FC2ブログ

きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ciao! il mio fratello 7(スパツナ)

屋上の扉を開けた時、獄寺と山本は見た事もないような表情だった
驚きを通り越したような顔
それがきっと一番正しい表現だろう

「遅くなってごめんね。」

とりあえず、綱吉は獄寺と山本にそう告げて腰を下ろす
その綱吉の横に当たり前のように座るスパナはまだいいとしよう
スパナが来てからいつもそうだった為、獄寺も山本も多少免疫もでき
スパナとはそういうモノだとして認識もできてきた

しかし何故、雲雀も当たり前のように綱吉の隣に座るのか…

今まで当たり前のように綱吉の両隣を占有してきた二人にすれば
青天の霹靂と言ってもいいくらいの出来事
スパナが来てからというもの、残る一つの座を毎回水面下で争っていた二人にしてみれば
面白くないの一言につきる

手を繋いで屋上に現れた三人を見た時から
獄寺はずっと眉間に皺をよせ、威嚇するように雲雀を睨み
山本は不思議な生物を見るように雲雀と綱吉を交互に見る
何がどうなって…?そう口から出なかったのは奇跡に近い

「先に食べててくれて良かったのに、待っててくれたの?」
「10代目とご一緒したかったので。」
「皆で食ったほうが美味いぜ?」
「そっか、ありがと。じゃ、食べよっか。」

綱吉に向き直る時には普段の笑顔に戻り二人はそう言った

各々、自分のお昼に手をつける中
スパナがお弁当箱を開いて、あ…と小さく声をあげた
綱吉は自分のお弁当箱を開ける手を止めてスパナを見る

「どうしたの?スパナ。」
「コレ、ツナヨシのだ…ママン間違えて渡したみたいだ。」
「え?…あ、ホントだこっちがスパナのだ。」

そのスパナの言葉に綱吉は自分の方のお弁当箱を開けて中を確認する
そしてスパナの言葉通り間違って持って来ている事に気が付いた
とはいえ、お弁当の中身はまったく一緒で違うおかずが入っているわけではない
お弁当箱自体も、それを入れる袋も一緒だったので間違えたのだろう

「何が違うの?」

自分は購買のパンにかぶりつきながら雲雀がそう訪ねる
見て一瞬で気づくなんてどんな違いがあるのか気になるのも仕方ない

「コレです。」

綱吉がそう指し示したのはご飯の上にかかった、そぼろ
味付きのそぼろ卵が敷き詰められたご飯の上に鳥そぼろがかかっている
その鳥そぼろの形がどうやら違っているようだった

スパナの持つ綱吉のお弁当には魚の形で鳥そぼろが乗せられている
そして、綱吉の持つスパナのお弁当には工具の形の鳥そぼろ
あの母親ながら手の込んだ可愛らしいお弁当だ

「はい、コッチがスパナのね。俺のちょうだい。」
「ん。」

お弁当を交換しそれぞれ箸をつける
少し不慣れな手つきで箸を握るスパナもおいしそうにお弁当を平らげていく
沢田家の母の料理を知る者はそれが本当においしいのは食べなくてもわかる

「ツナヨシ…。」
「ん~?」
「ウチのコレとツナヨシのコレ、交換。」
「いいよ。」

そう言って、スパナは綱吉のお弁当箱に鳥のから揚げを入れ
綱吉のお弁当箱から玉子焼きを取る
沢田家の玉子焼きは砂糖の入った甘いやつだ
丁度いい具合に焦げ目の入ったその玉子焼きは見るからにおいしそう
そんな風景は、この二人が本当に仲の良い兄弟なんだと思えるものだった

それぞれご飯を食べ終えてのんびりとしだす
午後の授業まではもう少し時間があるし
お昼を過ぎれば下校まではもう少しだ

「10代目、今日は何処か寄り道して帰りませんか?」
「あ~…今日はスパナと商店街に行く予定なんだけど、獄寺くんも一緒に来る?」
「商店街…?何しに行かれるんですか?」
「スパナがUFOキャッチャーにハマっててさ。」
「何?ソレ…。」

そんな他愛もない会話を少々声を低くした雲雀の声がさえぎる
下校途中にゲーセンに寄り道なんて風紀委員長の雲雀さんに怒られる…と
綱吉がヤバイと顔にありありと書いてソロォ~リと雲雀を伺う

「ソレって放課後デート?…僕も行く。」
「へ?」
「ダメなの?」
「い…いえ、ダメじゃないですけど…。」
「10代目!俺もご一緒させてください!!」
「あ、うん。」

怒られると身構えていた綱吉は雲雀の言葉に拍子抜けしてポカンと雲雀を見つめる事となった
そんな二人に割って入るように獄寺がまくし立てる

何この展開…
綱吉は本日何度目かのその言葉を頭に浮かべた





__________
スパツナの連載も忘れてはいませんよ~
たくさんスパツナに拍手を頂いていて、とてもありがたいです。
ほのぼの兄弟スパツナ話はとっても書きやすい子達ですね~
周りから横槍は入って来ておりますが…
えっと、次回でやっと正ちゃんが登場かな?

ママンならやってくれるだろうと考えたお弁当。
スパナとツナが仲良くあのお弁当食べてたらめちゃくちゃ可愛いと思うんだ








家庭教師ヒットマンREBORN! (22) (ジャンプ・コミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! (22) (ジャンプ・コミックス)
(2008/11/04)
天野 明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Ciao! il mio fratello 6(スパツナ)

※パラレルです。





息せき切って走って来た綱吉は
応接室と書かれたプレートのある部屋の前で
一度大きく息を吐き、そして胸いっぱいに息を吸う
こういう時は思い切りが必要

コンコンっとノックして中からの返事を待つ
いきなり乱入するのは怖い

「どうぞ。」
「…あ、ありがとうございます。」

中からの返事の変わりにドアが開けられ
風紀委員の証であるリーゼントと学ランの人に招き入れられる

「失礼します。」
「やあ、待ってたよ。」

応接室に入ると思っていた阿鼻叫喚の感じは微塵も感じられなかった
何事もなかったかのように普通に声をかけられる
スパナはと見れば、応接セットのソファで出されたお茶をのんびりと飲んでいた
気が抜けるとはこのことだろう

「あ…雲雀さん。えっと、兄がご迷惑をお掛けしました。」

一応の社交辞令とでも言うべきか
とりあえず、その部屋の主にそう言ってスパナの側まで行く
そんな綱吉を雲雀は何かを考えるように見る
スパナは綱吉の声に振り返り、嬉しそうに笑った

「…別に、迷惑はかけられてないよ。」
「あ、そうですか…。なら良かったです。」
「コレ、君のお兄さんなの?」
「あ~はい、そうです。」
「君、日本人じゃないの?」

雲雀の言いたいこともわかる
なんと説明したものかと困ってしまう
別に疚しいところなど何もないのだが
スパナはもうすでに家族だから「養子」という言葉がうまく言えない

「ウチとツナヨシ、血は繋がってないから。」
「…そうなんですよ。まぁ、いろいろあって。」
「そう…。別に何でもいいけど。」

深く追求されなくて良かったと綱吉は胸を撫で下ろす
スパナはソファから立ち上がると綱吉の手を取り部屋を出ようと歩き出した

「あ、ホントすいませんでした。お邪魔しました。」
「ねぇ…。」

とりあえず、それだけ言って綱吉もスパナと部屋を出ようとすれば
後ろから、少し低い声で雲雀が呼び止める
なんですか?と振り向けば雲雀は二人が繋いだ手を睨むように見て言った

「兄弟だからって、ちょっとくっつき過ぎじゃない?」
「え…あ、あのっ!!群れてるわけじゃないんですっ!!」

だから咬み殺さないでと言外に滲ませながら慌ててそう返す綱吉
スパナは特に気にした様子も無い

「ウチはツナヨシが好きだから、だから手も繋ぐ…。」
「好きだから?」
「そう、ツナヨシの手あったかいし。」

綱吉は、おわぁ~何言ってんだこのバカ~っと叫びたいのを必死に堪え
雲雀がどう出るのかに備える
もう当たり前になっているこの男のバイオレンスさをスパナは知らないのだから
大事になるまえに綱吉が何とかしなくてはいけない

しかし、雲雀はスパナのその言葉に何か納得したのか
スタスタと二人の側まで歩いてくると
おもむろに綱吉のもう一方の手をとった

「そう…それなら僕もこの子と手を繋いでいいって事だね。」
「…は?」
「ヒバリもツナヨシ、スキ?」
「気に入ってるよ、咬み殺しがいがあって不思議でおもしろい。」
「そうか…ならライバルだな。」
「そうだね。」

独特の間延びしたようなスパナのテンポと
他人と会話しているようで自分の中で会話を成立させるような雲雀のテンポ
そのお互いマイペースなテンポがうまくかみ合う

ついていけないのは綱吉ただ一人

「え?…えぇ?何?コレ…。」
「ツナヨシ、お昼行こう。」

そうスパナに急かされて
スパナと雲雀に引きずられるように歩き出す
いまだ綱吉の頭は混乱したままだったが…





__________
お久しぶりです。
風邪をひいたり、原稿あったりで放置してしまいスミマセンでした。
お久しぶりの更新はほのぼのスパツナで
スパツナヒバなんていうカオスなサンドの出来上がりです。

うぅ~それにしても
ヒバツナ幻というもっとカオスな三つ巴が書きたい衝動に身を焦がしてます
だって…幻騎士xツナではないんですか?
本誌のあれは幻騎士xツナではないんですか~っ!?
悶えるほどに私の中でまたアレなカップリングが成り立ちつつあるんですが?







コミックカレンダー2009 家庭教師ヒットマン REBORN!コミックカレンダー2009 家庭教師ヒットマン REBORN!
(2008/10/24)
天野明

商品詳細を見る


Ciao! il mio fratello 5(スパツナ)

※パラレルです。





やっとの事で昼休みになった
はやくスパナをむかえに行ってお昼にしようと教室を出る綱吉
声をかけたわけでもないのに二人後ろから付いてくるのには
すでに慣れてしまって気にもならないようだ

「10代目~待ってください~。」
「あ、獄寺くんと山本。先に屋上場所取りしといて!!すぐに行くから。」
「お~う了解。行こうぜ、獄寺。」
「テメェが一人で場所取りして来い、この野球バカ。俺は10代目と…。」
「お~…ツナ早いな~。」

獄寺と山本が少し揉めてる間に綱吉の姿は見えなくなっていた
もちろん綱吉がものすごく早いわけではない
ただ単に視界から消えたと言うだけの話だ
だが、このまま追いかけてスパナを連れて屋上へ行く綱吉とすれ違いになるよりは
先に行って場所を取っておいたほうが綱吉は喜ぶだろう
そう獄寺が考えたかはわからないが、そのまま二人は屋上へ向った

二人と別れ、綱吉は3年生のクラスへ向う
朝のこともあるし出来るだけそうしたくはない気持ちの綱吉だが
スパナを放っておくわけにもいかない

「…あの…。」

恐る恐るという感じで教室の中を窺いながら声をかける
昼休みと言う事もありガヤガヤと騒がしい中では
誰も綱吉に気づいてくれなさそうだ

「あの~…。」

キョロキョロと見回すも目立つはずのスパナの姿が見当たらない
綱吉は思い切ってもう一度教室の中に声をかけてみる

窓側に居た、朝の女子2人があ、と綱吉に気づくと
もの凄い勢いで綱吉の所まで来てくれた
気づいて貰えた安心よりも
その2人の異様な焦りように面食らってしまう

「あの、ス…兄を迎えに来たんですけど…。」
「弟くんっ!!大変なの。沢田くん、連れて行かれちゃったの!!」
「…へ?京子ちゃんのお兄さん…じゃない、笹川さんにですか?」
「違うの、風紀委員長が…。」

恐ろしいものを見たとでも言いたげに、その後の言葉を濁らせる
風紀委員長と言えばあの人しか居ないし
この学校では実質の最高権力者な上、はっきり言って恐怖政治を執行中だ
彼女たちが慌てるのも、言葉を詰まらせるのも納得できる

「…えっ、…雲雀さんが?…なんで…」
「弟くんが来るの知ってたから、止めた方がいいのはわかってたんだけど…。」

そんな綱吉たちの話が聞こえたスパナのクラスメイトたちが
その時の状況を皆で教えてくれた
何だかんだ言って、クラスに馴染めてきているようで綱吉は安心する

彼らの話では、綱吉を廊下にしゃがみこんで待っていたスパナの前を
雲雀率いる風紀委員会の面々が通りがかったらしい
日本の学校では目立つ事この上ないスパナを見て足を止めた
雲雀とその一行を見て、スパナが声をかけたらしい
二言三言、言葉を交わしたかと思ったら雲雀がトンファーを構えたので
コレはヤバイと教室の中の誰もが思ったそうだ
しかし、風紀委員の一人に何かを伝えられると
雲雀はトンファーをしまい、スパナを無理やり連れて立ち去ったのだと言う

「…何言ったんだろ…うぁ~雲雀さんの事教えとくんだったぁ~…。」

その経緯を聞いて綱吉は頭を掻き毟りながらぼやく
そんな綱吉を見ながら、はじめの女子がこう言った

「あ、沢田くんが『ツナヨシが来たらヨロシク』って言ってた。」
「…よろしくって何ですか…?」

思わず顔が引きつる綱吉
3年生のクラスに迎えに来るのとはわけが違う
しかも話を聞く限りでは、雲雀とは穏やかな状況ではなかったようだ

「…あの、おのんきバカ~っ…。」

とりあえず、スパナのクラスメイトにありがとうございます、とだけ伝え走り出す
この時間なら風紀委員は応接室に居るだろうとソコへ向うべく走る綱吉
獄寺くんと山本についてきて貰えば良かった、と今更ながらに思いながら





__________
なんだかいつの間にか完全に連載状態ですね。
いえ、このお話は結構今後の流れも考えてますよ?
まだミルフィの人たち出してないし、まだまだつづくよっ!みたいな感じです。
正ちゃんはもう決まってるんですが
百蘭とかγとかどうしよっかな~
ってかその前に雲雀さんですよね…
いえ、雲雀さん出すとなると、雲雀さんからのベクトルが綱吉以外に向くはずもなく
どうしても綱吉争奪になってしまうので…
酢綱雲と言うよくわからない三つ巴になると思います…ってか、なります。

スパツナに沢山の拍手を頂いておりまして…
コレはスパツナ書けよコノヤローというメッセージなのだと…
色々なトコに足つっこんでスミマセン


後、追記にて参加イベント情報記載しておきます。
新刊情報等です。







家庭教師ヒットマンREBORN!未来編【2】家庭教師ヒットマンREBORN!未来編【2】
(2008/10/31)
ニーコ國分優香里

商品詳細を見る



続きを読む »

Ciao! il mio fratello 4(スパツナ)

※パラレルです。





結局、盛大に遅刻して辿り着いた学校
すでに朝のホームルームも終わるだろう時間帯
ここまで来るとさすがに綱吉も「諦め」というスキルを行使せずにはいられない

下駄箱で靴を履き替えるためにスパナと別れ
上履きに履き替えて綱吉はそのまま獄寺と連れ添って教室へ向おうとする

「ツナヨシ。」
「何?」

自分の教室へ向おうと踏み出すと後ろからスパナに声をかけられる
振り返ってスパナを見ると、不安げな顔で綱吉を見ている

「どうしたの?」

まさか、イジメにでもあっているのかと少し不安になりながら
とりあえず足元を確認する
スパナの履いている上履きは先日母親と買いに行った時のまま真っ白に輝いている
それを見て、典型的なイジメの図は無いようだと綱吉は胸を撫で下ろす

「…ウチ、どこへ行けばいいかわからない。」
「あ、そっか。まだ教室覚えれてないんだっけ?」
「ツナヨシと一緒でいい…。」
「ダメだよ。スパナは3年生だろ。」

綱吉は肩を落とし、シュンとしてしまったスパナの手を取る
こっちだよ、と道順を教えるように指し示しながら歩き出す

「ったく、テメェは10代目のお手を煩わせんじゃねーよ。」
「あ、獄寺くんは先に教室行ってて。授業にも遅刻しちゃ悪いし。」
「ご一緒させてください!!」
「ん~っと…できれば、この事先生に言っといて貰えると助かるんだけど…。」
「了解しましたっ!!お任せください。」

いくら勝手に待っていたとは言え、そこまでつき合わせるのは気が引けるのか
うまく獄寺を誘導する事も忘れない綱吉
賑やかな獄寺が居なくなると、とたんに静けさが大きく感じる
スパナと綱吉は無言のまま3年の教室を目指す事にした


「ほら、ココだよ。」
「うん。」

スパナのクラスまで道案内をして、綱吉はスパナを促す
スパナは教室になかなか入ろうとせず、ギュッと綱吉の手を握った

「スパナ、入らないの?授業始まっちゃうよ?」
「…ウチ、ツナヨシと一緒がいい…。」

いつも口数は少ないながら、沢田家での生活を楽しそうに過ごしているスパナ
しかし、今のスパナは心から気が進まないというように
自分の教室へ意識を向けないようにしているようだ

今まで綱吉の友達に会っても普通に接してこれたが
もしかして、人見知りするのかもしれない
そう思って綱吉は少々緊張しながらも3年のクラスの中に顔を入れて
おずおずと声をかける

「…あのー…。」

廊下近くで話をしていたらしい女子が綱吉の声に振り返る
そのままコソコソっと小声で話をした後、ニコリと綱吉へ向き直った

「何?沢田くんの弟だよね?」
「えっ…あ、そうです。」

『沢田くんの弟』その慣れない単語に少々たじろぎつつ綱吉もニッコリと返事を返し
そのままスパナの手を引っ張って教室内に押し込む

「えっと…俺の、あ…兄はまだ学校に慣れてなくて、迷子になるので…。」

なんだか気恥ずかしい気持ちになりながら
綱吉はスパナをグイグイと押し込めてスパナの後ろに隠れてしまう
なんだろう、この居たたまれなさは…と思いながら

綱吉の声に答えてくれた女子達はまたコソコソっと話をして
ジッと何か聞きたそうにスパナと綱吉を見る

「…授業始まるから…俺行くね。」
「…ツナヨシ…。」

あまりの居たたまれなさに、その場を後にしようとするが
スパナはギュウと綱吉の手を放さない
困ったなぁ~と綱吉がスパナを仰ぎ見れば
スパナは不安そうな顔で綱吉をジッと見ていた

「沢田ではないかっ!!」

こんなに不安そうなスパナを置いていくのも何だかいけない事のような気がするし
でも自分も授業に行かなきゃいけないし
と綱吉が悩んでいると教室の中から聞き覚えのある大きな声

「あ…京子ちゃんのお兄さん。」
「ササ…?なんだっけ?」
「ん?沢田!遅刻だぞっ?」

スパナの肩に手を置きながら『沢田』と当たり前のようにそう呼ぶ
ただそれだけで、なんだか先ほどまでの居たたまれなさが薄くなる

いきなりの転入、2年の男子と同じ苗字なのに明らかに違う国籍
様々な噂をよんでも仕方ない
それゆえに居たたまれない思いは綱吉自身しているのだから
スパナの気持ちもわからないわけじゃない

「もしかして、お兄さんスパナと同じクラスなんですか?」

これからの学校生活に不安に思っていたのは確かだ
だけど、綱吉のクラスに獄寺や山本が居るように
スパナのクラスにスパナの力になってくれそうな人が居るのは心強い

「そうだ、沢田はウチのクラスだ。」
「そうなんだ。あの、スパナまだ教室覚えてなくて…。案内とかしてあげて貰えませんか?」
「そうなのか?問題ないっ!!俺もわからんっ!」

えぇええっ!?この人3年間通ってんのに?と叫びはしないものの心の中でツッコミをいれる
途端にまた違った不安が先ほどよりも大きくなるが
寂しがりやなスパナの事だ、一人じゃなければ気もまぎれるだろうし
笹川が一緒ならシリアスな話しを周りが持ちかける事もないだろうと思いなおし
ニッコリ笑顔で笹川にスパナを押し付ける

「スパナ、迷子になったら携帯で連絡してくれればいいよ。」
「ツナヨシ…一緒にいてくれないのか?」
「俺にも授業があるんだって。昼休みにまた来るから…ね?」
「兄弟と共に居れない不安は俺にもわかるぞ!だが、ココは学校だからなっ!!」

笹川の笹川らしからぬ常識的発言にクラス中が一瞬静まり返る
綱吉も少し驚いた顔をして笹川を見た後
軽くスパナに手を振って3年のクラスを後にした





__________
あまりにヘタ○アに侵食されてきてしまったので(私の脳内が)軌道修正。
今回、雲雀さんも出そうと思ってたのに極限兄ちゃんだけになっちゃった
雲雀さんはきっとまた今度。
極限兄ちゃん書くと、シリアスな展開になりきれないなぁ~と思ったり
それが楽しかったり(結局ギャグが書きやすい…)

実は、ヘタ○アwithREBORN!ネタはまだあるんですが…
うん、希日がスパツナに見えるとかそんなネタとかね(苦笑)
成人指定要素が出てきそうなのでブログでは自重しようかなぁ~っと思ってます
本家を改装予定なので、そしたらヘタリ○コンテンツ作ろう。
そしたら、先日言ってた英日(米日)のシリアス話も書こう…(決心)

まぁ…いろいろカオスですが(このブログが)仕方ありません。
何故って私の脳内がカオスだから…
私もこの脳内のカオスっぷりには諦めるので
皆さんも諦めてくれると嬉しいです







家庭教師ヒットマンREBORN! オリジナル・サウンドトラック~標的3~家庭教師ヒットマンREBORN! オリジナル・サウンドトラック~標的3~
(2008/08/20)
TVサントラ

商品詳細を見る

Ciao! il mio fratello 3(スパツナ)

※パラレルです。





「ちょっ、スパナ。もう少し急ぐとかないの?」
「そうだな、急がないと遅刻だな。」
「わかってたら急ごうよっ!!」

結局、遅刻ギリギリで家を出た綱吉とスパナ
気が急く綱吉とは裏腹にスパナはのんびりと歩く
早朝の空気を満喫しているかのように

「10代目~っ!!奇遇ですね。」
「…獄寺くん…、おはよ。」
「ciao、ゴクデラ。」

だいぶ前からこちらを窺う獄寺の姿は見え隠れしていた
とても奇遇とは言いがたい登場

「っていうか、獄寺くん遅刻するよ?」
「そうですね、急ぎましょうっ!!」
「ツナヨシ、アレなんだ?」
「何?」

さっきまで、のんびりとではあるが歩を進めていたスパナが
通りがかった公園の中を指差して立ち止まった
その指差す方へ目線を移せば、公園の遊具たちが見える

どうやらスパナが指差しているのは飛行機型のジャングルジムのような遊具
昔はよく遊んだな~と思い出す
まぁ、高いところにコックピット風の場所があるので
綱吉には苦手な部類の遊具だ

「飛行機の遊具?」
「ヒコウキ…あれ、どうやって遊ぶんだ?」

スパナの目がキラキラ輝いている
これは、このままだと遅刻どころか無断欠席になりかねない…

「スパナ、今度にしよう?飛んでったりしないから。遅刻しちゃうよ。」
「そうか…わかった。」

スパナは少し残念そうにしながらも学校への歩を進めてくれるようだ
ただ、どれだけ急がせようと思っても
イタリア人であるスパナには日本の時間厳守の慣習はない

この分では、今日も遅刻決定だ
校門前に風紀委員が居ませんようにと祈る綱吉
とは言え、この分だと風紀委員が風紀指導を行っている時間帯には
とうてい間に合わないだろう
わかっていても急いでしまうのが日本人

「スパナ、もちょっと急ごうよ~。」
「ジャポネーゼはせっかちだ…。」
「スパナがのんびりすぎるんだってば。」
「そんな事ない。ウチは普通だ。」
「テメーが10代目のお義兄様じゃなければ置いて行ってるぜ…。」
「ゴクデラは先に行っていい。ツナヨシが居れば迷わない。」

遠くに予鈴の鐘の音が聞こえてくる
確実に遅刻決定だ

どこまでも真面目な日本人である綱吉は気が気じゃない
遅刻がわかっていても、聞こえてきた鐘の音に走り出さなくてはと気が急く

「も~、早く行こうよっ!!」

少しでもスパナを急かしたくて
綱吉はスパナの手を取り足早に歩き出す

少しジトッと嫉妬と羨望の眼差しでスパナを見た後
獄寺は、二人を追うように歩を早める

いきなり現れた綱吉の兄、スパナは
綱吉の周りの者に微妙な確執を産みながらも
徐々に受け入れられているようだ





__________
獄寺はやっぱりこんな役回りに…
でもツナの兄と言う立場でなければ敵とみなされたと思います。

公園にありましたよね?飛行機の形した遊具
アレ結構好きでした。
あと、うちの近所にあった迷路の遊具も好きだった。

のんびりなスパナと焦るツナ。
私のイタリア人と日本人のイメージで…。







家庭教師ヒットマン REBORN!DS フレイムランブル超(ハイパー) 燃えよ未来 特典 リボーン特製DSツール付き家庭教師ヒットマン REBORN!DS フレイムランブル超(ハイパー) 燃えよ未来 特典 リボーン特製DSツール付き
(2008/07/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 | HOME |  »

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。