きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月バカ認定試験(獄ツナ)

「ただいま~。」

帰宅した綱吉は入れ違いのように部屋から出てきたリボーンと鉢合わせた
どこか機嫌がいい様子のその家庭教師
こういう時はよからぬ事を考えている事が多いことは
今までの経験上予想がつく
声かけたくないなぁ~と思いながら綱吉はリボーンに話しかける

「どっか行くの?」
「…ちょっとな。」
「ふーん。」

とにかく関わりたくない綱吉は適当に相槌をうってグラスに注いだお茶に口をつける
機嫌のいいリボーンには関わらないのが得策なのだ

「ツナ、今日が何の日か知ってるか?」
「ん~?わからないなぁ。誰かの誕生日とか?」
「そうだな、山本の親父の誕生日だったな…でもそうじゃねーゾ。」
「へぇ、山本のお父さん今日誕生日なんだ~…ってなんでリボーンが知ってんの?」
「…話をそらすな。他に何の日かわからねーか?」

何とか本題に入らないようにしてみた綱吉だが
リボーンが相手では無駄な努力にしかなりはしない
綱吉は諦めたようにため息をついた

「で、何?」
「4月1日と言えばエイプリルフールだゾ。」
「あぁ、嘘ついてもいい日だっけ。」
「日本では4月馬鹿とも言うな。そこで…。」

楽しそうに話を進めるリボーンに綱吉は嫌な予感しかしない
耳を塞いでア゛~と叫びながら走り去りたい所だが
そんな事しようものなら容赦なく銃弾が飛んでくるだろう

「ボンゴリアン・エイプリルフール認定試験を行うゾ。」
「…何、ソレ…。」

いつもの事ながら意味不明で突拍子ない
認定試験って…何をすればいいんだろう?と綱吉はリボーンを見る
そんな綱吉の表情を見てリボーンはニヤと笑う

「今回は守護者たちのランク付けみてーなもんだ。」
「何だ、俺は今回は参加しなくていいんだ~よかった。」
「ツナには関係ねーが、手伝いはしてもらうゾ。」
「俺は何をすればいいの?」

自分には直接関係ないとわかると気分が上向いてくる
手伝いってなんだろうと軽い気持ちで聞いた綱吉だったが
直後にそんな自分の学習能力の無さを深く後悔することになる



「10代目!どうしたんですか?いきなり訪ねていらっしゃるなんて。」
「あ~っと…ごめんね、いきなり。」
「いえ!10代目ならいつでも大歓迎です。で、そちらは?」
「4月の妖精エイプリールよ~。」

毎度の事とは言え、なぜ明らかにリボーンなのに気づかないんだろう…と
綱吉は引きつった笑顔で獄寺にリボーンを紹介するはめになる

「妖精っ!?さすがです、10代目。妖精にも知り合いがいらっしゃるなんて!!」
「えっと…そう、かな?あははは…。」

ここ、獄寺の住むマンションを訪ねる前にリボーンに言われた手伝いの内容は
出来る事なら決行したくないプランだった
特に相手が獄寺だと、綱吉の言う事言う事全て本気にしてしまう節があるからだ
エイプリルフールとはそういうものなのかもしれないが
なんだか心苦しいと思うのは獄寺がいつでも真っ直ぐ綱吉に向って来るからかもしれない

そんな風に綱吉が困っていると
足元で妖精スタイルのリボーンに脛を蹴られる

「早くやれ。」

しかも、綱吉にしか聞こえないような小さな声は妖精らしからぬドスが効いていた
ヤだなーとは思ってもリボーンの重圧には勝てる気がしない
綱吉はココに来る前にされた演技指導どうりに行動することにした
いくら獄寺と言えども
こんな見え透いた演技に騙されないだろうと、祈るような気持ちで…

綱吉は俯いて一歩獄寺に近づく
綱吉の緊張に気づいたのか獄寺も押し黙り綱吉の頭を見ることになる
綱吉よりも身長のある獄寺からは綱吉の表情を読むことはできない
このとき、リボーンは口端に笑みを刻んでいたのだが
プランの決行に緊張している綱吉も
そんな綱吉の緊張が伝染したような獄寺もそれには気が付かなかった

「あの…獄寺くん。」
「…はい、何ですか?10代目。」
「えっとね…あの、俺…。」
「はい。」
「うん。俺、獄寺くんの事、大事だよ。」

リボーンには『好きだ』と言えと言われていたが
なかなかそれを言葉にするのは演技といえ勇気がいる
でも、フと胸の中に浮かんだ『大事』という言葉はすんなりと口をついて出た

リボーンに言われていたプランをクリアした綱吉
ホッとした表情で顔を上げたかと思うと目の前の獄寺の表情に驚いて目を見開いた

「んなーっ!何で泣いて…っ?」

綱吉の目の前の獄寺は声もなく涙を流していた
慌てた綱吉はわたわたとポケットを探り、少しよれたハンカチを取り出す
そのハンカチを綱吉が差し出すと
獄寺はハンカチではなく、綱吉の手を握り締めた

「10代目のお言葉が…嬉しくて。」
「えっと…そう、なんだ。」

まさか、演技でしたなんて言えやしない…
何言ってんスか~くらいの軽い受け流しを期待していたのに


その後、泣き止んだ獄寺に誘われてお茶を頂いてから帰路につく綱吉とリボーン
リボーンは手元に『4月馬鹿認定☆』と書かれた紙をヒラヒラと持っている
あまりにもな獄寺の反応にその紙を額に貼りつけるつもりが
その気を思いっきりそがれたらしい

「今回のはツナが悪い。」
「何の話だよ…。」
「アレじゃあ嘘ってわけじゃないだろうが、作戦が台無しだゾ。」

つならなそうにそう言うリボーン
そしてその紙を綱吉のほっぺたにペシっと貼る

「オメーら二人とも認定だ。馬鹿め…。」

先に歩くリボーンの顔は綱吉からはわからないが
つまらなそうなその声にも少し嬉しそうな響きがあるのは気のせいだろうか?

ボンゴレ10代目ボスと、その未来の右腕は
春の霞んだ陽気の中でもハッキリとわかる絆を築きはじめている





__________
おぉう、ちょっとアウトでしたが…
エイプリルフール記念で(笑)
始めは守護者一人一人ネタにしようと思ってましたが
時間がないので、獄寺にしてみました
すっげー久々に獄ツナぽいの書いた気がする~
獄寺は綱吉が相手だと何処までも乙男になる気がするのは私だけ?







家庭教師ヒットマン REBORN! 狙え!? リングXボンゴレトレーナーズ家庭教師ヒットマン REBORN! 狙え!? リングXボンゴレトレーナーズ
(2008/08/28)
PlayStation2

商品詳細を見る


スポンサーサイト

ひなぎく(獄ツナ)


貴方がいれば大丈夫
心からそう思える

そう、貴方はとても偉大なお人…


貴方に出会うまで
貴方という存在を知るまで
俺はこの世界全部なくなってもいいと
そう思ってました

ダイナマイトで全てを破壊して
それで俺がなくなっても
それは本望だと
そう思ってました

「獄寺くん、ココは?この公式でいいのかな?」
「それは、こっちの公式を使うんですよ。」
「んっと、…こう?」
「そうです。」
「やっぱ、獄寺くんが居るとはかどるなぁ~。いつもありがとね。」

勉強なんて本当はどうだっていいんです
こんな公式を知っていたところで
素敵な人生を歩めるわけじゃない
世界に光が射すわけじゃない

でも、貴方のお役にたつのなら
勉強をしてきた自分を誇らしく思える

貴方の力になれる
貴方に必要として貰える

それが、俺にとってどんなに素晴らしい事か
誰にもわかって貰えないだろうし
誰もわかってくれなくていい

ただ、俺が幸せなだけ

「獄寺くんってすごいよね。やっぱり勉強いっぱいしたの?」
「そうっすね。した方なんじゃないっすかね。」

勉強なんてしたくてしていたわけじゃない

ただ、あの世界で
俺が母が生きるためにできる事
しなくてはいけない事だっただけ

俺が優秀である事
それだけが存在価値

まわりから見れば幸せな構図だったかもしれない
その内部がどんなに暗く深い闇に覆われていたとしても

俺は今
貴方の為に何かが出来る
それが嬉しいんです

そして、貴方が俺を省みてくれる
それが一番の幸せなんです

未来なんて見えなくても
一寸先がわからなくても
貴方が俺の横に居てくれる
それだけがどんなに心強いかわかりますか?

貴方は闇を恐れない
貴方は闇に君臨する光

何があっても
貴方だけは俺が守ると、そう決めたんです

貴方に会ったあの日
俺の全ては貴方になりました





__________

2月15日
誕生花:ひなぎく
花言葉:乙女の無邪気・無意識
(獄寺の暗いところとかも、もっと掘り下げて書いてみたいな~)







家庭教師ヒットマンREBORN!デッキケース「獄寺」家庭教師ヒットマンREBORN!デッキケース「獄寺」
()
不明

商品詳細を見る


ストック(獄ツナ)


花の中に横たわる貴方は
ただ美しく
気高さを失わず
眠るように…


眠る貴方を
貴方が最後まで守ろうとしたアジトから
離れた場所に安置したのは
守護者全員一致の意見だった

せめて
戦火の見えない場所で

俺たちが傷を負うのを何よりも悲しむ貴方に
醜く足掻く俺たちを見られないように

やすらかに
貴方だけは永遠に美しい夢を見て


貴方の居ない世界で
自分が生きている事の不思議
毎晩、魘されて目が覚める

そして
毎晩、白百合を抱えて貴方の元へ
目を開けてください10代目
俺の無茶に呆れたように
しょうがないなぁ、と笑ってください
駄目だよ、と叱ってください

何故俺は生きているんだろう…

もう俺の世界は崩壊してしまったのに
もう未来など何処にもないのに

「お前が追ったら、沢田が悲しむ。」
「お前の気持ちもわかるけど、ツナはそれを許さないと思うぜ。」
「あの子の描いた未来へ導いてからにしなよ。」
「君がどうしようと勝手ですが、右腕がソレではボンゴレの程度がしれますね。」

この最悪の状況ではじめて感じる
守護者の一体感…
今更遅い

もうココに世界はない


あの日
貴方がヤツ等の元へ赴く前に言った言葉

「獄寺君、自分を大切にね。」

この状況で忠誠を誓えるのが
その言葉だけなんて…
俺は生きる事しかできないじゃないですか





__________

2月9日
誕生花:ストック
花言葉:永遠の美・逆境の忠節
(暗い…重い…花言葉の「逆境の忠節」をテーマにしてみたら…めっさ暗いですね。)







家庭教師ヒットマンREBORN! ブロマイドコレクション 第2弾 BOX家庭教師ヒットマンREBORN! ブロマイドコレクション 第2弾 BOX
()
不明

商品詳細を見る


うめ(獄ツナ)


貴方の居ない世界なんて考えられない
俺の世界のはじまりは貴方に出会ったあの瞬間から

貴方の周りには俺みたいなヤツはたくさんいる
貴方の言葉や行動に救われた者たち
俺だけが特別じゃないなんてこと
わかってる…

それでも
貴方は俺にとって特別な人
それは変わりようのない事実

貴方が俺の前から居なくなるなんて
そんな未来、信じない
こんな未来、信じない

たとえ、コレが真実の未来の姿だとして
俺たちはココに居る
貴方はココに居る

どんなに過酷だろうと
こんな未来は俺が変えてみせる

「…10代目。もう、お休みですか?」
「あ、獄寺君。うん。もうそろそろ寝ようかなって。」
「はい。ゆっくり休んでくださいね。」
「うん。獄寺君もね。」

ほら、10代目はココに居て
俺に優しく微笑んでくれる
10代目はココに居る
そう、それだけで恐れる事はなにもない…はずなのに

「…あの。」
「ん?何?」

どうしてこんなに不安になるんだろう
だってこの未来にも『俺』は居たはずなのに
なんでこの未来はこんなにも不安にさせるんだろう

10代目の笑顔だけで
10代目の声だけで
俺は安心できたはずなのに
なんで触れないと安心できないほどに不安になる?

俺が弱いから?
俺が子供だから?

「あの…少しだけジッとしててください。」
「え…?…っちょっ…獄寺君!?」
「お願いします。少しだけでいいんです。」

抱き締めた10代目は温かくて柔らかくて
少し困ったように身じろいで
俺の背中をポンポンと宥めてくれる

安心するぬくもり
安心する距離

「獄寺君、どうしたの?修行辛い?」
「そうじゃありません。」

よく見てみれば
10代目の身体のあちこちに見える傷
この人の側がこんなに安心できる意味がその傷にあるような気がする

本当は
俺が貴方の安心できる場所になれればいいのに
俺はいつも貴方に安心を貰ってる


誓います
今こそ、貴方に
俺の全てをかけて貴方の未来を守ると

そう、俺の未来を守ると…





__________

2月1日
誕生花:うめ
花言葉:忠実・独立
(未来編の初心にかえってみました。獄ツナ。獄寺の依存はオフィシャルだと…)







家庭教師ヒットマンREBORN!  獄寺名刺ケース家庭教師ヒットマンREBORN! 獄寺名刺ケース
(2008/04/25)
不明

商品詳細を見る


アンスリューム(獄ツナ)


貴方は色鮮やかに
俺の心に咲き誇る


「獄寺君、おはよう。」
「おはようございます。10代目。」

微笑む10代目のまわりには
春が来たような淡い色彩が広がる錯覚

目が意識が全て引き寄せられるような
強い引力

俺は10代目から意識をそらす事ができない
それは、10代目の右腕としての意識が
自分の中にあるからだと
ずっとそう思ってた

「獄寺君、数学の課題やってきた?」
「いえ、でも学校ついたら一緒にやりましょうか?」
「ほんと?よかった~。獄寺君が居たら頼りになるよ。」
「あっ!10代目っ!!」
「えっ!?」

俺を見ながら歩いていた10代目に
ぶつかりそうな勢いで横を通り過ぎる人

とっさに10代目の腕を引き
胸に抱き寄せる

「あっぶねーな。大丈夫ですか?」
「う、うん。ありがとう。」

慌てて離れようとする10代目
シャンプーの香りのする10代目の髪が鼻先をくすぐる
思わず、腕に力がはいり
強く10代目を抱き締める

「ご…獄寺君っ?」
「…あ、…すみません。」
「えっと、いや…もう大丈夫だから、離して?」

俺の腕から離れる10代目を
名残惜しむ自分が居るのを
俺はもうずっと前から知っていた
知っていて気が付かないふりをしていた

10代目が大事だと思うのは
俺が10代目の部下だからで
俺が10代目の右腕となる為に必要な感情なのだと
そう心で言い聞かせる
心のどこかでそれを否定している自分が居るのを知りながら

部下として10代目が大事なだけなら
きっとこんなに苦しくならない
(いや、俺は右腕になるんだからこんな感情があってもおかしくないんだ)

ただの部下として10代目のお傍に居るのなら
10代目をひとり占めしたいなんて思うわけない
(一番の部下になりたい気持ちの表れだ)

でも…一生10代目のお傍に居て
10代目に触れる事ができないなんて
ツライ…


俺に微笑む10代目の
淡い色彩が俺の心に積もる
それは解けることなく
それは色褪せることなく
どんどん蓄積されていく

そして
俺の心の奥のほうに
真っ赤な色が燻る

いつ燃えて溶けて溢れ出してしまうかもわからない
真っ赤な熱


触れてもいいですか?10代目…
貴方に触れたら
俺の中の赤がドロドロに溶け出してしまうかもしれないけれど
そうしたら
さっきみたいに離してあげられないかもしれないけれど

触れてもいいですか?





__________

1月22日
誕生花:アンスリューム
花言葉:煩悩
(獄寺は自分の気持ちに気づくのが遅そう。)







家庭教師ヒットマンREBORN! vsヴァリアー編【Battle.4】家庭教師ヒットマンREBORN! vsヴァリアー編【Battle.4】
(2008/02/29)
國分優香里、井上優 他

商品詳細を見る


 | HOME |  »

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。