ジャンルごちゃ混ぜだから気をつけろよっ!お前の為に言ってるんじゃないんだからなっ!!
※本田さんが教師なのは私の趣味です。要注意
※銀八サイドもいろいろ私設定です。要注意






ここはW学園
国としてのノウハウを学ぶための学園
しかし、近年の世界情勢など様々なことを考慮した結果
国民の皆さんと交流を深めてみようという運びとなり
先日、銀魂学園のZ組を併合することと相成った

「あぁ~本日から、教師としてお世話になる事になりました。坂田銀八です。」

先日、職員室でそう挨拶をした銀魂学園から来た日本語教師・坂田銀八
同じ日本語の教師として、この学園の事などを教えるのも自分の役目だろうと
古文教師の本田菊は日本語準備室を訪れた

ドアをノックしようとして、中から声がするのに気が付く


「なんで、俺がテメーの手伝いをしなきゃなんねーんだよ。」
「だって土方くん日本語の教科当番でしょ~。」
「たったこれっぽっちの教材テメェで運べんだろ。」
「自分で準備ないですかって来といて、その言い草?先生傷つくよ?」
「ったく、なんでテメーみたいなのが教師なんだよ…。」
「そんなの先生の言う事は絶対だからに決まってるじゃん。」
「最低だ…。」

どうやら、新設のZ組の生徒と会話をしているみたいだ
深刻な内容なら出直そうと思っていた本田だが
どうやら生徒をからかって面白がっているという風なので
上げていた手をそのまま扉にそっと打ち付ける

トントンっ

そのノックの音に中からどうぞーと声がかかるのを確認して扉を開ける

「失礼します、坂田先生。」
「あぁ、本田先生。どうかしました?」
「いえ、たいした用事ではないのですが…。」

扉を開けて室内に入ると、坂田と言い合いをしていたのだろう生徒がペコリと会釈した
ジッと本田を見た後、坂田に向き直り机の上の教材をひったくるように持つ

「じゃー俺はこれで…。」
「土方~。始業時間に遅れないようにな。」
「テメェがなっ!!」

教師に対する態度としては優等とは言えない土方の態度にも
ニコリと笑顔で見守る本田
そんな本田に少し背筋を凍らせつつ土方は部屋を後にした

いままでの銀魂学園だったら
生活指導のとっつぁんからチョークが飛んできそうなもんなのに
あの人チョーク常備して持ち歩いてっからな~と思いながら
新しい学園の体制の違いに少し落ち着かなく思う土方だった


「銀魂学園も面白そうですね。」
「あぁ~…アイツは問題児ですよ。まぁ子供らしくていいんじゃないっスかね。」
「そうですね。彼らは普通の国民ですものね。」
「あの…それで?」
「ああ、すみません。学園の案内などがご必要かと思いまして、お伺いに来ただけなんです。」
「そーっスか。そうですね、W学園の案内よりは昔話でもどうですか?」

ニっと少し含みのある笑顔をみせて坂田はそう言う
その笑顔に、一瞬驚いた表情を見せて本田はニコリと笑った

「覚えていらっしゃるとは思いませんでした。」
「忘れませんよ、一時でも俺の師匠だった人を。」
「腕は落ちていませんか?また手合わせしたいものですね。」

そう穏やかに言う本田の真剣勝負の時の瞳を思い出して
坂田は身震いした

「…俺は勘弁っスね~。剣の手合わせならさっきのヤツとしてやってください。」
「おや、彼は剣道部に入られる予定で?」
「もともと前の学園でも剣道部だったんスよ。他にも何人か居ますけどね。」
「それは楽しみですね。貴方が彼の師匠ですか?」

クスクスと楽しそうに笑いながら、そう本田は問う
自分の師匠だった人に、自分が教える立場になっているのを知られるのは
なんだか無性に恥ずかしく、くすぐったいと坂田は思う

「俺はただの顧問ですよ。アイツ等は子供の頃からやってるみたいだし。」
「そうですか、貴方は部活の指導をされる予定はないのですか?」
「あぁ~、なんか生徒会の目付け役に抜擢されましたけど…。」
「ああ、それは大変ですね。この学園の生徒会は曲者ぞろいですから。」
「ですよね~…一国民が世界の国々の目付け役って無茶言わないで欲しいな~。」

W学園にZ組の生徒たちと同時期に赴任させられた時のことを思うと
マジでありえねーだろ?とらしからず頭が真っ白になったのを思い出す
生徒とは言え、相手は国だ
日本から、ましては江戸から出た事のない坂田
どうやってもイメージが湧いてこないのは仕方がない

「大丈夫ですよ。貴方なら彼らも気に入ります、きっと。」
「説得力ないですね~ソレ。」
「フフっ。貴方は侍ですからね。」

本田の言葉は謎めいていて、脳内で整理ができない
ただ、本田が大丈夫だと言うのなら
大丈夫なのかもしれないと、そう思わせる力はあった
何せ彼は日本そのものなのだから…





__________
Hey!またやっちまったぜ!!
いや~書きたかったのです。銀魂ヘタリアMIXも
しかもコレは長引きそうだな~…なんて(アハハ…)
銀八x本田フラグではありません(笑)
一応ゆくゆくは土銀&英日になる予定。
タイトルで気が付いている方も居るかもしれませんが…
土方とイギイギの中二病の話です(笑)
そんなギャグな内容をシリアスにはじめるなって話なんですが…
銀さんと日の師弟設定を書きたかっただけなの。
敬語の銀さんがねつ造万歳な感じでスミマセン。

そんなわけでつづきま~す。







銀魂 2009年カレンダー銀魂 2009年カレンダー
(2008/10/13)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/226-4de893ed

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。