きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 8

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





「…む、くろ?」

霧が晴れて視界が広がると、骸が先ほどまで居た場所に少女が居た
何がなんだかわからず、綱吉はとりあえず声をかける
気が動転してしまっている為、はっきりと言葉を紡ぐ事ができない

「違う。私の名前は髑髏。貴方はボスね。」
「…もしかして…君がボンゴレネイビー?」

もしかしても何もその髑髏と名乗った少女は綱吉たちボンゴレンジャーと酷似した格好をしている
唯一違うとすれば、その戦闘スーツはミニスカートだと言う事だけ
カラーはネイビー…深くて濃い青

「骸は、何処に行ったの?」
「私と骸様は同じ空間に存在する事はできないの。私が骸様で、骸様が私だから。」
「…どういうこと、それ?」
「私に実体はないの。」
「…だから『幻のボンゴレンジャー』…。」
「そう。私自身が幻のようなもの。でもボスと骸様が見つけてくれた。」

綱吉の質問に一つ一つ答えるその少女は明らかにソコに存在していて
幻だと言われてもそれを理解するのは難しい
しかし、決定打は先程まで目の前にいた男の姿が無い事だった

「ねぇ。」

そこまで黙って成り行きを見守っていた雲雀が綱吉と髑髏に声をかける
綱吉の隣まで歩を進めると髑髏を見て言った

「君とアイツが同時にこの世に居られないなら、アイツがこの世から居なくなればいいって事?」

雲雀の言葉の本当の意味をいち早く理解した綱吉は頬をひきつらせる
そんな綱吉にはお構いなしに雲雀は尚も続ける

「じゃあ、アイツさっさと潰そうか。」
「…雲雀さん…セリフが悪役くさいです。」
「何言ってるの?僕は正義の味方だよ。」

ニヤリと笑みを刻んでそう言う雲雀を見て
綱吉はうさんくせ~と内心思ったがそれを言葉に出すほど馬鹿ではない
とりあえず、髑髏の答えを聞こうと髑髏へと向き直った

「…ダメ。骸様とボスが居て初めて私はココに居られる。」

その髑髏の言葉に、綱吉は訳が解らず首をかしげて髑髏を見る
ボンゴレネイビーの存在に骸が必要なのはこの現状を見ても納得がいく
しかし、綱吉自身もその鍵を握るらしいと言われても思い当たるふしが全く無い
そんな綱吉の表情を見て、髑髏が口を開く

「骸様の願いをボスが叶える事で私はコチラ側に来る事ができるの。」
「え…?俺、骸の願いなんて叶えてないけど?」
「ううん。ボスは叶えたわ。」

その髑髏の言葉に今度は雲雀が頬をひきつらせる事となった
まさか…と思ったそのままを髑髏へ投げかける

「アイツの願いって…綱吉とのキスだとか言わないよね?」
「骸様の願いはもっとシンプル。」
「それって?」
「ボスに触れたい。骸様はそう願ってた。」

その髑髏の言葉に雲雀は取り繕いもせずに嫌な顔をしてみせる
綱吉もその他のボンゴレンジャーも決して喜ばしい表情ではない

「ボスを目の前にして…欲が出たんだと思う。」

それゆえのあの行動だと髑髏はそう言う

「でも、それなら握手とかでもいいんじゃねぇの?」
「それはそれで極限に不思議な光景ではあるが、接吻ほどではないな。」
「そもそも何で敵である骸が沢田さんに触れたいとか思ったんでしょうね。」
「私が気づかないうちに影響してしまったんだと思う。」

そんなランボの素朴な疑問に髑髏がそう答えた
ボンゴレンジャーと間接的とは言え対峙するようになって
骸の中の髑髏の意識が強く骸に影響するようになったのだと
それゆえ、骸は夢で髑髏の存在を知るに至ったのだろうと

「とりあえず、髑髏…さん。俺達と一緒に来てくれる?」
「髑髏、でいい…。」

なんだか収集のつかなくなってきたその場に居たたまれず綱吉がそう言うと
髑髏は少しはにかむ様に笑って頷いた
あの霧の後、あんなにウヨウヨしていたムクロショッカー達も何処かへ消えてしまっている
ココに長居する必要もないのでボンゴレンジャー達も異を唱えるものは居ない

「しばらくしたら私は骸様に戻ってしまうけど、分かり合えるはず。」
「分かり合えるわけねーだろ。アイツは敵だ。」

微笑んで綱吉にそう言う髑髏に怒鳴るのは獄寺だ
確かに、分かり合えるだなんてそんな事あるんだろうか?と
綱吉もその他のメンバーもそう思った

「骸様はちょっと荒んでるからこういう形しかとれなかったけど、世界を一つにしたいという思いは一緒。」
「ちょっとどころじゃないでしょ。」
「…骸は、世界を悪い方へ持って行きたいわけじゃないって事?」
「そう。ただ、このちぐはぐな世界を憂えているだけ。ボスの言葉なら聞くと思う。」

いくらなんでも、そううまく事が運ぶとは思えなかったが
髑髏が冗談や嘘を言っているとも思えなかった
綱吉は、そう…とだけ答えてボンゴレンジャーのアジトへと歩を進める
その綱吉を追うように皆、歩き出すのだった



『次回、骸と対話は成り立つのか!?そして新たな黒い(?)影!』





__________
大まかな流れは考えてあるんですが…如何せん行き当たりばったり
ムクツナっぽい感じにはなったかな~?
なったと言う事にしてやってください。
今度はボンゴレンジャーの本部の方のお話挟んで新たな敵かな。
とりあえず、次まで書いたら一呼吸置いてこのブログは他の話にしようかなと思ってます。
ボンゴレンジャーネタは全部オンラインで先出ししようとは思ってますが
時間なさそうだったら総集編で補完て形になるかも…スミマセン。
いや、更新速度を上げればいいだけなんですけどね
夏も間近なので、オフ原稿が優先になっちゃうかなぁ~と…

本誌、初代雨の守護者が出てきたので、プリーモとの関係がとっても気になる
だって隠居場所に日本を選んだくらいだもの
なんだか親密な関係っぽいじゃないっ!!
だってプリーモの為に全てを捨てたんでしょ?
この流れで私の脳内では山本の言ってたダチがツナに変換されました。
山ツナ!!
ツナの為にもっさんも野球を捨てるのか…
とか思った私の頭はメデタイです。







家庭教師ヒットマンREBORN! 未来編【Burn.6】 [DVD]家庭教師ヒットマンREBORN! 未来編【Burn.6】 [DVD]
(2009/02/27)
ニーコ國分優香里

商品詳細を見る


スポンサーサイト

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 7

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





「信じがたい事実を教えて差し上げましょうか?」

ボンゴレンジャー本部でもトップシークレットである『ボンゴレネイビー』に関して
そう綱吉に微笑みながら言った骸
今まで決して自らボンゴレンジャーの前には現れなかった骸が
今日、現れた理由はどうやらソコにあるらしい…と綱吉は厳しい表情で骸と対峙する

「…ボンゴレネイビーについて、俺たちが知っている事はほとんどないんだ。」
「そうでしょうね、僕の夢みたアレが事実なら知りえるはずがない。」
「お前の知っている事を、教えて欲しい。」
「えぇ、その為に僕は貴方に話があると言ったんですよ、ボンゴレオレンジ。」

そう言って綱吉に一歩近づく
今度は綱吉も後ず去ったりしないで、真っ直ぐに骸を見た

『ボンゴレネイビー』に関して綱吉が知っているのは、どこかに存在しているという事と
その異名『幻のボンゴレンジャー』という呼び名だけ
それ以外のどんな情報でもいい
その情報を集める事は、ボンゴレンジャー指令本部から綱吉に課せられた秘密の任務

「言葉で説明しても到底信じる事はできないでしょうが…。」
「信じるよ。」
「はっ、簡単に言ってくれますねぇ。僕は貴方の敵ですよ?」

軽く鼻で笑って、骸はもう一歩、綱吉に近づく
少しづつ距離がなくなっていく二人の間隔にヤキモキするのは周りのボンゴレンジャー達で
獄寺などは顔に不安を滲ませて二人を見守る

「ボンゴレネイビーに関する情報ならそれがガセだろうが何だろうが俺は知らなくちゃいけないんだ。」
「…面白くありませんね…。」
「…。」
「僕、という目の前の敵よりも優先すべきとそういう事でしょう?全くもって面白くありません。」
「お前が面白いかどうかはどうでもいいよ。」

視線を逸らすことなくキッパリとした口調でそういう綱吉
そんな綱吉の瞳を見つめながら、骸はまた一歩綱吉の方へ歩を進める

「『ボンゴレネイビー』に関する事は、僕にとっても貴方にとっても得にならない情報ですが、それでも知りたいと?」
「さっきも言っただろ。どんな情報であっても、知らなくちゃいけないんだよ。」

綱吉がそう返したところで、骸は歩を止めた
すでに足のつま先が触れ合いそうなほどの至近距離
そして、まっすぐ骸から視線を外さない綱吉へ腰を屈めて顔を近づける
内緒話でもするかのように鼻が触れそうなほど顔を寄せて小さな声で言う

「僕自身、半信半疑です。手っ取り早く試させて頂きますよ?」
「…何を…っ!!!!」

鼻先が触れそうだった、その距離を確認できなくなった瞬間触れ合ったのは唇だった
少し傾げるようにして綱吉との距離を無くした骸の瞳は笑みさえ刻んでいる
綱吉は目を見開くばかりだった

その時

辺りを濃い霧が覆い視界が遮断される
唇はいつのまにか離れていたが至近距離に感じる気配はあった
霧が晴れていくと共に視界が開けていく

「…っ…!?」

そして綱吉の目の前に現れたのは骸と酷似した雰囲気を纏う少女だった





__________
久しぶりです。
もっと早くに上げる予定だったのですが…
オフ原稿やら、衣替えやらカーッペット片付けたりで間あいちゃいました。
本格的に梅雨になる前にホットカーペット片付けて衣替えをね…しないとさ…。
イグサラグが欲しい…フローリングお尻痛い…畳がちょっと恋しい…。

とりあえず、書きたかったシーンまで来ましたよ~♪
えぇ、チューさせたかっただけなんです。
『ボンゴレネイビー』を呼び出すたびに骸とチューしないといけませんよ。
綱吉、大変…。
獄寺や雲雀さんが黙ってないだろうしねぇ(笑)

なんかね、またマイナー脳が恐ろしいカプを妄想しちゃったんですが…
書いてもいいかなぁ~?っつか書きたいなぁ~…。
それは何かと言うと…フラツナです(またお前…)
いえね、ザンツナ前提ではあるんですが、ザンツナ←フランというね妄想が…
私の脳の恐ろしい事といったら、もうコレ治んない病なのでね。
進行するばっかりって言うね。
フランが元々は綱吉の方の部下で、綱吉に言われてヴァリアー入りとかしてたら…
とかそういう妄想っつか捏造がね…面白くって、ついv
それゆえのあの暴言の数々とかだったら楽しいなぁ~とね
綱吉にはすげー従順だったりしたら面白いなぁ~とかね
うん、ゴメンナサイ。







家庭教師ヒットマンREBORN! 19 (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 19 (ジャンプコミックス)
(2008/04/04)
天野 明

商品詳細を見る


マフィア戦隊ボンゴレンジャー 6

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





「とりあえず、風紀はわかりましたから落ち着いてください。」
「…わかってないね。風紀はこういう小さい所から対処しないといけないんだよ。」

結局続きからの撮影となったボンゴレンジャーの撮影現場
綱吉がどうにか本筋に戻そうとするのを
雲雀が阻止しようとするのが見え隠れする進行ではあるが何とか撮影は続けられる

「…わかりました。獄寺くん。もう人に向けて指差しちゃダメだよ?」
「ボスがそう言われるのでしたら…。でも、アイツは人の前に敵です。」
「それでも、俺たちは平和を守る正義の味方で子供たちのお手本なんだから、ね?」
「…はい。」
「獄寺くんもこう言ってますので、コレで今回は許してあげてくれませんか?」
「…仕方ないね…。じゃあ、アイツを咬み殺そうか。」

おとなしく成り行きを見守っていた敵(骸)に介入させない流れで戦闘態勢に入る雲雀
それに倣ってボンゴレンジャー達も戦闘態勢に入る
綱吉は内心どうしようかな~と思ってはいるが演技中なので一度皆にあわせる

綱吉は、とりあえずカメラに映らないように骸に目配せして、なんとかして…と投げてみた
そんな綱吉のアイコンタクトをこちらもカメラに映らないように受け取った骸は
まるで演技の延長戦上だとでも言うように深くため息をついてみせた

「ふぅ。貴方達、僕を蔑ろにするとはいい度胸じゃないですか。」
「君の相手をする時間を作ってあげてるだけ感謝しなよ。」
「君はそちらの彼の風紀指導を続けてくれて結構ですよ、ボンゴレパープル。僕が用があるのはボンゴレオレンジ、綱吉君だけですから。」

そう言って骸は一歩、綱吉に歩み寄る
その骸の動きにあわせて一歩後ずさった綱吉の横で獄寺が骸に再度怒鳴る

「敵のお前がボスに何の用があるってんだっ!」
「敵だからボスのツナに用があんじゃね?」
「うるせーっ!バカは黙ってろ。」

そんな熱い獄寺に冷静な様子で山本が揚げ足を取る
敵を前にしているとは思えないその状況に綱吉が声をかける

「獄寺くん、山本。今は仲間内でもめてる場合じゃないよ。」
「だな。」
「すみません。」

綱吉のその言葉に納得した二人は
もう一度しっかりと骸に向き合おうと骸の居た場所に視線を移す
しかし、そこには骸の姿が無かった…
一変して緊迫感に支配されたボンゴレンジャー達が
何処に…?と辺りを見回し始めた時だった

「うわっ…!!」

そんな綱吉の声に皆が綱吉の方に振り返る
するとソコには間合いを詰めて綱吉の目の前で微笑む骸が居た
ボンゴレンジャー達は皆、驚いたような表情で二人を伺う
獄寺と雲雀にいたっては舌打ちでもしそうな苦い表情を浮かべていた
実際、舌打ちをしたのは獄寺だった

舌打ちをしてクソっと綱吉の側まで向おうと獄寺が体勢を変えると
骸は視線を綱吉から離すことなく獄寺に手にした武器を向け静止させてしまう

「動かないでください。僕は彼に用事があるんだと言ったでしょう?」
「ボスから離れやがれっ!」
「嫌です。少しお話をするだけですよ、聞きたい事がありますのでね。」

そんなこと信用できるはずもない
相手は今までずっと対峙してきた敵の親玉なのだから
しかしすぐ側に綱吉が居るため、手当たり次第に攻撃するわけにもいかず
いつでも攻撃できるように態勢を整えて骸の動向を伺う

「…話?」
「そうです。」
「なんだ?」

確かに、今まで何度も綱吉達を攻撃する隙はあったのに攻撃して来なかった骸
綱吉はいつでも攻撃態勢に入れるように意識しながら骸と一人対峙する
骸はそんな綱吉にニヤリと片頬を持ち上げるように悪い笑みを見せて言葉を発する

「ボンゴレネイビーに心当たりは?」
「…っ!!」
「トップシークレットをなんで僕が知っているのか不思議ですか?」
「…お前は何だ…?」
「僕は貴方達の敵ですよ。」

至近距離で見詰め合うような状況で綱吉は骸を伺う
『ボンゴレネイビー』それは永久欠員となっているボンゴレンジャー
何故、欠員状態なのかとか何処かに存在するのかとか
全てにおいて未だに謎の存在
その『ボンゴレネイビー』を探し出す事はボンゴレンジャーに下された密かな指令
幹部クラスの者しかその事を知っている者はいない
その証拠に、綱吉以外のボンゴレンジャーはまだその指令を知らなかった

「ネイビー?そんなヤツ居ないよな?」
「今ココに居ねーんだから居ねーに決まってんだろ。」

綱吉以外のボンゴレンジャー達はその聞きなれないフレーズに戸惑いをみせる
綱吉は一度グッと唇を噛み締めて言葉を発する

「ボンゴレネイビーの居場所を知っているのか?」
「…いいえ。」
「じゃあ、何故ボンゴレネイビーの存在を知っている?」
「僕は夢を見ることで先読みができるんですよ。信じがたい事実を教えて差し上げましょうか?」





__________
うぅ…しばらく空いちゃった上に書きたいトコまで進まない…
もちょっとムクツナっぽい感じで進みます。

夏コミ、受かりました~♪
先日オンラインで検索かけたらスペース取れてました。
一応予定は新刊2~3冊の予定です。
出来たらいいな♪的な希望的観測ですけど…
5月に準備号になっちゃったザンツナは必ず出したいと思ってます。
後、当初から予定してた山ツナスクの三つ巴本。
しかし、白→正→ツナ←ヒバの四角関係話の本も出したくて…
3冊全部いけるか、もしくは
ザンツナは絶対で、山ツナスクと四角関係のどっちかになるかだと思います。

5月のスパコミ後にココでも記載しましたが
アイドル設定パラレル本『Legend of VONGOLA』の既刊全3巻が完売してしまったので
夏コミに購入希望の方は受注生産とさせて頂きます。
冬くらいには総集編を発行予定ですので、待てる方は待っててくれるとありがたいです。

そんなわけで、注文用にフォームを設置します。
夏コミで受け渡し可能な方に限りご注文いただけます。
受注生産なので、当日余分には作って行きませんのでご了承くださいね。
それから、総集編の発行にあたってのアンケートも…
答えたい設問だけの解答でOKなので、ちょろっと覗いてみて頂ければ嬉しいです。

注文&アンケートはこちらよりどうぞ

※携帯から御覧の方、フォームが使えない場合は拍手&コメントからでもOKです。
※アンケートにご参加いただける場合は下記設問にお答え頂けると幸いです。
 ①総集編が出たら欲しいですか?
 1.購入予定 2.検討中(内容によって) 3.検討中(値段によって) 4.いらない
 ②総集編に書き下ろして欲しいのは?
 1.山本とツナのスペシャルドラマ話
 2.ヴァリアー深夜番組ネタ
 3.海外スター・ディーノとツナの話
 4.プリーモとツナの映画の話
 5.フゥ太とツナの話(ボンゴレンジャーの5年後設定)
 6.スパナ&正一とツナの話
 7.その他(簡単で結構ですのでCPやシチュ等記載してください)







Smile for...(REBORN! EDITION)Smile for...(REBORN! EDITION)
(2009/06/24)
上戸彩

商品詳細を見る


 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。