きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kiss me(兎虎)

※すごい短いです。
※ネタ的な?
※続きません。





「オジサン」
バーナビーのその呼び掛けに、雑誌に目を落としていた虎徹は生返事すらしない。
「虎徹さん!」
「…んあ~?」
語気を強くしてもう一度呼び掛ければ生返事が返ってきた。
久しぶりの取材も何もない休日、バーナビーは虎徹の家に遊びに来ていた。
話すと長くなるので割愛するが、それはもう涙ぐましい努力の末に勝ち取った虎徹と過ごす休日。
何処に出かけるわけでもなく、ただ、ダラダラと一日が過ぎていく平和さにバーナビーは少しばかり何時もの間隔を読み間違えたのかもしれない。

「オジサン、キスしてください」
バーナビーのその言葉は虎徹には聞こえなかったのか、返事もなければ、拒否の言葉も、もちろんキスも返ってこない。
「虎徹さん!キスしてください」
「………」
今度は語気を強くして名前を読んでみる。
一瞬、虎徹がピクッと反応したように見えるが雑誌から顔をあげようともしないし、生返事すら返ってこない。
が、バーナビーはそんな虎徹の横顔を見て、満たされたように微笑んだ。

「虎徹さん、耳…真っ赤ですよ」




_____

たぶん、オジサンの頭の中は大混乱です。
(何言ってんのこの子!?恥ずかしい!この子!!)
てなってると思います。
一応、お付き合いはじめの、付き合うってもどうすれば…?
的な頃のお話という事で。
バニーちゃんは今はオジサンが好意ととれる反応を見せてくれるだけで満足ですが
も少ししたら、ムラムラするんだと思います(笑)

因みに、この話はついったの診断で
『あなたにキスをねだってみたー』ってのをやってみたら
下記のようになったので

『バニーが虎徹にキスをねだってみたが無視された。聞こえなかっただけかと思いもう一度ねだってみたが、また無視された。絶対わざとだ。 http://shindanmaker.com/164919』
スポンサーサイト

きんせんか(ロック刹)


世界は哀しい
世界は歪んでいる

宇宙ではじめて地球を見たとき
地球が丸く美しい形のままである事に
安心感よりも違和感を感じたのを覚えてる

俺たちがやっている事もまた戦争…
そんな事はわかってる
戦争を根絶する為のテロ
テロを根絶する為の戦争
テロが戦争を生み
戦争がテロを生む

堂々巡り
永遠に廻り続けるメビウスの輪

だったらこんな世界は
こんな運命の輪は
ぶった切って壊してしまうしかない

壊れた先からこぼれるモノがあったとしても
それでこの世界が壊滅してしまったとしても
悲しみの連鎖を未来永劫続けるくらいなら

理想論…
そうだとしても
理想を無くした世界に未来は無いだろう?

理想論や空想論を語るだけでは世界は変わらない


「変革は恐怖か、希望か…ってな。」
「何だ?ロックオン。」

無理やり連れてきた食堂で
黙々と食事を取る刹那に
会話を持ちかけるのはいつも俺からだ

食事時に限らず
刹那が自分から言葉を発する事は少ない

「お前もそう思うよな?刹那。」
「変革…。」
「そうそう、ガンダムマイスターとして変革は希望だよなってことだ。」

ガンダムマイスターとして…
刹那にとって、それだけが全て
いや、俺たちマイスターにとってはそれが全てだ

「変わらないものなんて、ない。」
「そうだな。…なら、刹那も変わらないとな~?」
「俺…?」
「そうだ。もっと人と話をするとか、ニッコリ笑うとか、してみろよ。」
「…。」

何も難しい事じゃないだろうとは思うが
刹那にとっては難しいことなんだろう

どうしたらいいのかわからない
そう言いたげな顔で俺を見る

「あぁ~。まぁいきなりは無理か?」
「ロックオンみたいにはできない。」
「そっかぁ?難しくはないぞ?」

そう言ってやると
刹那はしばらく食事を目の前に固まった
笑顔を作ろうとしているのか少し顔の筋肉が動く

それでも、わからないと言う表情で俺を見る
ははっ、ガンダムマイスターが可愛いもんだ

「わかった。とりあえず、お前から話しかける事からだな。」
「…。」
「変わらないものは無いけどな、変わるのは簡単じゃないって事だな。」
「そうだな。」

世界を変えるためにガンダムがあるように
刹那が変わるために俺があればいい

刹那が屈託なく笑顔を見せる事ができるようになったなら
俺たちのしている事が、机上の空想論じゃないと
信じられる気がする





__________

2月8日
誕生花:きんせんか
花言葉:悲しみ・用心深い
(ロックオンが…とりあえずホノボノしたくなりました。暗いのも書きたいです。)







機動戦士ガンダム00 2機動戦士ガンダム00 2
(2008/02/22)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る


パンジー(アレ刹)


刹那はあまり多くを語らない
言葉数が少ないのは人の事は言えないけど
刹那は極力人と接しない

まだ全てを達観するには幼いと思うのに
全てを諦めた顔で世界を見る
そのくせ全てを変えようと挑む

秘密主義はガンダムマイスターの特権とも言えるし
僕だって自分の事を話したいとは思わないけど
知りたいと思った

その瞳の先に見ているモノを…

「刹那。…めずらしね、君がこの時間にココに居るなんて。」
「…アレルヤ。あぁ、ちょっと。」
「何か、考え事かい?」
「いや…。」

イエス・ノーをはっきり答えてくれるわけでもない
そんな刹那との会話は少し難しいけど
面白いと思える

少しずつ刹那という個人を知る
もっと刹那を知りたいと思う

何を思っているのかな?と
刹那の横顔を見る時間は好きな時間だ
彼はまだ幼いはずなのに
とても大人だとも言える
まぁ、行動は時々子供っぽいんだけど…

僕としてはそういう刹那は人間らしくて嫌いじゃない

子供が子供らしく生きられない世界
人間が人間らしく生きられない世界

そんな世界は変わらなくてはいけない
変えなくてはいけない

「君が見ている世界はどんな世界なんだろうな…。」

物思いにふけったように
一点をボーっと見つめる刹那に
僕の声は届いていないだろう

それでもいい
僕を仲間として受け入れてくれている距離
気持ちの良い距離だ

「…何か、言ったか?アレルヤ。」
「いいや。独り言さ。」
「そうか。」

僕たちは対等だ
ガンダムマイスターとして
一人の人として
それだけで僕にとって世界は明るい

世界は色とりどりに輝きを見せる
そう、この輝きを失う事のないように
この輝きを知らずに生きる人の居ないように

刹那の見る世界も
輝いていればいい

その輝きを僕がもたらす事ができたなら
それは嬉しい事だけど…

「刹那、スメラギさんから召集だよ。行こう。」
「…あぁ。」





__________

2月2日
誕生花:パンジー
花言葉:物思い
(00にハマってしまった自分が怖い…アレルヤも好きだ。)







機動戦士ガンダム00 3機動戦士ガンダム00 3
(2008/03/25)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る


カロライナジャスミン(ロック刹)

※ちょっぴネタバレ?…かもです。
 たぶん大丈夫。







生きるために…殺せ

声が聞こえる
耳に障る声
俺の信じていた世界の声


「刹那。まだ起きてたのか?身体休める事も大切だぞ?」
「わかってる。」

プトレマイオスの一角
宇宙を一望できるデッキで
ただ外を一心に眺める俺に
背後から声がかかる

子供に接するように優しく
穏やかに諌めるような声音

この声は違う
俺の心を支配していた声じゃない

そのロックオンの声は時に怒気を含む事はあるものの
穏やかだ
穏やかだからこそ
俺の脳をめぐるモヤを一瞬飛ばす

「せ~つな。部屋戻って寝ろ。」
「…あぁ。」
「あぁ、じゃなくて。他に言う事あるだろ?」
「…?」
「ったく…おやすみって言うんだよ。」
「あぁ…おやすみ。」

一人で居ると考えなくても脳にモヤがかかる
俺は何なんだ?
俺はどうして生きているんだ?
俺はどうして生まれたんだ?

そして耳障りな声が聞こえる気がする

殺せ
死ね
生きろ
打て
死ぬな
…神様

何が正しいかなんて俺は知らない
わかっているのは
俺は生きていて
そして、俺はちっぽけだという事だけ

俺に何が出来る?
俺に世界が変えられるのか?

そんな事はどうでもいい
俺はそれをしなくちゃいけない
それが俺の願い
それが俺の生きる意味

「刹那。」
「…。」

部屋を出ようとした瞬間に
またロックオンに声をかけられる

寝るのは好きじゃない
何も考えずに眠りに落ちれればいいけど
脳は寝ていても俺の意思に反して思いをめぐらせる

「眠れなかったら、俺んとこ来てもいいからな。」
「子供じゃない…。」
「ははっ、そうか。まぁ、気が向いたら来ればいいさ。」
「ロックオン。」
「なんだ?」
「おやすみ。」
「ああ、おやすみ。刹那。」
「ありがとう。」

その俺の言葉に
一瞬面食らったような面持ちで目を見開いて
豪快に笑う、ロックオン

笑顔は空気を柔らかくする
それをロックオンは体言してくれる

俺は…
どう笑っていいのか、わからない
俺は笑顔を返せていただろうか?

「刹那っ。日本の言葉でな、『寝る子は育つ』ってのがあるんだが、知ってるか?」
「…聞いた事ない。」
「寝ると身長伸びるぞ?って事だ。」
「…。寝る。」
「ははっ!そうしろ、そうしろ。」

寝る前、最後に聞いた声が
ロックオンの笑い声でよかった

脳に声が上書きされる感覚
消えることはないけれど
一晩だけでも
救われる錯覚





__________

1月26日
誕生花:カロライナジャスミン
花言葉:長寿・甘いささやき
(スイマセン…うちのブログにもソレスタルビーイング介入します。)







機動戦士ガンダム00 (1)機動戦士ガンダム00 (1)
(2008/01/25)
宮野真守

商品詳細を見る


ホーリー(ティキアレ)


聖なる夜に
聖なる魂を宿し
神に愛されて生まれてきた

そう…
きっとアレンは天から降ってきた奇跡

神に愛されているのは
自分達ノアの一族だと
そう信じているのはロードくらいのもんだろう
あぁ、ジャスデビも信じてるかも…

俺にしてみれば
この醜い身体
この醜い力
すべて神に忌み嫌われているんじゃないかと
そう思う

本当は俺は不老不死の身体なんか欲しくは無い
愛しい世界が朽ちて行くのを
ただ見守る事しかできないのは
嬉しくなんてない

ただ異端な存在の俺たちは
同じく異端な存在のエクソシストを
忌み嫌うべきなのかどうなのか…

浅黒い肌に漆黒の髪
天の使者と言うにはあまりにも…滑稽だ

天の使者と言うのなら
まさに
あの少年こそが…

真っ白い肌に
輝く白銀の髪
頭上に天使の輪が見えるような
愛らしい姿は

愛しく思いこそすれ
憎む事なんて、俺にはできそうにない

「ティッキー!何ボーっとしてんの?」
「…別に。」
「教えろよ~。」
「ロード、重い。」

今日は聖なる日
彼のように煌めく白が降ってきた

こんな冷たい結晶じゃなくて
温かくて柔らかい彼自信が降り立ったらいいのに
まさに今ココに
彼が降ってきたらいいのに

「…アレンの色だよね。」
「…っ?…何が?」
「雪ってさ、アレンみたい。」

結局、誰もが自分達が異端であることを正当化したいだけの集まりで
異端であっても俺たちは人である事に変わりない
対極な真っ白なモノに憧れる

「真っ白で冷たそうで…ワクワクする。」
「ワクワク…ね。」
「ワクワクしない?あぁ~ティッキーはオヤジだからぁ~?」
「雪にはワクワクしないね。」

彼はきっとこんな真っ白な日に天から降りて来たに違いない
目にもまばゆい光と共に…


「雪に『は』…ねぇ。ふぅ~ん。」





__________

12月25日
誕生花:ホーリー
花言葉:先見・用心
(これもメルマガで流したアレン誕のお話です。何か自分でもわけわからんくなって書いた記憶が…)

☆Happy Birthday Allen Walker☆








D.Gray-man 09D.Gray-man 09
(2007/10/03)
小林沙苗.伊藤静

商品詳細を見る


 | HOME |  »

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。