きまぐれ

きまぐれに書き散らすところ。

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お歳暮(骸ツナ)

黒曜ヘルシーランド
その廃れた施設は町の人々に忘れ去られた暗黒の楽園

そこに足を運ぶ人間は今やもう居ないに等しい
それどころか、きっとココにこんな施設があった事さえ忘れ去られていることだろう
そんな廃墟に一人の少年が足を踏み入れた

「こんにちわ…髑髏?居る?」
「…ボンゴレ。」
「あ、えっと…千種さん。髑髏は居ますか?」
「知らない。」

そのジメッとした空間に昼の光を纏っておずおずと現れた少年
綱吉の腕には何やら重そうな包みが提げられていた

入ってすぐに会えた帽子とメガネの細身の男に少々躊躇いつつも声をかけるも
そっけない対応には居たたまれないし会話も続かない
仕方がないと諦めてそのまま奥へ足を進める

「ボンゴレっ…こんなトコで何してんら?」
「あ、…えっと犬さん?髑髏居ませんか?」
「ブス女ぁ?知らねっ。」
「ん~…困ったなぁ。」

言葉通りの困り顔でその場に立ち尽くす
その綱吉の持つ包みに気が付いた犬はクンクンと匂いを嗅ぎながら訪ねる

「ソレ、なんら?食いモンの匂いがするビョン。」
「え?…お歳暮ですよ。食べ物じゃなくて飲み物だけど…。」

綱吉が持っていたのは良くあるお歳暮の缶ジュースの詰め合わせ
缶なのに匂い?と思いながらも訂正しつつ説明する
重いし髑髏が居ないからと言って持ち帰りたい代物ではない
言伝て置いていく事にしようと綱吉がそう思ったその瞬間
背筋を汗が伝うような身震いする悪寒が走った

「…っ…骸…?」
「クフフ…やっぱり君には僕がわかるんですね、綱吉くん。」
「…髑髏はどうしたんだよ?」
「眠っていますよ。僕も退屈していたので丁度いい。」

綱吉はそんな骸に、あっそう。とだけ答え持っていた包みを突き出した
髑髏が骸になってしまっているなら仕方ない
持って帰るのも重たいし骸に渡して行こうということらしい

「これ、お歳暮。髑髏に渡しておいて。」
「なんですか?ソレ。」
「日本の行事みたいなもんだよ、母さんが持ってけって。」
「…それで、コレは何ですか?」
「ジュース。」
「骸しゃんっ、開けてもいいれすか?」
「犬、聞いてなかったんですか?綱吉くんは髑髏に持ってきたんですよ?」
「別にいいよ、髑髏にって言うか…皆にだから。髑髏の分は残しておいてあげてよ?」

骸が綱吉からその包みを受け取ったとたん
飛びつく犬をやんわりとたしなめる骸
そんなやり取りを見て綱吉はプイとそっぽを向きながら皆にだとそう告げた
そんな綱吉を見て少し微笑みながら骸はその包みを開け始める

「犬、千種も呼んできてください。」
「えぇ~いいじゃないれすかぁ~…。」
「犬…。」
「はぁ~い、わかりましたよ。呼んできますよ~。」

食い扶持が減っていいと言外に滲ませる犬に骸は静かに名前を呼ぶ
さっきから綱吉が『皆に』と言っているのにこの駄犬は…
とでも言いたげな目線で立ち去る犬を見ながら包装紙を破り箱を開けた

良くあるお歳暮のジュースの詰め合わせ
色々な種類の果汁100%のジュースや野菜ジュースが箱の中に並ぶ
綱吉はその中から野菜ジュースを一つ取り出して骸に渡した

「骸、コレにしなよ。」
「何でですか?」
「不健康そうだから。」

その綱吉の返答に思わず笑いそうになるのを堪える
不健康も何もこの姿すら仮のモノでしかない
確かに、健康と言う言葉とは無縁ではあるのだが

「あれ?…骸様。」
「何ですか、僕が居たら悪いんですか?千種。」
「いいえ、驚いただけです。」
「ジュースっ!!ジュース~っ!!」
「うるさいですよ、犬。」

目的も果たしたし、そろそろ帰ろうと綱吉が思ったその時
ズイっと目の前にジュースの入った箱が突き出された

「綱吉くんもいかがですか?」
「え…俺もいいの?」
「はい、少しゆっくりして行きませんか?」

なんだかこうしていると、骸が普通の人に見える
そんな目の錯覚のような気持ちに陥りながらも
申し出を断る理由もない
どれにしますか?と差し出された箱の中から一つの缶を取り出した

「じゃあ、お言葉に甘えて…コレにする。」
「…パインジュース…ですか?」
「あ、骸もコレがよかった?」
「いえ…どちらかと言うとソレはあまり飲みたくはないですが…。」
「パイン嫌いなの?」

「ってゆーか、共食いになるビョン…。」
「犬、聞こえる…。」

そう犬がボソっと発した言葉は犬の居た場所的に綱吉に聞こえた
綱吉はその犬の言葉を聞いて、あぁ…と骸の頭のてっぺんを見る
幸い骸には聞こえなかったようだ
当の骸は少し目を彷徨わせてから綱吉に聞いた

「綱吉くんは…ソレが好き…なんですか?」
「ん~…好きでも嫌いでもないかな?珍しいじゃん?パインジュースって。」
「そう、ですか…。…じゃあ、パイナップルは好きですか?」

意を決したというような勢いで骸は綱吉にそう訪ねる
犬と千種はそんな骸を哀れむような見守るような表情で見る
内心では「骸様(しゃん)痛いです(れす)。」等と思っていても
そんな本心を隠す統べは当の昔に会得済だ

「生のパイナップルってこと?」
「そうです。」
「ん~…口の中とかピリピリするし、あんまり好きではないかなぁ?缶詰はまだいいけど。」
「そう、…ですか。」

なんだか変な空気に綱吉はジュースの缶をあおるように空けた
そんな綱吉を骸は恍惚とした表情で見る
喉が上下する様に快感を抑えるように自分の身体に腕を回す
そんな骸にはお構いなしに
綱吉は少しゲホッとむせながら空缶をカツンとテーブルに置く

「ありがとう、俺はそろそろ帰るよ。髑髏によろしくね。」

まさに逃げるが勝ちとでも言わんばかりに
早口でそれだけ言うと脱兎の如く走り去った

残された微妙に傷心なナッポー型の頭上から特徴的な怪しげな笑い声
クフフ
クフフフ
クハハハハハ


「骸しゃん不気味だびょん…」
「なんかスイッチ入ったっぽい…」





__________
先日会社に来たお歳暮を皆に配ってくれました。
んで、この話のようなジュース&ビールの詰め合わせもあったんです。
はい、と机に置かれたパインジュースに噴出しそうになったよ。
なんで私にあえてのパイン?って思って(笑)
もっと骸がキモイ感じになる予定だったんですが、抑えました!!







家庭教師ヒットマンREBORN! vsヴァリアー編 Battle.6 [DVD]家庭教師ヒットマンREBORN! vsヴァリアー編 Battle.6 [DVD]
(2008/04/25)
ニーコ國分優香里

商品詳細を見る


スポンサーサイト

しゅろちく(骸ツナ)


君の発する言葉は
すべて甘い砂糖菓子のよう


「いいよ。」
「…何言ってんだ、ツナ。こいつも一応お前の守護者だゾ。」

迷うことなく許可した君に
君の世話役でもあるアルコバレーノが反対を紡ぐ
それでも君は僕に微笑を向ける

「骸の好きなようにしたらいいよ。」

捉えようによっては
僕など、気にするに足らないと
僕など、どうしていようと構わないと
そう言われている気にさえなる言葉

そんな君の言葉で
僕は傷ついてなんてあげません
僕は傷ついたりしませんよ

「おい、ツナ。守護者がバラバラになるのは良くねぇゾ。」
「いいんだ。だって皆、俺が巻き込んだようなもんだし。俺に縛られないで欲しいんだ。」
「お前はボンゴレのボスだゾ?第一にボンゴレの事を考えやがれ。」
「仲間イコールボンゴレだよ。それ以外にボンゴレは無いと思ってる。」
「…フン。少しは考えてるって事か。」
「少しはってなんだよ…。いっぱい考えてるよっ!!」

僕の進路に関して
君とアルコバレーノが言い合いをする…という
なんとも不思議な光景を目の前に
僕は君の真意だけが気になっていた

仲間なんて思っていないでしょう?
仲間なんて言葉が一番胡散臭いんですよ

「この僕が進路に関して報告してるだけでも有り難いと思って頂きたいものですね。」
「あ、骸。髑髏も一緒に行くのかな?」
「そのつもりですが、何か?」
「髑髏は女の子なんだから、しっかり見ててやってね?」
「君が言いたいのはそれだけですか?」

そんな言葉が聞きたいんじゃないんですよ
僕に僕だけに僕への言葉をください
『仲間』としての上辺だけのものじゃなく
『君』が僕へ何か言いたいことはないんですか?

「ん?ご飯しっかり食べてね?後、無茶はしないこと。」
「…それだけですか?」
「お前はいいかもしれないけど、髑髏は女の子なんだからね?」
「……それだけですか?」

僕への言葉はないんですか?

「君は、僕が何をしていても気にならないんですか?」
「うん。何処で何をしててもいいよ。」
「…。」
「人を傷つけたりするのはして欲しくないけど…。」
「じゃあ、そう言えばいいじゃないですか。」
「骸が、どんな事をしてても、骸が幸せならいいよ。」
「…どうして君は…っ。」

どうして君は
そんな甘い言葉を吐けるんですかね?
僕を砂糖漬けにして、どうする気なんですかね?

僕のココロを甘い膜が覆うようにくるんで
苦味やアクを吸い出して
ドロドロにされてしまう

君の発する言葉はまるで
天からの啓示





__________

2月17日
誕生花:しゅろちく
花言葉:思慮深い
(調べていたら2/17は「天使のささやきの日」ってのがあったので…天使のささやき=ダイヤモンドダストの事らしいです。)







家庭教師ヒットマンREBORN!  骸マイクロファイバータオル家庭教師ヒットマンREBORN! 骸マイクロファイバータオル
(2008/04/25)
不明

商品詳細を見る


まんりょう(骸ツナ)


「貴方は目障りです。」

もう、人を殺める瞬間に
感情など無い
衝撃すら感じない

こんな自分が好きなわけではないが
こんなだから僕なんだと
短く長い時間の中で納得はしている

「貴方は目障りだったんです。僕にとって、彼にとって。」

もう語る事の無いその人だったもの
コレは彼が悩んでいた事の元凶
コレが居なければ彼が苦しむ事も無い

僕が彼の傍に居る意味がなんなのか
そんな事は僕が決める
彼の守護者だと言うのなら
僕のやり方でやらせてもらう

それが彼が悲しむ方法だったとしても
それが自分と彼の心を遠ざけるものだったとしても


「また、お前か…骸。」
「アルコバレーノ…。僕がしたい事をしただけですよ。」
「ツナはバカじゃないゾ。」

彼はバカじゃない
そんな事はわかってる

きっと彼は僕のやり方に賛成しない
きっと彼はこの事を知っても
僕を想うのではなく
あの敵対勢力の男の事を嘆くのだろう

彼は僕に笑いかけない…

「骸…お前がやったのか?たまに出て来たと思ったら…またそんな事ばっかり。」
「君には関係ありませんよ。」
「そうは言っても…。」

君の為なんかじゃありません
僕が僕のしたい事をしただけ
君が僕のことで思い悩む必要はないんです

「俺は…骸にそんな事をして欲しいわけじゃないんだ。」
「だから、僕が勝手にしたことです。君には関係ない。」
「でも、ボンゴレの為にしたんじゃないの?」
「結果的にそうなっただけです。」
「例え、そうだとしても…俺は嫌だ。」
「何がですか?人が死ぬ事ですか?」

ホントに甘いですね…
と続けようとした憎まれ口を遮った彼の言葉は
思いもよらない言葉

「お前が辛いのは嫌だよ。」
「…は?何を言ってるんですか?」
「骸が嫌な役回りをする必要はないんだ。」
「僕がやりたいからやってるんです。」
「そんなわけない。例え、その瞬間に何も感じなくても…。」

負の想いが蓄積されるはずだと
それで僕が辛くなるのが嫌だと
君はそう言うんですか?

それは、君が僕を想ってると言う事ですか?

「君は…どうしたら笑ってくれるんでしょうね。」
「え?…何?」
「僕は、君に笑っていて欲しいだけです。」

君がくれた本音に
思わずこぼれ出した
僕の本音に君はキョトンとした表情を見せる

「骸が、そんな事言うなんて思わなかった。」
「…気持ち悪いとか言うんですか?スミマセンね。」
「違うよ。…骸が笑っていてくれればいいよ。」
「そう言う事じゃないでしょう。僕が言ってるのは…。」
「だから、骸が笑ってれば俺も笑うよ。」

これじゃあ、話が堂々巡り
君が笑えばいいんですよ
それで全て収まるのに
難しい事じゃないでしょう?
いつもヘラヘラ笑ってるんですから…

「骸が辛いのに俺は笑えないよ。」
「…強情ですね、君も。」
「お前に言われたくないよ…。」

過去を変えることはできないから
君が心から僕に笑いかける事はこの先ずっとありえないと
そんな事はわかっているんです
だから…
仮初めでもいい
僕に笑顔を見せてくれませんか?

その為に僕はココに居るんだから…





__________

1月23日
誕生花:まんりょう
花言葉:陰徳
(ちょっと暗めのお話になっちゃった…歩み寄り一歩って感じで。)







骸マグカップ/家庭教師ヒットマンREBORN骸マグカップ/家庭教師ヒットマンREBORN
()
不明

商品詳細を見る


アナナス(骸ツナ)


『アナナス-Ananas-』
・パイナップル科。
・10度以下と30度以上の気温では生育しない。
・直射日光を好まない。
・水分を葉の付け根から補給する特殊な植物。


植物図鑑を広げ
なんともなしに見ていたツナ
その色鮮やかな赤い花とその植物の説明に
とある人物が思い浮かぶ

「ボンゴレ…。」
「っ!!…うわっ骸!!」
「今、何か不穏な感じがしたんですが…。」
「え?何のこと?…ってかお前何処から現れた?」
「そんな事はどうでもいいです。」
「どうでも良くないよっ!!」

いきなり現れた来訪者に
ツナは見ていた図鑑を勢いよく閉じる

閉じた拍子にページが折れたけど
気にしてる余裕は無い

「お前、ほんと普通に現れてよ。」
「貴方も、僕の事を植物に見立てたりしてます?」
「何の話だよっ。」
「犬が、僕のことをパイナップルとか言うんですよね。」

あぁ~…と言葉には出さず
その特徴的な頭頂部を見るツナ

パイナップル…
それはその頭頂部の形を言っているのだろうけど
それを骸に知られてしまったのは可哀想だ
というより、アホだ

「何ですか…その目は。」
「いや、何でもないよ。で?何しに来たの?」
「だから…不穏な空気を感じ取ったって言ったじゃないですか。」
「あぁ~…お前に普通の答えを期待した俺がバカだったよ。」

何とも言えない疲れがツナを襲う
この男に普通を説くことほど馬鹿げた事は無い
わかっている事のはずなのに
いつも、普通を期待してしまう

そんなツナの周りには
普通と呼べる事のほうが少ない…

「何を読んでいたんです?」
「読んでたって言うか、見てただけだよ。」
「植物…図鑑。」
「だから別に読んでないってば。」

ツナの手元にある本を見て
骸の声のトーンが若干下がる

パイナップルと称されたのがそんなに嫌だったんだろうか
だったらその髪型やめたらいいのに…
とは思っても声に出さない

「何を見てたんですか?」
「何だったかな~…覚えてないや。」
「…それはそれで何だかムカつきますね…。」
「何なんだよ、お前は。」

骸が図鑑を適当に開く
適当に開けば開くのは折れたあのページで
真っ赤な花が目に入る

一見パイナップルとは全く違うその姿に
気が付かなければいいのに
とツナは思う

なんかややこしい事になりそうだし…

「アナナス…?」
「ん?何その花。」
「ページが折れてましたよ。ココを見てたんですよね?」
「ランボとかが折ったんじゃない?」
「いいえ、折り目が新しいですから違いますね。」

変なところで目ざとい骸に
ツナはこっそりため息をつく

「何か赤くて綺麗だから見てただけだよ。」
「…へぇ。」
「特に何にも考えてないからな?」
「ボンゴレはこの花が好きですか?」
「いや、好きとか嫌いとか考えてなかったけど…まぁ綺麗なんじゃない?」
「こんなドギツイのに?」
「そんな言うほどじゃないだろ?」

目の前でクフフとあやしく笑う骸
普通に気味が悪い

「ボンゴレがそんなに僕を想ってくれてるとは思いませんでした。」
「はぁっ!?」

何がどうなって!?
と叫びたい衝動を抑える

っつかお前自分でナッポー認めんのかよっ
とも叫びたい

でも…
何を言ったところで骸の考えてる事はわからない
だったら何も言わないのが得策
それをツナは身を持って知っていた

「厳密にはパイナップルではないですけどね。」
「…。そうですね。」

あぁ…コイツ、パイナップルだって認めたよ…
そう思うツナが諦めたように深くため息をついた





__________

1月10日
誕生花:アナナス
花言葉:たくわえる
(いえ、パイナップル科だったので…つい)







骸スポーツタオル/ 家庭教師ヒットマンREBORN!骸スポーツタオル/ 家庭教師ヒットマンREBORN!
()
不明

商品詳細を見る


うらじろ(骸ツナ)


僕の気持ちはとどまる事を知らず
僕の想いは君以外を素通りして

大好きです
大好きです
大好きです

でも…
大嫌いです


「ボンゴレ~っ!!」
「うっわ…何か来た。」
「なんですか、その反応は。」
「いや、お前が笑顔で手を振りながら走りよって来たら誰でもひくって…。」

ほんと…可愛くない
ほんと…ムカツク

僕がこんなに温和に接してるっていうのに
それをこんな邪険にするなんて
ほんと…

僕がどうしたって貴方は一歩引くんでしょう?
僕がどんなに近くに居たくても
貴方も貴方の周りもそれを許さないんでしょう?

だったらこうするしかないじゃないですか

だって僕は貴方が大嫌いなんだから


「あのさ…手離してくれない?」
「嫌です。」
「気持ち悪いんだけど…。」
「だからですよ、貴方が嫌がるから僕は手を繋ぐんです。」
「お前、最悪。」

貴方の手は僕の手より全然小さくて
だけど同じくらい冷たくて

同じだけこの世界に絶望して
同じだけこの世界に希望を持って

この長い長い輪廻の中
同じ世界に貴方が居る
それはほんの一瞬
長い長い道のほんの一瞬

貴方が居る
その時は
憎らしいほど眩しい

少しはわかってください
貴方が歩く道は闇の中なんだと言う事に
貴方が居るその場所だけが明るいのだと

それに気づけない貴方が
ほんとに、大嫌い

気づいてください
はやく
わかってください

貴方の足場は脆いのだと
そんな道を歩まされているのだと

貴方が一言言えば
僕に言ってくれれば
さらってあげますよ…
遠くへ

「あぁ~もうっ。お前と居ると疲れる。」
「僕は楽しいですよ。」

貴方が大嫌いだから
貴方の望まない未来を

貴方が大嫌いだから
貴方の近くに居るヤツらはもっと嫌い

貴方が…
貴方が大好きだから
だから貴方の為の未来へ

僕がさらってもいいですか?





__________

1月5日
誕生花:うらじろ
花言葉:無限に
(久々に骸ツナを…ツナって骸には限りなく素で接してるよね…)







家庭教師ヒットマンREBORN!  了平&骸ポーチ家庭教師ヒットマンREBORN! 了平&骸ポーチ
(2008/02/25)
不明

商品詳細を見る


 | HOME |  »

■ ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

○お知らせ○

[オフ活動情報]
●1/8 COMIC CITY大阪[申し込み済]

サークル[SKY HIGH! JUMP UP!]

次回予定
◆「闇鍋」(1月発行予定)
タイバニオールキャラ(兎虎?)



■ プロフ

カイ

Author:カイ
※注意※
精神的に不衛生です。
同人要素が強いです。
基本主人公受けです。

[since 2007.08.22]

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 月別

■ コメント

■ 拍手&コメントお返事[別窓]

Re: 
~2009/01/14

※↑までに頂いたコメ&拍手レス致しました。

■ ファミリー申請はお気軽に♪

■ トラバ

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。