きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eyes on me(獄ツナ)

※2000HIT、キリバン譲渡のお話です。
 劉牙マナちゃんへ捧げます。






「コラ、ランボっ!!またお前は~っ。」
「ツナ何してんの~?オレっちこっちだよ~!!」

夏休み、課題を一緒にやろうと10代目のお宅を訪ねてみれば
アホ牛が10代目を困らせているらしい喧騒が中から聞こえてきた
もうそろそろ、本気で果たしてもいいんじゃないかと真剣に思う

やっぱりダイナマイトで…などと
アホ牛を葬る方法を思案していたら、玄関の扉が開いた
まだ呼び鈴も鳴らしていなかったので、少し驚く

「あら?獄寺くん。いらっしゃい。ツっく~んっ!!獄寺くん来たわよ~っ!!」
「あ、獄寺くん。上がってて、ちょっとランボ捕まえてくるからっ。」
「あ、はい。…お邪魔します。」
「ゆっくりしてってね~。ツっくん、お留守番よろしくね。」

どうやら、10代目のお母様は買い物に出かけるところだったようで
そのまま出かけてしまった

10代目はアホ牛に構っているし
上がっててと言われても
勝手に10代目のお部屋へ行っていていいものかわからず
俺は玄関に立ちすくむ

楽しそうなアホ牛の声が耳に障る

それに…
今日は早く課題を終わらせないと…

夏休みは始まったばかりで、必ず今日中にやらなきゃいけないわけじゃない
だけど、リボーンさんからのお達しでノルマをこなさないと出かける事が出来ない

今日は、前から約束していたのに…
覚えていますか?10代目

「10代目…。」
「捕まえたぞ~ランボっ!!コチョコチョの刑だ~。」
「ギャハハッ!!ツナっコチョコチョやめろ~っギャハハハ~っ!!」
「…10代目。」
「あ、ゴメン。獄寺くん、待たせちゃった?」
「いえ、宿題しましょう!!」

ちょっと自分でも宿題ひとつにこの意気込み具合はおかしかったかも…と思わないでもない
でも今日は、時間がもったいない気がして

「そうだね、じゃあお茶持ってくから上行ってて。」
「ツナー、オレっちジュース。」
「ジュース飲んでいいから、大人しくするって約束するんだぞ?」
「わかったから、ジュースっ!!」

アホ牛にジュースを与えて何とか大人しくさせる
まぁ、ジュースだけでそんなに時間は稼げないだろうことはわかっていても
とりあえず大人しくなったことに安堵する

はっきり言って、今日は騒ぎ出そうものなら
有無を言わさず果たしてしまいたいくらいだ
今日だけは邪魔はするなよ

「母さんが帰ってくるまでに終わらせちゃおうね。」
「そうですね、それを目標にしましょう。」

俺の意気込みに何かを感じたのか
10代目がそんなことを言う

覚えてくださっていなくてもいいんです
ただ、できるだけたくさんの時間をこの後過ごしたいだけなんです

「獄寺くんが一緒なら、絶対終わるよ。」
「はい。」
「それで、母さんが帰ってきたら浴衣着せて貰おうね。母さん、獄寺くんの浴衣も用意してたから。」
「え…。」
「並盛商店街の納涼祭、行くんでしょ?約束したもんね?」

ニッコリ笑って10代目が言う
覚えていてくださった
それがすごく嬉しくて

10代目も今日を楽しみにしていてくださったんだろうか?とか
10代目の浴衣姿楽しみだな~とか
どんどんお祭り気分になっていく

「ツナーっ、オレっちもユカタ着る。」
「ランボのも母さん用意してたと思うから安心しろって。」
「んでね~ツナと一緒に行く~。」

このアホ牛…今のうちに抹殺した方がいいんじゃないかと
思わずダイナマイトに手が伸びる

「ランボは母さん達と行けよ。」
「なんで?ツナと一緒がいい~っ!!」
「母さんと一緒の方が色々買ってもらえると思うよ?」
「…やっぱり、ママンと一緒に行くもんね。」

まさか、10代目も俺と二人がいいって思ってくれているんだろうか…
気分はどこまでも舞い上がる
浴衣姿の10代目と二人きりで…



結局、課題は10代目のお母様が帰って来る前に終わらせる事ができた

10代目は生成りの生地に藍色のトンボの浴衣
背中に涼しげな金魚の団扇を挿していて、ほんとうに似合っている
俺も藍染めに白抜きの渦柄の浴衣を着せてもらった

10代目が歩くたびに帯から出た小銭入れの鈴が鳴り、下駄の軽やかな音がする
外は日が落ちてきて日中よりはだいぶ暑さが和らいでいる

行く道すがら俺たちと同じように浴衣姿の人々
でも…10代目が一番素敵だ
なんだかあまりに10代目が素敵で鼓動が早くなる

「人多くなってきたね。」
「そうですね。」
「獄寺くん。手つなごうか。」
「えっ…!!」
「はぐれないように…さ。」

差し出された手をギュウっと握る
今、絶対赤い顔してる…夕陽が隠してくれればいい
キュッと握られた手の感触に10代目をそっと見れば
10代目も心なしか少し赤い気がする…
…夕陽のいたずらかもしれないけど





__________
大変長らくお待たせいたしました。
キリバン2000HITのリクより、獄ツナです。
劉牙マナちゃんに差し上げたいと思います。
お待たせしてしまってスミマセンでした~。
お気にめして頂けるかはわかりませんが…どうぞ、貰ってやってください。

夏と言えば、夏祭りですよね~?
精一杯イチャコラさせてみました!!
ランボとツナがナチュラルに兄弟みたいなのが好きなため
ランボがいっぱいですが…
いっつも獄寺からの一方通行なお話ばかり書いているので
今回はツナからも信号を出してみました(笑)
獄寺相手だとツナが否定的なばかりじゃ進展しない…んだよね。







家庭教師ヒットマン REBORN! マイクロファイバーミニタオル 2008夏 ツナ家庭教師ヒットマン REBORN! マイクロファイバーミニタオル 2008夏 ツナ
(2008/06/28)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Time Lag 2(ヒバツナ)

※1827HIT記念の小話です。
 どうしても、ツナ視点でも書きたくなっちゃったので…





「俺、…雲雀さんの事が好きです。」

そう言葉にしたとたん
深くなる想いに
正直、俺自身戸惑っていた

「好き」と言う言葉が
とても神聖なモノのように感じる

言葉にしてしまった事へのうしろめたさと
言葉にしてしまった事への興奮と…

でも、「好き」とそう言葉にして
改めて感じる想い
あぁ、やっぱり俺は雲雀さんが好きなんだ

雲雀さんを伺うと…困った顔

はじめて見た雲雀さんの表情に
高揚した思いは
空気の抜けた熱気球のように
萎んでどんどん落ちていく

今、感じるのは『後悔』だけ…

それでも、雲雀さんの前では笑っていよう
俺に出来ることは、それだけだから…


「あぁ~…自己嫌悪だ。」
「どうした?自己嫌悪なんていつもの事じゃねーか。」
「リボーン…。まぁそうなんだけどさ~。今日のは失敗。」
「雲雀にふられたか?」
「…っ!!何で知って…、どっかで見てた…?」

その的確な指摘に思わず疑ってしまうのも無理は無い
なにせ、この家庭教師は神出鬼没だから

「見てたんなら早いや…そうなんだよ。…あぁ~何で告白しちゃったんだろ~…。」
「…。」
「いや、好きだからなんだけどさ。言わない方がよかったよな…。」
「なんでそう思うんだ?」
「だって、雲雀さんを困らせちゃったから。」

そう、困らせてしまった
自分の中で想うだけだってよかったはずなのに
言葉にしたのは自分のエゴ

これ以上傷つくのは怖い…
そう思うのも正直な気持ちだけど
それ以上に…
雲雀さんは雲雀さんのままであって欲しい

だったら、俺に出来るのは
今までと同じ距離を保つ事
近すぎず、離れすぎず
友達でもなく、他人でもない
会ったら挨拶してニッコリ笑う

うん、いつもどおり…

「リボーン!またお前学校に来てたのか?」
「迎えに来ただけだゾ。今日はこのまま特訓に行くからな。」
「今からかよ~…。」

リボーンは最近、失恋した俺を気遣ってか
よく学校に現れるようになった
まぁ…修行だ試練だと言ってやりたい放題だから
俺を気遣って…とは思えないんだけどさ

ただ、一人で居るよりはいい

リボーンなりの優しさに
甘えてしまっている気がしないでもないけど…

もう少し
もう少し時間が経てば
きっと自分の気持ちが整理できると思うから

それまで
もう少し甘えさせて貰ってもいいかな?とか思う


背中に刺さる視線は
俺のせい
振り返ってまで視線を見つけるのは
いつもどおりじゃない…

俺の言葉で雲雀さんを困らせて
俺の言葉で雲雀さんを縛ってしまった

あの言葉が色あせるまで
あの言葉が思い出になるまで
俺が振り返るのはルール違反…だよね?

そんなふうに自分を正当化して
結局は、その視線に真っ直ぐ向き合う勇気がないだけ…

哀れみ?蔑み?
それともただの好奇心?
まだ、その視線に向き合うのは怖い
俺の言った「好き」が風化するまで
もう少し時間が欲しい


「…沢田…。」
「うわっ!?…は、はい?」

背後からいきなりかけられる声は
聞き間違えようもなくて
心臓が口から飛び出るかと思った

「ねぇ、こっち向いてよ。」
「えっと…何か御用ですか?」

恐る恐る、身体ごと振り返る
下を見て息を大きく吸って
思い切って顔をあげる

まだ、真っ直ぐ雲雀さんと向き合うのは怖い
その瞳が否定を紡ぐのを見るのが怖い
目が泳ぐ…

「もっと、しっかり僕を見て…。」

唇に触れた感触に目を見開けば
雲雀さんと目が合う

困ったような、安心したような表情

「えっ…。」
「…君が僕を好きだって言ったんだけど…忘れたなんて言わないよね?」
「い、言いません…けど、…え?…えぇっ??」

困った顔はしてるけど
雲雀さんの瞳は拒絶を表していない
訪れるのは安心と混乱

「君が、僕を見ないのは面白くないんだよ。」
「…雲雀さん…その言い方はズルイです。」
「言葉になんてしないよ、僕は…そのかわり…。」

再び触れる唇に自然と笑顔になる
もっと早くに怖がらないで向き合えばよかった

「いいね、その顔。」

「…なんだ、つまんねーな。」
「リボーンっ!!」
「…赤ん坊。」
「もっと迷って焦ってれば面白かったのにな。」
「悪趣味だね…君は。」
「褒め言葉だな、それは。」

なんだかちょっとリボーンが不機嫌な気がしないでもないけど
結局コイツは頭抱えてもがいてた俺を
面白がってただけなんだよな…
まったく…

でも俺が雲雀さんを見れば
真っ直ぐ視線が返ってくる

いっぱい悩んで
いっぱい迷った
だからこそ向き合えることが
こんなにも嬉しい





__________

ほんとは、リボーン視点でも書きたかったんですが
それはまぁ別の機会にします。
というか、ハッピーエンドにしたいなぁと思っただけだったり(笑)
ツナ視点からお話を書くことが少ないので
ツナ視点だと難しいですね~…
勝手が違うというか何というかです。

こちらも、フリーにさせていただきますので
両方持ち帰るもよし
かたっぽだけ持ち帰るもよし
お好きにどうぞです。
あ、サイトに上げる方はブログ名か私の名前だけでも記載お願いします。







500ピース 家庭教師ヒットマンREBORN!守護者たちとともに 500-L99500ピース 家庭教師ヒットマンREBORN!守護者たちとともに 500-L99
(2008/03/24)
不明

商品詳細を見る


Time Lag(ヒバツナ)

※1827HIT記念の小話です。
 だいぶ遅くなりましたが…








「俺、…雲雀さんの事が好きです。」

そう言ったあの子の表情は真剣で
嘘を言っているようには見えなかった

ただ…
僕には「好き」がわからない

あの子の気持ちを信じないわけじゃないし
あの子にそう言われて嫌だったわけじゃない
それに、僕の中で確かに君は特別だけど
「好き」って言うのがどういうことか
わからないんだ

「僕には、わからないよ。」
「…そ、うですよね…あはは…。」

言葉をどう選んでいいのかもわからないから
そのまま返した僕に
あの子は困ったように哀しそうに笑った

「いいんです。ただ、言いたかっただけですから。」
「…。」
「忘れてください。」

そう言って僕に微笑んだあの子は
さっきの哀しい色を押し隠した顔で
やさしく笑う


今、思えば
君はずっと優しかった


「10代目~おはようございます。」
「おはよ、獄寺君。」
「よっ!ツナ。」
「おはよ、山本。」

校門前で風紀検査をしていれば毎朝君が目にはいる
誰にでもやさしく笑顔で接する君

「あ、雲雀さん。おはようございます。」
「おはよう。」

僕にもおなじ笑顔であいさつして
そのままいつもの二人と連れ立って行ってしまう

君のあの言葉はなんだったの?とか
詰め寄る気はないけど…

どちらかと言えば、変わらない君に安堵さえしていたけど…

君は変わらず笑ってくれる
わからない僕のままでもいいんだって
そう思えた

僕が変わらなくても
君はかわらず近くに居てくれるんだって
そう思ってた

僕たちはずっと変わらないまま
距離をもって
ずっと…

でもそれは
世界に僕と君しか居ない場合にしか成り立たない

変わらない僕に
僕の知らない所で変わっていく君
そんな僕たちに永遠なんてない

だって君は僕をおいて
変わってしまう…
僕だけココに残して
変わっていってしまう…


「リボーン!またお前学校に来てたのか?」
「迎えに来ただけだゾ。今日はこのまま特訓に行くからな。」
「今からかよ~…。」
「行くゾ。」

校門前に赤ん坊を見つけた君は
一目散に彼の元へ駆けつける

2、3言葉を交わして
疲れたような呆れたような表情をしてみせる

でもあの子が赤ん坊を見る瞳は
いつも僕が見る瞳と違う
あの子は僕にあんな顔はして見せない
あんな安心しきったような、信頼しきったような顔は
僕には見せたことがない

立ち去り際
赤ん坊が僕を見て、少し笑った気がした…

あの子は自分のモノだと
奪えるものなら奪ってみろと
そう言われたような
挑発的な笑み

ねぇ…
君は今まで誰にもそんな顔して見せなかったでしょ?
全てを受け入れた表情で笑顔を見せることはあっても
誰にも気を許しはしない野生動物のような顔で
誰とも一線引いて向き合っていたでしょ?

そんな君だから
僕は変わらなくてもいいんだって
そう思えた

君は変わらない
君は誰にも心を許さない
だから…
僕もそれでいいんだって
思ってた

君と僕は似た者同士でしょ?
群れるのを嫌うモノ同士でしょ?

君は僕を好きだと言ったのに…
それなのに
君は僕に心を許してくれない

わかってる
ほんとはわかってる

僕が君の心を受け入れなかったから
僕が君の心を理解しなかったから

ねぇ…
今更遅いかな?

たとえ、今更だったとしても
今わかったんだ
「好き」がどういう事か
君が僕にとってどういう存在か

僕は君がくれた言葉を失っていない

ねぇ、君は今でも僕を「好き」?





__________

1827HITを記念して…
っていつの話?とか言うツッコミはなしの方向でお願いします。
キリバン保有者不明で譲渡していないので
お持ち帰り自由にさせていただきます。
出来たら、ご報告を拍手かコメントに残していただけると嬉しいです。

うん。なんかセツナイのを書きたかったのだけど…
なんだかセツナクなりきれなかったなぁ
雲雀さんと恋敵になれるのがリボーンかディーノさんかなぁと思ったのですよ。
骸…もいいんだけど、骸書くとお話があらぬ方向へ行きそうだったので…
自粛してみました。







家庭教師ヒットマンREBORN! Bullet.6家庭教師ヒットマンREBORN! Bullet.6
(2007/06/29)
ニーコ、國分優香里 他

商品詳細を見る


ハニーハニー(ヒバツナ)

※1818HIT、キリバンご報告ありがとうございました!!
 キリバンゲットの真琴サマへ捧げます。






君は甘く芳しく
まるで純粋な蜂蜜のよう
それも春の日差しを思わせるクローバーハニー

君が微笑むとふわりと柔らかくシロツメクサの香りがするような…


「綱吉…走るよ。」
「はい。」
「後ろ振り返ったらいけないよ。」
「…。」

春のような君が選んだ場所は
暗くて、湿ってて、季節などないような世界

振り返れば
たくさんの屍の上を歩いている
そんな残酷な現実に気づいてしまう

君から笑顔を奪うもの
それが例え僕だとしても
僕は許す気にはなれないんだ

だから君の闇を僕に背負わせて?
僕の光を君が握ってて?

そうすれば
僕たちは決して離れる事なんてないでしょ?


「雲雀さんっ…出口ありましたよ。」
「僕が先に行くよ。」

ココに進入する時になぎ倒した体躯が転がる上を走る
罪悪感などとっくに捨てた

僕が今も大事に持ってるのは
ただただ純粋な想いだけ…


進入して来た際に作った壁の穴
外からは敵の気配がする…
ココは使えないね

普段の僕なら迷わず突進したけれど
今日は君が居る

一瞬でも君から意識をそらしたくない

「綱吉、こっち。」
「え…!?もしかしてまた穴あける気ですか?」

僕が作った入り口から離れた場所に出口を作る
路地を走って郊外へ


「はぁっ…。もう、追って来ませんね。」
「まぁ街で撒いて来たからね。」

走って走って
イタリアと言う未知の土地で辿り着いたのは


青い海を望む
緑の丘の上の協会

丘はクローバーに覆われている
教会の外壁は隙間なくツタに覆われ
忘れ去られた建物のもの悲しい様が見えるよう

それなのに空と海は青く
丘は幸せな緑で覆われている
奏でられる事のない鐘の音はどんな音がするんだろう

「スゴイ…所ですね。」
「うん。…君みたいな場所だね。」
「…ど、どういう意味でしょう?」

幸せな色
幸せな空間
その中心にある寂しい建物

見る人が見れば、あの教会も美しさの象徴
純白だったはずの壁は
ツタに護られるように覆われ
その傷さえツタに隠れて見えない

そうやって自分を戒め、押し隠し
幸せだけを皆が感じれるように
彼自信が幸せの象徴だなんて思いもしないんだろうね

「や、ほんと…どういう意味ですか~っ。」
「良い所だね。」
「…そうですね。ほんと景色もいいし。」

君の靴には赤黒くこびり付いた血
その足元には
季節外れのシロツメクサと
四葉のクローバー

抗争に明け暮れるような日々
倒れる人を見ない日はないと言える日々

それでも君は
その闇にまみれた足で
幸せを踏みつけることなく存在する

「好きだよ。」
「俺もです。ココいいですね。」

鈍感は成長してもなかなか治らない

「…君が。」

足元の白い花とクローバーを踏まないように抱き寄せる

硝煙の匂いのする僕たち
幸せの緑の丘

抱き合い、そっと口付ける…

彼の顔を覗きこむように微笑めば
戸惑いがちに返される微笑

「…俺も、です。」





___________

1818HIT
ヒバツナでほのぼの甘めというリクだったのですが…
…違うくね?
力不足…すみません。
キリバンゲットされた真琴サマのみお持ち帰りOKです♪
ありがとうございました~!!







 | HOME | 

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。