きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 5

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





桜舞い散るのどかな昼下がりの公園は
先ほどからこだまする気味の悪い声によって
異次元の空間と成り果てている

先ほどまで花見を楽しんでいたであろう人々は逃げて公園を後にし
残ったのは平和を守る戦士たちと気味の悪い声の主たちのみだ

クフ
クフフ
クフフフ

「だぁ~もうコレ何とかなんないの?」
「何言ってるの。それを何とかするのが僕たちでしょ?」
「その通りです…。」

土の中からニョキニョキと増え続けるショッカーに
綱吉は思わず頭を掻き毟って取り乱す
それをいつもと変わらぬ平然とした声音でたしなめるのは雲雀だった
そのとおりなその言葉に綱吉はうな垂れて気味の悪い声に向き直る

そのショッカーたちはすぐに攻撃してくるわけでもなく
わらわらと増えていくだけ
逆にそれがまた気味が悪い

とにかく距離を取るようにショッカーたちから遠ざかり時期をみる
ボンゴレンジャーが皆集まるように一つの桜の木の下へ集まった、その時
その桜の幹がユラリと陽炎のようにゆらめいた

「クフフ…皆さんおそろいですね。」

綱吉の真後ろから聞こえたその声に
ボンゴレンジャーは揃って体を反転させて臨戦の体制をとる
桜の幹に一番近かった綱吉は目の前でその声の主と対峙するハメになる

「お前…。」
「始めましてと行ったほうがいいでしょうかね?ボンゴレンジャー。」

どこかショッカーたちと似た風貌の敵の黒幕であると見られるその男が
顔に笑みを刻んで綱吉を見てそう言えば
綱吉の隣に居た獄寺が大人気なくその男を指差して噛み付く

「やっと出やがったなっ!!」
「ちょっと君、人に指を指しちゃいけませんって小学校で習わなかったの?」
「いや、雲雀さん。そんな事はこの際どうでもいいって言うか…。」
「何言ってるの?これはれっきとした風紀を乱す行動だよ。」
「風紀…ですか…。むしろ今この状況は、それ以上のものが乱れてる気がするんですが…。」

そんな獄寺の行動から
完全に目の前の敵を無視して普通に会話をはじめるボンゴレンジャー
目の前のその現状に敵の親玉である骸も
ボンゴレンジャーの背後でうようよしているショッカーたちも
勢いをなくしたようにクフフ声が静かになっていく

「ちょっ…貴方達、今の現状を理解しているんですか?」
「ちょっと君は黙っててくれる?僕は今、風紀を取り締まってる所だから。」

思わず骸がボンゴレンジャー達に詰め寄るが
雲雀にピシャリとそう返され
一時的に盛り返したかに思われた勢いも空気が抜けるように萎んでいった


+++ +++ +++

『カァーットっ!!』

スピーカーを通して聞こえるその声は監督のモノではなくリボーンのモノだった
そこまでの演技を黙って見ていたリボーンだったが
どんどん台本から離れていく彼らの演技に
はじめはいい方向へ行くかもしれないと見ていたのだが
一向に今回の山場へ差し掛からない内容にとうとう声をかけたのだった

「オメーら…好きにヤれとは言ったが、話の流れを無視すんな。」
「脱線してるな~とは思ったんだけどな。おもしれーからいいんじゃん?」
「おもしれーかどうかは俺と視聴者が決める事だ、山本。オメーじゃねーゾ。」

リボーンにそう言われ、山本はそうか?とよくわかっていない顔で頷く
そんな山本を一瞥して、リボーンは雲雀の足元に立った

「オメーだ、雲雀。」
「仕方ないじゃない、僕も嫌なんだから。」
「…オメーはツナに甘すぎるゾ。」

リボーンと雲雀のそんな会話の内容に驚くのは当の綱吉で
え?雲雀さんが俺に甘いって…何処が!?と思わず雲雀の顔をまじまじと見つめている
そして、リボーンはいくらか疲れた面持ちの骸へ視線をめぐらせた

「オメーもだ、骸。何雲雀に負けてやがる…構わずヤれ。」
「そうは言ってもですね…綱吉くんが逃げ腰な上に雲雀くんにこうもガードされたら、僕もやりにくいですよ。」
「オメーはまだ今のところ敵なんだゾ。何してもいいじゃねーか。」
「まぁ…そうですね。わかりました。」

実際、暴走を始めたのは雲雀だった
獄寺、山本、笹川、ランボの四人は普段演技などする事がないせいで
アドリブで暴走を始めた雲雀を軌道修正できるはずもなく
骸はその雲雀の暴走に飲み込まれ
唯一、演技をしながらでも軌道修正できるはずの綱吉が台本に消極的となれば
雲雀の暴走を止める事など不可能なのは明らかだった
その為、リボーンは撮影を中断させたのだ

「さぁ、オメーら。続きから撮影開始だゾ。位置にもどれ。」
「続きからって…初めからじゃないのかよ?」

雲雀の暴走は演技を台本から遠ざけていた
取り直しじゃなく続きからと言う事は
またあそこから台本の流れに軌道修正しなくてはならないと言う事を意味する
そう訪ねた綱吉にリボーンはニヤと笑ってみせる

「さっきのもおもしれーのは確かだからな。オメーなら軌道修正、出来るだろ?」

出来ないとは言わせないとでも言うような、その不敵な笑みに
綱吉は一つため息をついて雲雀と骸の顔を見る
雲雀と骸の一歩も引かなそうな表情に、もう一度大きくため息をつく

「出来ないとかじゃなくて…やりたくないんだけど…。」

確実に二人の喧嘩に巻き込まれた感覚にうんざりする
しかし、何と言っても綱吉はaverage fillのボスなのだ
メンバーの暴走も喧嘩も止めるのはボスの務めだろう

「オメーが原因じゃねーか。オメーが止めねーで誰が止めんだ。」
「何で俺のせいなんだよ…。」

いまだウダウダと文句を言いたそうな綱吉
リボーンはそんな綱吉のケツを蹴っ飛ばして持ち場に戻らせ
モニター前の椅子に陣取った





__________
ちょっと間あいちゃいましたが…続きです。
ただでムクツナにしたくない病が発病しました。
そんなわけで、雲雀さん介入しま~す☆
引き続きムクツナヒバでボンゴレンジャーは第一の山場へ突入予定です。
今のところ、私の悩みは
伊純ちゃんの描いてくれたムクロショッカーの画像をいつ載せようか…って事ですね。
本当にキモイです(骸の事は大好きですよ?)
あの画像のショッカーがうじゃうじゃしてると思うとマジでキモイです(笑)

私の悪い(?)クセで、受けキャラ以外のお気に入りキャラを
とことん崩したくなるんですよね~
これは愛ですよ?
歪んでるって?それでも愛なんです。
ボンゴレンジャーでザンザスを崩そうとしてるんですが
友人に本気でやめてと懇願されました(笑)

雲雀さんもちょこちょこ崩しておりますが…
今後いきなり崩れる事もあると思うので
普段の私の書く雲雀さんでインプットしてる方はご注意くださいね(笑)
一応、ヒバツナメインなので告知してみた。







EASY GO(REBORN!盤)EASY GO(REBORN!盤)
(2009/06/10)
加藤和樹

商品詳細を見る


スポンサーサイト

マフィア戦隊ボンゴレンジャー 4

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





「さぁ、オメーら、思いっきりヤれ。」

楽しそうなリボーンの声に綱吉の顔は引きつるばかりだった

いくらボンゴレの重鎮だとは言え、撮影現場にリボーンが来るのは珍しい
この『ボンゴレンジャー』の撮影は確かにボンゴレ事務所の出資で行われているので
いてもおかしくはないのだが、始めの頃は現場に現れる事はなかった
しかし…最近知った事実で、この脚本を書いているのがリボーンだと言う事がわかり
それから程なくして、毎回撮影直前に脚本の変更などが相次いだ事もあり
リボーンは最近ではよく撮影現場に現れるようになったのだった

「クフフフ…さぁ綱吉くん。ヤってやろうじゃないですか。」
「…お前、何でそんな協力的なわけ?」
「いいじゃないですか。初めてのってわけじゃないですし、むしろ僕の方が貴方にご教授願いたいくらいなんですから。」
「…ヤだよ。…っつーかリボーン!マジで言ってんの?コレ。」

ボンゴレンジャーの衣装を身に纏った綱吉はメットのみ外した姿で原稿を睨みつける
はっきり言って、早朝の爽やかな子供番組にあってはならない描写のある原稿に
思わず眉間に皺が寄るのは仕方がないと言える

「俺は何時でも本気だゾ。」
「…ですよね~…じゃなくて、コレはマズいだろっ!!」
「何だ、嫌なのか?」
「嫌に決まってるじゃん。骸だって嫌だよな?」
「僕は構いませんよ。お仕事ですからね。」

思わずリボーンに抗議する綱吉
しかし同意を求めて話を振った骸にあっさりとそう返されればぐうの音も出ない

「ツナ…オメーのファン層なめんなよ?」
「…何の話だよ…。」
「このシーンはツナのファン層の一部に大うけ間違いねーんだ。」
「どんなファン層だよ…。」
「わかんねーか?」
「…わかってるよっ!だから余計にヤなんじゃん。」
「ファンを喜ばせてなんぼだゾ。うだうだ言ってねーでヤれ。」

綱吉にはスクアーロの一件から増え続けるとあるファン層がある
今回の台本修正部分もそのファン層に喜ばれる事必至な内容だ
それゆえ、綱吉が嫌がるのも道理で、むしろすんなり受け入れた骸が異常なのは
周りで見守る他のメンバーの様子を見てもわかるというものだ

クッソーとでも言いたげな表情でリボーンを睨んだ綱吉は
キュッと骸に向き直って表情をボンゴレンジャーのボス・オレンジの顔にする
その表情からは諦めなどは見えず
ただただ真摯に演技と向き合う俳優の顔になっていた
そんな綱吉にリボーンはフンと鼻を満足そうにならす

先ほどまでとは別人のように真っ直ぐに演技に向き合う顔の綱吉に
対峙した骸は一瞬ひるんだように目を見開いたが
おやおやとでも言いたげにニッコリと笑んでみせる
average fillでも年長組の骸は何だかんだ言っても綱吉の活躍を見守ってきたのだ
目の前でその役者としての綱吉と向かい合うのはこれがはじめて
自分自身も俳優としての仕事が多い骸としては楽しくなってしまう

そんな二人を中心に撮影開始の声が響く





__________
どうしようかな~と思ったんですが
ボンゴレンジャー本編に入る前に一旦切りました。
大丈夫です(?)ムクツナフラグです。
ひっさしぶりに何かムクツナ~な気分になってきたのでムクツナ挿入。
次回はボンゴレンジャーの本編です。
うん、なんかどんな展開か予想はつくと思いますが(笑)
私のスタンスなんですかね?この秘密になりきらない感じは…

あ、先日書いたディノvsフゥ太とかそういうのは戯言ですからね?
あんまり本気にしないでくださいね~。
書くかどうかわかりませんので。







家庭教師ヒットマンREBORN! 未来編【Burn.6】 [DVD]家庭教師ヒットマンREBORN! 未来編【Burn.6】 [DVD]
(2009/02/27)
ニーコ國分優香里

商品詳細を見る


マフィア戦隊ボンゴレンジャー 3

※Legend of VONGOLAの番外編、アイドル設定です。





「おはようございまーす。」
「はよーっす。」

今日もボンゴレンジャーの撮影で某所に集まるaverage fillの面々
ボンゴレンジャーの現場はaverage fillや他にもボンゴレ事務所のタレントばかり
見知った顔も多く、スタッフもすぐにタレント達に感化されたため
現場は終始和やかなものとなっていた

現場に共に現れた綱吉と山本に
待ってましたと言わんばかりに走りよってくるのは獄寺だ

「ボス!今日も頑張りましょうね。」
「獄寺君はいつも元気だな~。」
「それだけが取り得だもんな!」

笑顔で綱吉にそう言う獄寺に、綱吉も笑顔を返し
山本は爽やかな笑顔で大変失礼な事を悪気無く言ってのける
獄寺はムっと山本を睨むが、周りは慣れたもので
誰も気にも留めない

そんな綱吉たち3人に気が付いた他のメンバーもわらわらと集まってくる

「沢田さん、遅かったですね。」
「ランボ、うん山本と一緒の今度のスペシャルドラマの顔合わせだったんだ。」
「あの探偵のヤツ?何?君も出るの?」
「あ、雲雀さん。はい、そうなんですよ。」
「そんな予定じゃなかったでしょう?役はある程度決まってたはずですよ?」
「んっとね、俺の役はまだ内緒なんだよ。」
「ボスの役も気になりますが、このバカが役者なんて出来るのかが一番問題ですよ!」

ワイワイと集まって話すaverage fillは
ボンゴレンジャーとなって演技をしている時とさして変わらず
仲の良い仲間といった感じだ
それもそのはず
ボンゴレンジャーという番組はaverage fillや他のタレントの素顔を大切に撮っている
その為、役の名前もそれぞれの名前と同じになっているのだ

それも全ては伝説のアイドルと言われている
ボンゴレ事務所の立ち上げの原点となったグループ『VONGOLA』のボス
プリーモの一言がきっかけだった

『ボンゴレ事務所のタレント総出演で伝説を作ろう』

そう言ったというその人の言葉にリボーンが悪乗りしたのだ
結果、今に至るのだが…
タレント本来の魅力を最大限にが社内スローガンのボンゴレ事務所らしく
役名もタレントの名前をそのまま役作りもなし
お前ら、やりたいようにやれ!と演じる側にしては困ってしまうような
そんな指示の元、撮影は続けられている

未だ山本に役者は無理だとか台本覚えられんのか?等と
average fillのメンバーが仲良く言い争いをしていると
そこにトコトコと小さな影が近づく

「ツナ兄の役が内緒って事は犯人の役?」

その小さな影は綱吉の側まで行くと
綱吉の服の裾をちょいと引っ張って綱吉にその存在を知らせる

「あ、フゥ太。おはよ。」
「おぉ!そうか、だから内緒なんだな!お前は頭がいいな!」
「了平兄が抜けてるんだよ…。」

天才子役と言われているこの子供はフゥ太という
元はボンゴレ事務所のタレントではなかったのだが
在籍していた事務所が倒産して最近ボンゴレに引き取られたのだ
天才子役と言われているのは伊達じゃなく
引く手数多だったろうに、自らボンゴレを選んできたその理由を知るものは居ない

「今日もよろしくね、フゥ太。」
「うん、ツナ兄。よろしくね。」

average fillのメンバーの中でも綱吉には一番懐いており
綱吉が現場に入れば片時も離れずに近くに居る
綱吉は綱吉で元々小さな子供には好かれる体質なので慣れているのか
フゥ太が甘えるのにも笑顔で甘やかすといった感じだ

面白くないのはいつも綱吉の側に居ようとする獄寺と
普段はaverage fillで最年少の為、一番甘やかされてるランボだったりする
獄寺は大人気なくフゥ太と綱吉を取り合い
ランボは綱吉に嫌われたくないのでガマンするのだが
二人はフゥ太には何処か裏があるのではないかといつも探っていた

「ねぇ、ツナ兄。」
「何?フゥ太。」
「ツナ兄は将来ボンゴレ事務所の社長を継ぐんだよね?」
「え?何で?継がないよ?」

いきなり訪ねられたその質問は綱吉にとっても他のaverage fillのメンバーにとっても
まさに寝耳に水で一瞬全員がポカンと間の抜けた顔になる

「そうなの?ツナ兄は社長さんのお気に入りだし、そうなのかな?って思ったんだけど。」
「そんなわけないよ。継ぐんならリボーンとかじゃないのかな?」
「そっか…でもリボーンが社長になるなら、ツナ兄はずっとボンゴレに居てくれるね。」
「え?うん、ボンゴレに居るよ?」

そんなフゥ太の言葉に、笑顔でそう返す綱吉に
フと骸が不機嫌顔で会話に加わる

「本当でしょうね?貴方が一番疑わしいですよ。」
「何言ってんだよ、骸。」
「ミルフィオーレ事務所に引き抜き話されたのは何処の何方でしたかね?」
「しっかり断ってきたんだから、骸が不機嫌になる事ないだろ?」
「貴方はこの業界をわかってませんからね。フラフラと…もっとしっかりしてくださいって僕は言ってるんですよ。」

ミルフィオーレ事務所からの引き抜きの話は
average fillのメンバーにとっては大きな不安材料で
綱吉がaverage fillから居なくなってしまったらどうしよう…という思いは
骸じゃなくとも他のメンバーも少なからず感じている

「そうなの?ツナ兄。」
「ん~引き抜きの話があったのは本当だけど、しっかり断ったんだよ?」
「ふ~ん。僕はツナ兄がミルフィオーレに移籍するならそれでもいいよ?」

綱吉にすごく懐いているフゥ太がそう言ったので
綱吉のみならずaverage fill全員が少し驚いてフゥ太を見る

「ツナ兄が移籍するなら、僕もミルフィオーレ事務所に行くから。」
「え?なんで?」
「だって、僕はツナ兄が居るからボンゴレに来たんだもん。ツナ兄が居るならどの事務所でもいいよ。」

そのフゥ太の言葉にaverage fillのメンバーはハッとして顔を見合わせる
綱吉と共にaverage fillで居たいのなら確かにそういう選択肢もありだ
しかし、そんなに上手くはいかないんじゃないか?と

「安心しろ、オメーら全員手放す気はねーからな。」

そう背後から聞こえたリボーンの声に
average fillの面々は安堵の表情で振り返る

「撮影はじめるゾ、ツナと山本はさっさと着替えて来い。フゥ太も準備しろ。」
「はいはい。」

リボーンのその声に現場は慌しくなっていく
綱吉は山本と連れ立って着替える為に控え室へと足を向ける

「リボーン、僕も?ずっとボンゴレにツナ兄と一緒に居られるかな?」
「フン。ツナと一緒に居てーんなら、オメーももっと精進しておけよ?」
「うん。僕の夢は、ツナ兄ともっとしっかり共演する事だからね。」
「そうか。…ならその夢は叶うゾ。」

綱吉たちの背中を見送るように見つめながらフゥ太がリボーンに言う
リボーンのその答えに、どういうこと?と首をかしげると
目の前に次回撮影分の台本を差し出された

「次回から、オメーの役はツナの弟だ。加筆修正した、オメーの演技楽しみにしてるゾ。」
「…これ、ほんとに?僕がツナ兄の弟役?」
「オメーなら出来るだろ?」
「出来ないなんて言わないよ、やったー!すごい嬉しい!」
「まぁ、今みてーにツナに甘えてやればいい。」
「フフっ、それなら簡単だね。」

こうしてボンゴレンジャーのキャスティングは日々変更し続けている

そう、そして今日の撮影で一つの山場を迎えるこの『マフィア戦隊ボンゴレンジャー』
撮影が楽しみだと言わんばかりの不敵なリボーンの表情に
着替えから戻ってきた綱吉は嫌な予感を覚える

「コレは今日の分の変更箇所だ、速攻頭に叩き込め。」

その変更箇所を確認した綱吉は顔を青くし
average fillの他メンバーもギョっとする
その中で、唯一の敵キャラである骸はクハハハと笑い出す始末

「早朝の子供番組だよな?いいのかよ?こんなの…。」

綱吉はそんな骸を後目に、そう一言呟いて肩を落とした





__________
先日はスパコミお疲れ様でした!!
スペースまで足を運んでくださいました皆様に感謝です。
本当にありがとうございました。
本の売れ行きが思った以上に早く…買えなかったという方もいらしたようで
本当に申し訳ないです。
想定外に皆さんイロモノスキなんですね…(笑)

冬くらいにLegend of VONGOLA総集編という形の再録本をオフセットで出したいと思います。
本編3巻とこのボンゴレンジャーとその他書き下ろしって感じです。
書き下ろしにはもっとヒバツナとかムクツナとかも書きたいな~
ディノさんも出したいな~とイロイロ考えると100P越えそうですが…

因みに、冬までなんて待てないわって方がいらっしゃれば
夏コミに受かったら完売してしまった1~3巻までを受注再版します。
受かったら申し込み受付の告知しますので、もう少々お待ちくださいませ。

うぅ~ん…十分だと思ったんだけど、判断が甘かったみたいで
皆さんにはご迷惑お掛けします…本当にすみません。
オフはなるべく沢山刷りたいと思ってますが…数って難しいですね…

お立ち寄り下さった方の中には
このブログを楽しみにしてくださってるとおっしゃって下さった方も居て
泣きそうなくらい嬉しかったです!!
アイドル本の続きを楽しみにしてくださってた方もほんとありがとうございます!!
アレな感じのキモいプリツナでスイマセン。


えっと、今回はボンゴレンジャー舞台裏でお届けです。
フゥ太は出ないの?ってスパコミの帰りに友人に聞かれたので出番を増やしてみたり(笑)
大人フゥ太も出したいなぁとか思ったのでフゥ太のみ二人出るかも…?
キュラキュラの海外スターとかで、ツナと映画で共演とかしちゃうのはどうだろう?
お互いツナはフゥ太をカッコイイな~とか思って
フゥ太は可愛い人だなぁ~とか思って…ムフフな妄想が止まりません
ディノさんも海外スターて感じよね…フゥ太vsディノさんでツナ争奪か?
いかん…このままだとアイドルネタに侵食される…
オンラインもオフラインも脳内も…







家庭教師ヒットマンREBORN! 日常編【前編】家庭教師ヒットマンREBORN! 日常編【前編】
(2008/07/25)
ニーコ國分優香里

商品詳細を見る


 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。