きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let's シエスタ(スクツナ)

このところ、イタリアのボンゴレ本部では
ボンゴレの代替わりの体制交換時にボンゴレを叩こうとする
ボンゴレに対立する勢力との抗争が絶えない

その為もあり、綱吉はイタリアの地を踏む事となった

「ヴぉい。」
「あっ!…ロン毛…じゃなくて、スクアーロ!?」
「…キョロキョロしてんな、行くぞ。」
「うん。」

空港にいつものヴァリアー服では目立つからか
ジーンズにTシャツにジャケットという格好のスクアーロは見慣れなく
綱吉は落ち着かない気持ちになりながらも後を付いていく

「ねぇ、リボーンと獄寺君は?」
「アルコバレーノは9代目のとこだ、嵐のヤツは任務に出たぜぇ。」
「なっ…何?任務って!!危なくないよね?ソレ。」
「平気だろ?跳ね馬が一緒だ。」
「あ…ディーノさんと一緒なら大丈夫か。よかった。」

綱吉よりも一足先にイタリア入りした二人を気にかける様も
10代目として成長している証だともいえる
しかも今回は正式な後継の催しまで
その二人とは顔を合わすことが無いスケジュールだ

今回、綱吉の滞在先はヴァリアーのアジトとなる

何故ならば
先日、ヴァリアーは声明文を発表した

『今後、ヴァリアーはボンゴレⅩ世に不利益な行動を起こす者
不利益となりうる行動を起こした者へ相応の対応をする
また、これはボンゴレ、ボンゴレ傘下の組織の者へも同じく対応されるものとする』

という、綱吉を徹底支援するという内容のもの
ボンゴレの結束と言えば聞こえはいいが
そのような声明を出さなくてはならない理由があったからと思うと
事情はとたんにややこしくなる

つまり、ボンゴレに敵対する勢力のみならず
ボンゴレ傘下の組織やボンゴレ内部にも怪しいと思わせる動きがある為だ

マフィアの代替わりとは貴族や財閥の継承とはわけが違う
このようなカオスに陥ることは予想の範疇だ
それが闇社会、それがマフィアなのだから

それでもボンゴレは血が認めた継承として
ソレが目に見える分いいのかもしれない

「ここだ。」
「お邪魔しま~す…。」

一応、挨拶をしながらアジトに入る
ヴァリアーと言うと綱吉にとっては賑やかな集団というイメージなのだが
踏み込んだアジトは静まり返っていた

獄寺が任務に出されたくらいだから
もしかしたら、皆出払ってしまっているもかもしれない
それだと、綱吉が思っていた以上に緊迫した状況だとも推測できる

「皆居ないの…かな?」
「あ゛ぁ?違うぞ。たぶん全員居るぜぇ?」
「え、でもすごい静か…。」
「到着時間遅れたからな。」

飛行機の到着時間がずれた事と
ヴァリアーのアジトが静まり返っている事に何の関係があるのか
綱吉はハテナマークを頭の上に浮かべて小首をかしげる

考えてもわからないが、居るというのなら
とりあえずヴァリアーのボスであるザンザスに顔を見せるべきだろうと
そう考えてザンザスの部屋の扉に手をかける

「ダメだ…っ!!」
「え…?」

ドアノブをまわそうとした途端
スクアーロに後ろから小声で制される

「今はダメだ。アイツは無理に起こすと機嫌最悪になるからなぁ。」
「…はぁ?…寝てんのっ!?」

気分も晴れやかになるような麗らかな午後だ
昼寝をするなんてモッタイナイと思うような日だ
その前に、ボンゴレと言う組織にとって緊迫した状況だ
なのに…昼寝!?と叫びたいところをグっと堪える

起こすと機嫌が最悪になると言うザンザス
イタリア滞在中はこのヴァリアーのアジトに留まるしかない綱吉としては
できる事ならザンザスとは穏便にしていたい

「飛行機の到着が時間通りなら、シエスタの前に着いたんだけどな。」
「…まさか、他の皆もってこと?」
「あ゛?日課だ。仕方ねぇだろ。」
「昼寝が…日課…?」

綱吉としては、まさかそんな乳幼児じゃあるまいし…と思ってしまう
しかし、このアジト内の静まりようと
小声で話すスクアーロの気遣いとを目の当たりにすると
そんなありえない事が本当なんだ…とわかってしまう

「どうせ1、2時間は誰も起きねぇし、お前も寝ろ。疲れてるだろ?」
「でも…獄寺君も任務に出てるのに…。」

日本人の感覚で言えば
こんな昼間から他の人が働いてるのに気が引ける…
しかも友人は今も戦っているかもしれない

「アジトん中だ、襲撃の心配はねぇが…不安なら俺が一緒に居てやる。」

綱吉は流されるままに寝室へ案内される
腑に落ちないながらも、確かに長旅で疲れてはいるため
時差ボケ対策とでも思えばいいかな…と諦めてベッドに入る

「そのまま寝るのか?」
「へ?…何が?」
「服、そのままでいいのか?」

別に制服を着ているわけでもなければスーツでもない
そのまま寝るのに差し支えるような格好はしていないのだが
そう問われ、綱吉はまたしても小首をかしげるはめになる

「あ゛~…ジャポネーゼはそういうもんなのか?」
「…!?」

そう言いながらベッド脇でいきなり脱ぎ始めるスクアーロ
綱吉は言葉もなく驚くしかなかった

「…っな、何で脱いでるの…?」
「寝るからだろうが?」
「は!?どういう意味っ!?」
「…?」

裸で隣に寝るスクアーロに妙な焦燥を感じながら
綱吉は落ち着けるはずもなく、身体を緊張させる
そんな綱吉の胸にそっとスクアーロの腕が優しく置かれた

「俺は少しの気配でも目が覚める。安心して寝ろぉ。」

(寝れるかッ~!!!!)

もしも、綱吉の心の声が音になっていたのなら
アジト中の眠りを覚ます音量で響き渡ったに違いない





__________
ヴァリアーでヘタ○アネタです(2回目)。
お昼寝するザンザス…(笑)可愛いな、おい。
でも今回はスクツナ風味でお届けしてみました~。
ツナは自分の守護者に日々(身体を)狙われているので
そういうコトに敏感になってるに違いないよ…。
スクアロが平静でいられるのかも疑問だよ…。

思わず、希日とか英日とか中日韓とか米日とか書きそうになったり
ヘタリ○は読み専…ヘ○リアは読み専…
と自分自身に言い聞かせております(笑)
それにしても、米日はホスト部の殿とハルヒな感じになりそうだな…(笑)







家庭教師ヒットマン REBORN! バトルアリーナ家庭教師ヒットマン REBORN! バトルアリーナ
(2008/09/18)
Sony PSP

商品詳細を見る


スポンサーサイト

■ コメント

スクツナ良いですねぇ><*
ヘタ○アも面白いですょねー(笑

アサバさんも微妙なんですか!?
私、最近テストが近いというのにブログ機能を
弄っているんですょw

こちらこそ宜しくです!
ではノシ

by・ローズ

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://day1ss.blog117.fc2.com/tb.php/221-7da0be2a

 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。